身長を伸ばすことと年齢には関係があり、子どもの頃の成長ホルモンの働きが関係しています


大人になっても身長が伸びたと感じる人はいますが、子どもの時ほど大きく伸びることはまず難しくなります。
なぜなら子どもの時の骨には、軟骨細胞でできた骨端線と呼ばれる身長を伸ばすための柔らかい部分があるからです。

年齢が増えて体が大人になると、骨端線は硬くなり成長しなくなってしまうため、身長を大きく伸ばすのであれば、いかに子どもの頃に工夫するかが重要と言えるのです。
そのためにはスムーズな成長ホルモンの分泌を妨げない生活習慣が大切とされています。

食事・睡眠・運動を大切にして過ごしましょう。

成長ホルモンが身長を伸ばす働きを持つのは子どもの頃です

成長ホルモンは大人になってからも分泌されますが、身長を伸ばす働きは子どもの頃のみにある働きです。その理由としては、子どもの骨には、身長を伸ばす部分があるためです。
子どもの骨で伸びる部分は骨端線という軟骨細胞でできており、その軟骨細胞が増えることで骨が長くなって身長が伸びていきます。

年齢があがり大人になるにつれて、骨端線が硬くなり骨はその分丈夫になりますが、大きく伸びることはなくなっていくのです。
この骨端線は腕や脚など長い骨の先端にある部分で柔らかくなっており、レントゲン写真を撮ると他の骨とは違ってその部分が黒く写ります。

しかし、大人になるとその部分は白く写るようになることから、骨が石灰化して硬くなったと分かるのです。だいたい思春期が終わった頃の年齢で骨端線は白く写るようになると言われており、身長がほとんど伸びなくなった状況は骨端線が石灰化しきった状態と言えます。

従って、体が大人になる前に十分成長ホルモンを分泌させて身長を伸ばしておくことが必要になると言えるのです。

子どものうちに十分身長が伸ばせる生活を心がけましょう


生活習慣を改善することでお子さんの身長をよりよく伸ばすことを期待できるため、まずは日頃の過ごし方から見直してみましょう。
生活の仕方は毎日のことですが、急に変化が期待できることでもないため、根気よく続けていくことが大切です。

子どものうちに気をつけたい過ごし方について、いくつか紹介します。

夜十分な睡眠を取る

夜寝ている間に最も多くの成長ホルモンが分泌されるため、十分な睡眠時間を取ることは欠かせません。現代日本の子どもたちは、毎日習い事や勉強などで忙しく過ごしているために寝る時間が遅くなりがちですが、例えば小学生なら9~10時間は眠るようにしましょう。

すると思春期の到来を遅くし、身長を伸ばす期間を長くすることが期待できます。

意識的にたんぱく質を摂取する

身長を伸ばすためには食事でバランスよく栄養素を取ることですが、中でもたんぱく質をしっかりと取れるメニューにしましょう。
骨が伸びる部分は軟骨細胞でできているため、たんぱく質を十分取ることで軟骨細胞を増やすのに役に立ちます。

適度に全身運動をする

全身を使った運動をすることで血行が促進され、その結果軟骨細胞に栄養が行き渡りやすくなるため、軟骨細胞を増やしやすくなります。
また骨芽細胞に刺激が加わるので骨を強くしようとする働きにも役立つのです。

周りの子どもよりも身長の伸びが悪い時は医師に相談する方法があります

子どもの年齢で身長の伸び方にはそれぞれ違いがありますが、同性で同じくらいの年齢の子たちよりも特に身長が低かったり、身長の伸び方がとても小さかったりする時は原因を調べてみてはいかがでしょうか。
その場合は整形外科の中でも低身長の専門医が在籍するクリニックを選ぶことがおすすめで、受診すると問診や検査結果も元に原因を考えていきます。

そして原因に合ったアドバイスや施術内容の提案がされるので、お子さんの身長を伸ばすために前向きな取り組みができるようになるでしょう。
施術内容の中には成長ホルモン療法があり、成長ホルモンを直接投与して身長が伸びるよう導く方法ですが、続けることで身長が伸びたお子さんも多く、直接的な改善が期待できる施術と言えます。

成長ホルモンの投与は自己注射ですが、針がほとんどない注射器を使って家族やお子さん自身で行うことができるようになっています。
医師や看護師からうち方の指導を受けて慣れればできるようになることがほとんどのため、安心して施術を始めてみましょう。

(まとめ)身長を伸ばすには年齢が関係あるの?

1.身長を伸ばすことと年齢には関係があり、子どもの頃の成長ホルモンの働きが関係しています

大きく身長が伸びるのは子どもの頃で、年齢が上がり思春期を過ぎるとなかなか伸びなくなってしまいます。そのため成長ホルモンの分泌をスムーズにする生活習慣を心がけて過ごしましょう。

2.成長ホルモンが身長を伸ばす働きを持つのは子どもの頃です

成長ホルモンは一生分泌されますが、身長を伸ばす働きを促すことは子どものうちだけに行われます。そのため大人の年齢になる前に十分成長ホルモンを分泌させて身長を伸ばすことが大切です。

3.子どものうちに十分身長が伸ばせる生活を心がけましょう

普段の生活を改善することは身長を伸ばすのに役立つため、根気よく取り組みましょう。夜の睡眠時間を十分取り、たんぱく質をしっかり取って適度な全身運動で血行促進をすることがおすすめです。

4.周りの子どもよりも身長の伸びが悪い時は医師に相談する方法があります

子どもの身長の伸び方に差はありますが、同性で同年齢の子たちと比べ特に身長が低い時には整形外科を受診してみましょう。問診や検査で原因を探り、必要に応じた施術・アドバイスが受けられるため前向きにお子さんの身長を伸ばすための取り組みができます。

監修医情報

西新宿整形外科クリニック院長
齋藤まい医師
さいとう まい/Mai Saito

 

経歴
2006 年 関西医科大学 医学部医学科 卒業
療法人藤井会 石切生喜総合病院 臨床研修医
2008 年 大阪市立総合医療センター 整形外科勤務
2010 年 医療法人浩仁会 南堺病院  整形外科
2011 年 医療法人宝持会 池田病院  整形外科
2016 年 西新宿整形外科

運営者情報

運営クリニック 西新宿整形外科クリニック
住所 〒160-0023 京都新宿区西新宿7-21-3 新宿大京ビル7階
お問い合わせ 0120-962-992
院長 齋藤まい医師