カルシウムには子供の身長を伸ばす働きはないとされています


カルシウムには骨を丈夫にする働きがあるといわれています。カルシウムを摂取すると骨の内部がカルシウムによって固められるため、骨が強くなるとされています。

骨が丈夫になることで、子供がスポーツや事故などでケガをしたときにも骨折をする心配が少なくなるでしょう。

カルシウムには成長期の子供の身長を伸ばす働きはありませんが、成長期の子供の骨を守るために必要な栄養素といえます。

成長期にはタンパク質などの働きによって身長が伸びるとされています

子供の身長を伸ばすためにはタンパク質や亜鉛などの栄養素が必要とされています。身長を伸ばしたいときには、これらの骨を伸ばすために必要な栄養を摂取しなければなりません。

成長期の子供の骨には、骨の端近くに「骨端線(こったんせん)」という軟骨組織が存在します。この骨端線で軟骨が増えたあとには、その増えた軟骨が硬い骨に変化して骨が少しずつ伸びていきます。

そのため成長期の子供の骨を伸ばすためには、軟骨を作る材料として多くのタンパク質を摂取する必要があるといえるでしょう。また骨を伸ばすためには成長ホルモンの働きも必要です。

骨端線は成長ホルモンの刺激を受けてから軟骨を増殖するとされています。もしタンパク質を多く摂取していても、成長ホルモンの分泌が足りない場合は、身長の伸びも期待できないでしょう。

成長ホルモンを増やすためには、成長ホルモンの分泌を促す働きがあるとされている亜鉛などの栄養素が必要です。

亜鉛の場合には貝や牛肉、大豆製品などに多く含まれているので、タンパク質を含む食品と合わせて食べるようにすると身長の改善が期待できるでしょう。

カルシウムは子供に必要な栄養素です


もしも成長期に骨折をして骨端線の部分にひどい損傷を負った場合には、その骨端線の働きが止まることなどがあります。骨端線の働きが止まった部分は、そのまま軟骨組織が骨に変化して成長が止まります。

骨端線の成長が止まらなかった場合でも、骨が曲がって成長することがあるかもしれません。とくに関節や関節近くの骨を複雑に骨折した場合には、子供の成長に影響が出る心配があります。

カルシウムには骨の内部に沈着して骨を固める働きがあります。カルシウムをしっかりと摂取して骨量を増やしていると骨が丈夫になるため、骨端線に損傷が生じることを避けることにつながるでしょう。

成長期の場合には、カルシウムが骨に沈着しやすく骨量が増加しやすいといわれています。そして17歳頃までの成長期の子供は、カルシウムの摂取量に上限が設定されていません。

成長期にはカルシウムをたくさん摂取する必要があるため、カルシウムを多く含む食品を食べる必要があります。

とくにカルシウムの吸収率の高い乳製品を多く食べると、効率よくカルシウムを摂取することができるでしょう。

病気が原因で子供の身長が伸びない場合もあります

身長が早く伸びる子や、身長の伸びが遅い子など一人ひとりの身長の伸びには個人差があります。そして子供によってもそれぞれ異なりますが、子供の成長の伸び方は成長曲線を参考にすることができます。

成長曲線は年齢ごとの平均身長の推移を表している表です。平均身長から平均身長の範囲を示す±2SDの枠内であれば、身長の伸びが気になっていても重篤な問題は生じていないでしょう。

とくに大きな問題がない場合には、身長が伸びるために必要な栄養素を多くとっていれば、身長の伸びが改善できるかもしれません。

ただし身長が標準範囲を外れているときには、背が伸びない原因が栄養の問題だけではない場合があります。

成長ホルモンを分泌する脳下垂体に異常がある場合や、重大な内臓疾患、骨や軟骨の病気などで成長が急に悪くなることもあります。

骨が伸びる場所とされる骨端線は成長期の終わりとされる17~18歳頃には閉じてしまい、それ以降はもう骨が伸びることはありません。

子供の身長の伸びが悪いという場合には、早めに専門の医療機関に診てもらうようにしましょう。

(まとめ)カルシウムでは子供の身長が伸びない?

1.カルシウムには子供の身長を伸ばす働きはないとされています

カルシウムには成長期の骨を伸ばす働きはありません。カルシウムは骨の内部を固めることで骨を丈夫にする働きがあるため、成長期の子供の骨を守ることに役立つでしょう。

2.成長期にはタンパク質などの働きによって身長が伸びるとされています

子供の身長は、成長期の骨に現れる骨端線で軟骨組織が増えることで伸びるとされています。

骨端線に働きかける成長ホルモンを増やす亜鉛や、軟骨を形成する材料となるタンパク質などが身長を伸ばす働きをする栄養素といわれています。

3.カルシウムは子供に必要な栄養素です

万が一成長期に骨折で骨をひどく損傷してしまうと、骨端線の成長が止まったり、骨が歪んで成長したりする場合があります。

骨を丈夫にする働きのあるカルシウムをしっかり摂取することで、骨折の心配を減らして問題なく成長できるようになるでしょう。

4.病気が原因で子供の身長が伸びない場合もあります

子供の身長の伸びにはそれぞれ個人差がありますが、成長曲線の標準範囲の中にあるかどうかを確認することも大切です。

標準範囲を外れているときには、栄養だけでなく病気などが原因で身長が伸びてない場合もあります。

監修医情報

西新宿整形外科クリニック院長
齋藤まい医師
さいとう まい/Mai Saito

 

経歴
2006 年 関西医科大学 医学部医学科 卒業
療法人藤井会 石切生喜総合病院 臨床研修医
2008 年 大阪市立総合医療センター 整形外科勤務
2010 年 医療法人浩仁会 南堺病院  整形外科
2011 年 医療法人宝持会 池田病院  整形外科
2016 年 西新宿整形外科

運営者情報

運営クリニック 西新宿整形外科クリニック
住所 〒160-0023 京都新宿区西新宿7-21-3 新宿大京ビル7階
お問い合わせ 0120-962-992
院長 齋藤まい医師