カルシウムを含む食品に子供の身長を伸ばす効果はないようです


残念ながらカルシウムを含む食品に、子供の身長を伸ばす効果は期待できないようです。昔は「身長を伸ばすために牛乳をたくさん飲むとよい」などと言われたものですが、医学的にみた場合、カルシウムをたくさん摂取することと身長が伸びることに因果関係は認められません。

カルシウムはそもそも骨を強化するためのものであり、身長を伸ばすためのものではないのです。もちろん、だからと言ってカルシウムを摂取することに意味がない訳ではありません。

骨折しにくい骨を作ったり、丈夫な歯を作ったりするために、カルシウムの摂取は非常に重要だからです。

カルシウムを含む食品の摂取で子供の身長が伸びることはありません

カルシウムを含む食品を摂取することによって、子供の身長が伸びることはありません。なぜならカルシウムは骨や歯を強化するためのものであり、身長を伸ばすためのものではないからです。

カルシウムは体重の1%から2%を占めており、そのうちの99%が骨と歯に存在しています。残りの1%は血液をはじめとした体液や、筋肉などの組織にあるということです。

骨も身体の他の部分と同じく、絶えず作りかえられています。私たちが食品から摂取したカルシウムは、すぐに使われる部分を除いて骨に蓄えられることとなります。

これが「骨の形成」です。また血液中のカルシウムが不足した場合、骨は自らの組織を破壊して血中のカルシウム濃度を一定に保とうとします。

これが「骨の吸収」です。このように骨は常に形成と吸収を繰り返しながら作りかえられています。

なぜ血液中や筋肉にカルシウムが存在しているのかというと、血液中に存在しているカルシウムの働きによって、出血を止めることが可能だからです。また神経や筋肉が働く際にもカルシウムは重要な役目を果たしています。

上記のことから、カルシウムは子供の身長を伸ばすためのものではありませんが、子供の骨は歯や健全な肉体の成長にとって、欠かすことのできない栄養素であることがわかります。

子供はカルシウムを含む食品を積極的に摂る必要があります
成長期の子供はカルシウム含む食品を積極的に摂る必要があります。なぜならカルシウムには骨や歯を強くする働きがあるだけでなく、生命の維持や活動にとっても欠かすことのできない栄養素だからです。

厚生労働省の策定する「日本人の食事摂取基準」によると、10歳から11歳の子供のカルシウム摂取推奨量が男児で700mg、女児で750mgであるのに対し、30歳から49歳までの男女のカルシウム摂取推奨量は650mgとなっています。

これを見ても子供の成長にとってカルシウムが以下に必要かがわかると思います。

カルシウム摂取推奨量のピークは12歳から14歳です。12歳から14歳男児の1日当たりのカルシウム摂取推奨量は1000mg、女児の場合は800mgとなっています。

学童期から思春期はもっともカルシウム吸収効率のよい時期であり、その時期にどれくらいのカルシウムを摂取したかによって、年をとってからの骨量が左右されるのです。

学童期から思春期にかけてカルシウム摂取量の少なかった人は、年をとってから骨粗鬆症になるリスクが高くなります。そのため子供の頃からカルシウムを積極的に摂取しておくことが重要なのです。

子供の身長を伸ばすにはいろいろな栄養素が必要です


子供の身長をのばすためには、いろいろな栄養素が必要となります。なぜなら子供の身長を伸ばすためには、成長ホルモンを分泌させることが重要だからです。

成長ホルモンには骨の成長や発達を促進する働きがあるため、身長を伸ばすためには、成長ホルモンの分泌が欠かせないという訳です。

骨を作るためにはカルシウムやタンパク質が必要となりますが、成長ホルモンの分泌を促すためには亜鉛が必要となります。

また骨を伸ばすためにはマグネシウムの摂取が欠かせませんし、それらの栄養素を全身の隅々にまで送り届けるためには、鉄分の摂取が必要です。

このように身長を伸ばすためには、さまざまな栄養素をバランス良く摂取する必要があるのです。

カルシウムを摂取しやすいからと言って牛乳ばかり飲んでいると、それでお腹がいっぱいになってその他の栄養素を摂取する妨げとなる可能性もあります。

子供の身長を伸ばしたいのであれば、いろいろな栄養素をバランス良く摂取することがもっとも重要なのです。

(まとめ)カルシウムを含む食品は子供の身長を伸ばす?

1.カルシウムを含む食品に子供の身長を伸ばす効果はないようです

カルシウムには子供の身長を伸ばす効果は期待できません。なぜならカルシウムは骨を強化するためのものであり、身長を伸ばすためのものではないからです。

ただ丈夫な骨や歯を作るためにカルシウムは重要な働きをします。

2.カルシウムを含む食品の摂取で子供の身長が伸びることはありません

残念ながらカルシウムを多く含む食品を摂取したからといって、子供の身長が伸びるようなことはありません。なぜならカルシウムは骨や歯を強くするためのものだからです。

ただカルシウムは子供の健全な成長に欠かせない栄養素でもあります。

3.子供はカルシウムを含む食品を積極的に摂る必要があります

子供はカルシウムを含む食品を積極的に摂取する必要があります。

なぜならカルシウムには骨や歯を強くする働きがあるだけでなく、将来の骨粗鬆症のリスクも左右するからです。

4.子供の身長を伸ばすにはいろいろな栄養素が必要です

子供の身長を伸ばすためには、いろいろな栄養素をバランス良く摂取する必要があります。

また身長を伸ばすための栄養素を、全身の隅々にまで送り届けることが重要となります。

監修医情報

西新宿整形外科クリニック院長
田邊雄医師
たなべ ゆう/Yu Tanabe
経歴
富山県立富山中部高等学校卒業
金沢医科大学医学部医学科卒業
順天堂医院 初期研修医
順天堂医院 初期研修修了
順天堂医院 整形外科入局
順天堂大学大学院 整形外科学講座
下記順天堂医院関連施設にて勤務・研修
(順天堂本院、順天堂練馬、伊東市民病院、宮川病院、杏雲堂病院、浅草病院、東部地域病院、賛育会病院、王子病院 等)
日本整形外科学会認定 整形外科専門医取得
順天堂大学大学院 医学博士取得
SBCグループ・西新宿整形外科 入職
西新宿整形外科  医院長
ロコモアドバイスドクター 就任
(「ロコモ チャレンジ!推進協議会」公認)

運営者情報

運営クリニック 西新宿整形外科クリニック
住所 〒160-0023 東京都新宿区西新宿7-21-3 新宿大京ビル7階
お問い合わせ 0120-962-992
院長 田邊雄医師