カルシウムには疲労回復効果が期待できます


カルシウムはミネラルの1つで、成長期の子供にとって必要不可欠な栄養素です。
主に骨を丈夫にする効果が期待されていますが、それだけではありません。

筋肉をスムーズに動かす助けとなることや、自律神経を落ち着けて深い眠りを促すことが望めるのです。
つまり、カルシウムを摂ることは、疲労回復がしやすい身体づくりにつながると言えるでしょう。

また、疲労がたまったまま、あるいは睡眠がうまくとれないと体の成長を妨げる可能性があります。
カルシウム以外の栄養素もバランス良く摂取して健康な身体作りを心がけましょう。

ミネラルのバランスを保つことが大切です

ミネラルとは無機質成分で、身体の臓器や組織の働きを円滑にする栄養素です。
ミネラルは体内で作る事ができませんから、食べ物で補う必要があります。

主なミネラル

身体に必要なミネラルは数多くありますが、主だったものを紹介します。

  • カルシウム
    主に歯や骨を作る役割があります。
  • 亜鉛
    消化や代謝、生殖などに関わる多くの酵素が働く際に必要となる栄養素です。
  • カリウム
    血圧や心筋収縮の調節に必要な栄養素です

  • 赤血球のヘモグロビンの主成分です。

他にもマグネシウムやナトリウムなどもミネラルの一つです。

ミネラルの特徴

ミネラルは、身体を構成している成分の4%程度です。
わずかな量ですが、生命機能や活動に欠かせない栄養素であり、5大栄養素の一つです。

以下の役割を果たしており、成長期の子供にとって必要不可欠と考えられています。

  • ビタミンを効果的に働かせる
  • 酵素を体内で効果的に働かせる
  • 代謝を補助する
  • 消化を助ける
  • 体内バランスを調整する

ミネラルをバランス良く摂取することによって、これらの役割が効率的に働くことができると言われています。
たとえば日本人は塩分摂取量が多いため、塩分を控えるというだけでなく、カリウムを積極的に摂るなどしてミネラルのバランスを保つことが大切という考え方です。

日々の食生活の中で、ミネラルのバランスにも配慮するようにしましょう。

ビタミンDやマグネシウムを一緒に摂取することでカルシウムの吸収率が上がります


ミネラルの中でカルシウムは10~50%と吸収率が低く、不足しがちな栄養素です。
ミネラルのバランスを保つためにもカルシウムを積極的に多く摂る必要があります。

カルシウムの吸収率を上げるためには、ビタミンDやマグネシウムと一緒に摂取することが重要です。
ビタミンDは青魚やキノコ類、卵などに含まれ、マグネシウムは豆や海藻、ナッツ類などに多く含まれます。

また、インスタント食品などに多く含まれる「リン」を過剰に摂取することで、カルシウムの吸収率を下げるとも言われています。
カルシウムとリンは1:1~2の割合で摂ることが理想的です。

カルシウムが不足すると成長を妨げる可能性もあるため、成長期の子供にとって欠かせない栄養素です。

ミネラルのバランスが崩れると疲労感などの症状が現れます

カルシウムやマグネシウムなどミネラルのバランスが崩れることでさまざまな影響を及ぼすと言われているのです。

たとえば以下に挙げる症状が現れます。

  • 熱中症になりやすい
  • 足がつりやすい
  • 疲れやすい

ミネラルのバランスを保つためには、3食の栄養バランスを考えた食生活を心がけることが重要です。
極端な偏食やインスタント食品の過剰摂取、外食が多いなど乱れた食生活でバランスが崩れやすくなるため注意が必要になってきます。

子供の状態で何か不安なことがある場合は、自己判断でサプリメントを使用せず、専門の医療機関に相談するようにしましょう。

たとえばカルシウム不足が心配でサプリメントを自己判断で取り入れると過剰に摂取してしまう可能性もあります。
カルシウムの過剰摂取は、鉄や亜鉛などの吸収を阻害する可能性があり、ミネラルのバランスが崩れを招く恐れがあるのです。

専門の医療機関を受診することで、不足している栄養素がないかなどきちんと検査をすることができます。
ミネラルのバランスを保つために栄養素を補う正しい治療も行えるようになるのです。

(まとめ)カルシウムは疲労回復効果があるの?

1.カルシウムには疲労回復効果が期待できます

カルシウムには筋肉の動きを助ける他、深い眠りを促す効果が期待できるため、疲労回復につながると言えます。疲れやすく、うまく休めないと身体の成長に悪影響を及ぼす恐れがあるためカルシウムを含めたバランスの良い食事で身体を整えましょう。

2.ミネラルのバランスを保つことが大切です

ミネラルとはカルシウムや亜鉛、カリウム、鉄などの栄養素が含まれます。ミネラルは身体を構成している成分の4%です。ビタミンや酵素が体内で効果的に働くためには必要不可欠な栄養素です。ミネラルのバランスを保つことで効率的に働くことができます。

3.ビタミンDやマグネシウムを一緒に摂取することでカルシウムの吸収率が上がります

ミネラルの中でカルシウムは吸収率が低い栄養素です。カルシウムの吸収率を上げるためにはビタミンDやマグネシウムを一緒に摂取しましょう。
「リン」を過剰に摂取するとカルシウムの吸収率が下がります。

4.ミネラルのバランスが崩れると疲労感などの症状が現れます

ミネラルのバランスが崩れることで、疲れやすいなどの症状が現れます。栄養バランスを意識した食生活を心がけることが大切です。
自己判断でサプリメントを使用すると、過剰摂取につながる可能性があります。心配がある場合は、専門の医療機関に相談しましょう。

監修医情報

西新宿整形外科クリニック院長
田邊雄医師
たなべ ゆう/Yu Tanabe
経歴
富山県立富山中部高等学校卒業
金沢医科大学医学部医学科卒業
順天堂医院 初期研修医
順天堂医院 初期研修修了
順天堂医院 整形外科入局
順天堂大学大学院 整形外科学講座
下記順天堂医院関連施設にて勤務・研修
(順天堂本院、順天堂練馬、伊東市民病院、宮川病院、杏雲堂病院、浅草病院、東部地域病院、賛育会病院、王子病院 等)
日本整形外科学会認定 整形外科専門医取得
順天堂大学大学院 医学博士取得
SBCグループ・西新宿整形外科 入職
西新宿整形外科  医院長
ロコモアドバイスドクター 就任
(「ロコモ チャレンジ!推進協議会」公認)

運営者情報

運営クリニック 西新宿整形外科クリニック
住所 〒160-0023 東京都新宿区西新宿7-21-3 新宿大京ビル7階
お問い合わせ 0120-962-992
院長 田邊雄医師