グルコサミンは身長を伸ばすときに摂取したい成分のうちの一つです


骨がスムーズに動くためには、骨の関節をサポートする軟骨が重要な働きをします。
グルコサミンは軟骨の構成成分を作る働きをするため、身長を伸ばすことには直接的な効果は期待できません。

しかし、身長が伸びる時期は骨の成長に伴って、軟骨も大きくなる必要があり、グルコサミンも積極的に摂取したい成分の一つだと言えるでしょう。

身長が伸びる時期にグルコサミンはサポート役としておすすめです

グルコサミンはプロテオグリカンという、軟骨の保水力や弾力性を保つための成分を作り出すもとになっています。
軟骨は、体の曲げ伸ばしや体をひねる時、骨同士がぶつからずになめらかに動くために、クッション材の役割を果たし、骨と骨とがぶつかり合わないように作用しています。

軟骨がグルコサミンの不足や加齢、過度の衝撃などですり減ってしまうと、骨同士がぶつかり痛みを感じることがあります。
グルコサミンという成分自身に身長を伸ばす効果は期待できません。

ですが、骨がぐっと大きくなって、身長が伸びるときに、軟骨も相応に大きくなる必要があります。
身長が伸びる時期に必要な栄養素や成分としては、カルシウムやビタミンなどさまざまな種類のものが挙げられますが、軟骨を形成するグルコサミンもそのうちの1つだと言えるでしょう。

グルコサミンは、干しエビやきのこ、うなぎなどに含まれますが、食品だけで十分な量を摂取するのは難しいものです。
グルコサミンの摂取にはサプリメントが手軽で便利ですが、サプリメントの場合は、品質や効果が信頼できる商品かどうかの見極めが大切です。

身長が伸びる時は、カルシウムやたんぱく質も積極的に摂りたい成分です


身長が伸びる時期、身長を1cmでも高く伸ばすためには、どのような食生活を心がけると良いのでしょう。基本的な部分ではありますが、もっとも大切なのは、健康的でバランスのとれた食事を、1日3食摂るということです。中でも積極的に摂りたいものは、骨の形成に良いとされる栄養成分です。

身長を伸ばす栄養と言えば、牛乳=カルシウムというイメージが強い方も多いかもしれません。
しかし、カルシウムは骨を強くする働きはあるものの、骨を大きくするという働きは期待できません。
とはいえ、強い骨は骨の理想でもあるためカルシウムは骨にとって大切な栄養成分です。

カルシウムの吸収をサポートする意味でも、ビタミンDも積極的に摂りたい栄養素です。
身長を伸ばすための栄養としては、良質なたんぱく質が必要です。

卵や肉、魚、大豆などが挙げられます。どれも手軽に摂取できる食品ばかりなので、身長を伸ばしたい方は積極的に摂ることをおすすめします。特に、納豆やツナ缶などは調理の手間が省ける食材なのでうまく取り入れてみてはいかがでしょうか。

コンドロイチンやヒアルロン酸はグルコサミンから作られます

グルコサミンのサプリメントを摂取しようとすると、「コンドロイチン」や「ヒアルロン酸」という言葉が同時にパッケージに記載されていることがあります。
グルコサミンは、軟骨の構成成分であるプロテオグリカンを作りだす元になりますが、コンドロイチンやヒアルロン酸はプロテオグリカンに含まれている成分です。
グルコサミン、コンドロイチン、ヒアルロン酸はどれも関節の軟骨形成に重要な成分ですが、それぞれの働きは少しずつ異なります。

前述したようにグルコサミンは、軟骨の構成成分コンドロイチンを作り出す働きをします。
コンドロイチンは栄養分を含んだ水分を軟骨に運ぶ役割をし、ヒアルロン酸は弾性と粘り気が特徴で、水分を保持する役割をします。

それぞれの役割からも分かるように、それぞれがお互い関係し合って状態の良い軟骨を作り上げていると言えるでしょう。
食事のバランスが重要というのと同じように、状態の良い軟骨を形成するためには、グルコサミンとコンドロイチン、ヒアルロン酸もどれかに偏るというものではなく、3つの成分のバランスを取ることも大切です。

(まとめ)身長を伸ばすにはグルコサミンが必要?

1.グルコサミンは身長を伸ばすときに摂取したい成分のうちの1つです

グルコサミンは軟骨を形成する時に働く成分なので、身長を伸ばすことに直接的な効果は期待できません。しかし、身長が伸びる時は軟骨も大きく丈夫になる必要があり、身長が伸びる時期にグルコサミンを摂取することは大切だと言えるでしょう。

2.身長が伸びる時期にグルコサミンはサポート役としておすすめです

骨が大きくなり、身長が伸びる時期には、同時に軟骨も大きくなります。グルコサミンは軟骨を形成する成分のうちの1つなので、グルコサミン自体に身長を伸ばす効果は期待できませんが、身長が伸びる時期に積極的に摂取したい成分のうちの1つです。

3.身長が伸びる時は、カルシウムやたんぱく質も積極的に摂りたい成分です

カルシウムとビタミンDは骨を強くするために必要な栄養素ですが、身長を伸ばす効果はあまり期待できません。身長を伸ばすためには、良質なカルシウムを積極的に摂ることをおすすめします。
中でも納豆やツナ缶は手軽に食べられるため、おすすめです。

4.コンドロイチンやヒアルロン酸はグルコサミンから作られます

グルコサミンは軟骨の構成成分であるプロテオグリカンを作り出す元になり、作られたプロテオグリカンに含まれる成分に、コンドロイチンやヒアルロン酸があります。
それぞれ異なる役割をしていますが、状態の良い軟骨を形成するためにはどれも必要な成分です。

監修医情報

西新宿整形外科クリニック院長
田邊雄医師
たなべ ゆう/Yu Tanabe
[su_button url=”https://www.ns-seikeigeka.com/dr.html#tanabe” target=”blank” style=”flat” background=”#edc726″]詳しくはこちら[/su_button]

 

経歴
富山県立富山中部高等学校卒業
金沢医科大学医学部医学科卒業
順天堂医院 初期研修医
順天堂医院 初期研修修了
順天堂医院 整形外科入局
順天堂大学大学院 整形外科学講座
下記順天堂医院関連施設にて勤務・研修
(順天堂本院、順天堂練馬、伊東市民病院、宮川病院、杏雲堂病院、浅草病院、東部地域病院、賛育会病院、王子病院 等)
日本整形外科学会認定 整形外科専門医取得
順天堂大学大学院 医学博士取得
SBCグループ・西新宿整形外科 入職
西新宿整形外科  医院長
ロコモアドバイスドクター 就任
(「ロコモ チャレンジ!推進協議会」公認)

運営者情報

運営クリニック 西新宿整形外科クリニック
住所 〒160-0023 東京都新宿区西新宿7-21-3 新宿大京ビル7階
お問い合わせ 0120-962-992
院長 田邊雄医師