ビタミンDは健康な骨をつくる栄養素のため、身長を伸ばす効果が期待できます


身長は骨を丈夫にしていく過程で伸びていくと言われています。
ビタミンDは骨を作るカルシウムやリンなどの栄養の吸収を促す力があるため、身長を伸ばすためには効果的な栄養素と言えるでしょう。

ただ、ビタミンDだけを摂取すれば身長が伸びるというわけではありません。
あくまで、栄養バランスの取れた食事を心がけるうえで、意識的に摂取することが大切だと言えるでしょう。

また、そのような食生活の改善を行って変化が見られない場合は、専門のクリニックを受診してみるのもおすすめです。

身長を伸ばす仕組みには骨端線と呼ばれる部分が関係しています

身長を伸ばすために効果的な栄養素はいくつかあり、ビタミンDもその中の一つです。
ビタミンDには、カルシウムを元に骨を作る力があるとされており、身長を伸ばすうえで重要な作用を担っていると言われています。

しかし、なぜビタミンDが身長に対して効果的なのかを話す前に、まずはどのように身長が伸びるのかという仕組みを説明しなければなりません。

身長が伸びる仕組み

成長期の子どもの骨には、骨端線と呼ばれる部分があり、骨端線は骨の末端の部分にあります。
この骨端線は軟骨で出来ているため、レントゲン撮影などをすると骨の中に黒い線が入っているように見えるのが特徴的です。
身長はこの骨端線の部分が石灰化し、丈夫な骨として層のように積みあがっていくことで伸びていきます。

また、骨端線は大人になるにつれてなくなっていくもので、骨端線が閉鎖してしまえば、もう身長は伸びないと言われています。
つまり、成長期の間にいかに骨端線の量を増やし、石灰化を促すかが身長を伸ばすためには重要なのです。

ビタミンDなどの栄養素が身長を伸ばすために役立ちます


ビタミンDは、カルシウムやリンなどの骨を構成する成分の吸収をスムーズにすると言われています。
つまり、骨端線を元に石灰化を促し、骨を形成していく際に、ビタミンDは重要な栄養素となるのです。

ですから、身長を伸ばすためには、ビタミンDの摂取を意識的に行う必要があると言えるでしょう。
ビタミンDはきのこや魚などから摂取できます。

ほかにも、紫外線を浴びることで人間の皮膚でも合成されると言われています。
しかし、ビタミンDばかりを摂っていても、身長が伸びるわけではありません。

骨端線はたんぱく質を材料としますから、肉や魚、豆類、乳製品などを利用して、たんぱく質が豊富に取れる食生活を大切にしましょう。
ほかにも、亜鉛やマグネシウムなどのミネラル、適度な脂質、身体を動かすための炭水化物なども必要不可欠です。

どれかに偏った食生活は体調不良を招き、成長促進にはつながりません。
くれぐれも栄養バランスの保ったうえで、身長を伸ばすために効果的な食材を取りいれていってみてください。

ビタミンD不足や過剰摂取には気をつけましょう

逆にビタミンDを摂取しなかった場合、身体にはどのような影響が起きてしまうのでしょう。

たとえば、日光に当たることや食事からの摂取が少なくビタミンDの摂取が足りなくなってしまうと、「ビタミンD欠乏性くる病」と呼ばれる病気になってしまう危険性があります。
このビタミンD欠乏性くる病は、成長障害や骨、歯の変形にもつながるとされており、健全な成長のためには避けたいものだと言えるでしょう。

また、ビタミンDが不足しカルシウムの吸収が弱まってしまうことによって、骨粗しょう症になるリスクが高まるとも言われています。
身長を伸ばすためだけではなく、丈夫で健康な身体をつくるためにもビタミンDの摂取は欠かせないと言えるでしょう。

しかし、サプリメントなどを利用した過剰すぎる摂取も逆に大きな負担になると言われています。
1日あたりの平均ビタミンD摂取量は5マイクログラムと言われていますから、注意してみてください。

もし上記のような食生活の改善を行っても身長が伸びない場合、なんらかの原因で低身長が引き起こされている場合もあります。
専門のクリニックへご相談してみるのも良いでしょう。

(まとめ)身長を伸ばすためにビタミンDが効果的?

1.ビタミンDは健康な骨をつくる栄養素のため、身長を伸ばす効果が期待できます

ビタミンDは、骨を作る栄養の吸収を促進する力があるとされており、身長を伸ばすために効果的な栄養素と言えます。栄養バランスに注意しながら効率的にビタミンDを摂って、最終身長を伸ばすために工夫してみましょう。

2.身長を伸ばす仕組みには骨端線と呼ばれる部分が関係しています

身長は骨端線と呼ばれる軟骨の部分が、石灰化して丈夫な骨になっていく過程で伸びていくと言われています。そのため、身長を伸ばすためにはこの骨端線の量を増やして、石灰化をより促進させることが大切だとされています。

3.ビタミンDなどの栄養素が身長を伸ばすために役立ちます

ビタミンDは、骨端線を丈夫な骨に変えていくために必要な栄養素の吸収を助けると言われています。また、より身長を伸ばしたいのであれば、骨端線の材料となるたんぱく質などの栄養素も意識的に摂取しましょう。

4.ビタミンD不足や過剰摂取には気をつけましょう

ビタミンDの不足はビタミンD欠乏性くる病の原因になると言われています。ビタミンD欠乏性くる病は、成長障害や、骨や歯の変形などにもつながるため注意が必要でしょう。
サプリメントなどを使った過剰摂取にも注意してください。

監修医情報

西新宿整形外科クリニック院長
田邊雄医師
たなべ ゆう/Yu Tanabe

[su_button url=”https://www.ns-seikeigeka.com/dr.html#tanabe” target=”blank” style=”flat” background=”#edc726″]詳しくはこちら[/su_button]

経歴
富山県立富山中部高等学校卒業
金沢医科大学医学部医学科卒業
順天堂医院 初期研修医
順天堂医院 初期研修修了
順天堂医院 整形外科入局
順天堂大学大学院 整形外科学講座
下記順天堂医院関連施設にて勤務・研修
(順天堂本院、順天堂練馬、伊東市民病院、宮川病院、杏雲堂病院、浅草病院、東部地域病院、賛育会病院、王子病院 等)
日本整形外科学会認定 整形外科専門医取得
順天堂大学大学院 医学博士取得
SBCグループ・西新宿整形外科 入職
西新宿整形外科  医院長
ロコモアドバイスドクター 就任
(「ロコモ チャレンジ!推進協議会」公認)

運営者情報

運営クリニック 西新宿整形外科クリニック
住所 〒160-0023 東京都新宿区西新宿7-21-3 新宿大京ビル7階
お問い合わせ 0120-962-992
院長 田邊雄医師