身長を伸ばすメラトニンは睡眠をうながすために必要です


メラトニンが分泌されても直接身長を伸ばす効果はありません。
しかし、メラトニンには自然な睡眠をうながす効果が期待できるため、快適な睡眠によって身長を伸ばすために必要と言えるでしょう。

体内で分泌されるホルモンは体内時計でコントロールされており、規則正しい生活をすることで正常な分泌がおこなわれています。
夜になってもメラトニンの分泌が促されないと眠気が起こりにくいため、快適な睡眠のためにメラトニンが必要です。

メラトニン分泌には朝日を浴びることが必要です

身長を伸ばすためには快適な睡眠が必要で、夜中に十分な成長ホルモンが分泌されなければなりません。快適な睡眠のためには、体内時計のリズムによりメラトニンが分泌することが必要となりますが、メラトニンの分泌は朝日を浴びることで促されるようになっています。

朝日を浴びると体内時計がリセットされ、1日が始まります。
すると睡眠をうながすメラトニンの分泌が止まり、人は覚醒するようになっているのです。
さらに朝日を浴びてから14~16時間が経過すると、再び体内時計から指令がおこなわれメラトニンの分泌が高まっていきます。

体内時計を一定にして覚醒と睡眠をコントロールするには、朝日を浴びて体内時計をリセットする必要があります。
身長を伸ばすためには適度な睡眠が必要ですが、朝ダラダラといつまでも寝かせておけば、体内時計が狂って適切なメラトニン分泌になりません。

メラトニンを正常に分泌させるには、早寝早起きが基本です。
日中はできるだけ明るい場所で過ごし、夜は体内時計を働かせメラトニンの分泌を阻害しないよう、必要以上の光を浴びさせないようにしましょう。
夜遅くまで起きていて、テレビやゲーム、スマホを見ているような環境は、メラトニン分泌を阻害してしまいます。

メラトニンは性的成熟の抑制に役立つホルモンです


子どものころにメラトニンを十分分泌させる必要があるのは、睡眠をうながして身長を伸ばすためだけでなく、性的成熟の抑制効果を期待するためでもあります。
思春期が早くくると身長が止まりやすく、身長を伸ばすにはできるだけ思春期の訪れを遅らせる必要があるのです。

メラトニンがしっかり働いていると、子どもの思春期を遅らせる働きが期待でき、身長を伸ばす期間を延ばすことができると考えられています。
小学生や中学生で早くに思春期をむかえた子どもは、その後成長が抑制されてしまい、思ったより身長が伸びないことがあります。
思春期の時期が遅い子どもは、中学や高校まで身長が伸び続け、思春期が早かった子どもと比べて身長の伸びが良くなることは少なくないのです。

子どもの身長を伸ばすためには、しっかりメラトニンを分泌させ、できるだけ思春期の時期を遅らせることが重要となります。
早い段階から思春期をむかえることは身長によってはデメリットとなりやすいため注意が必要です。
メラトニンには性的成熟抑制効果が期待できるため、毎日規則正しい生活を送らせて、夜に強い光を避けることは、結果的に身長を伸ばすために役立ちます。

100ルクス以上の光を浴びるとメラトニンは分泌が抑制されてしまうため、暗くなったら部屋の明るさにも注意してみましょう。

運動不足もメラトニン不足になると考えられています

メラトニン不足は、不規則な生活習慣、夜の強い光以外にも、運動不足により分泌量が減ってしまうと考えられています。
その理由は、メラトニンの材料がセロトニンだからです。
セロトニンは運動によって分泌量を増やすことができるホルモンで、日ごろ運動不足になりやすい子どもは、結果的にメラトニンも減りやすいと考えられます。

近年の子どもは屋内で過ごす時間が増えており、運動不足になりメラトニンが減っている可能性があります。パソコンやテレビゲーム、スマホなどで過ごす時間が多いと、必然的に運動時間が減るでしょう。

適度な運動はセロトニンを生成させ、メラトニン分泌にもかかわってくるため、身長を伸ばす希望があるなら、子どもに運動をさせる必要があります。
屋外で運動することで日光を浴びることとなり、さらにメラトニン分泌に良い効果が期待できます。
日中は室内で過ごさないで、できるだけ屋外で体を使った遊びをさせましょう。

メラトニンの分泌量が減ると眠気が起こりにくくなり、睡眠時間が減るため成長ホルモンの分泌量も減る可能性があります。
子どもが室内で過ごす時間が多くセロトニンが減る、するとメラトニンが分泌しにくくなる、成長ホルモンも減ってしまう、このような悪循環に陥る可能性があるでしょう。

(まとめ)身長を伸ばすためにはメラトニンが必要ですか?

1.身長を伸ばすメラトニンは睡眠をうながすために必要です

メラトニンは自然な睡眠をうながすためのホルモンで、快適な睡眠へ導き身長を伸ばすために役立ちます。体内時計でコントロールされているため、規則正しい生活習慣が重要です。

2.メラトニン分泌には朝日を浴びることが必要です

メラトニンは体内時計でコントロールされており、朝日を浴びることで体内時計がリセットされ、14~16時間後に再び分泌されるようになっています。早寝早起きを心がけ、夜中は強い光を避けるようにしましょう。

3.メラトニンは性的成熟の抑制に役立つホルモンです

メラトニンは性的成熟抑制効果も期待できるため、子どもの身長を伸ばすために役立ちます。思春期を早くにむかえた子どもは、その後身長が止まってしまう傾向があるためです。

4.運動不足もメラトニン不足になると考えられています

メラトニンを分泌させて身長を伸ばすためには、適度な運動が求められます。セロトニンを原料としてメラトニンが生成されるためで、運動をすればセロトニンの分泌を促すことができるからです。

監修医情報

西新宿整形外科クリニック院長
田邊雄医師
たなべ ゆう/Yu Tanabe

[su_button url=”https://www.ns-seikeigeka.com/dr.html#tanabe” target=”blank” style=”flat” background=”#edc726″]詳しくはこちら[/su_button]

経歴
富山県立富山中部高等学校卒業
金沢医科大学医学部医学科卒業
順天堂医院 初期研修医
順天堂医院 初期研修修了
順天堂医院 整形外科入局
順天堂大学大学院 整形外科学講座
下記順天堂医院関連施設にて勤務・研修
(順天堂本院、順天堂練馬、伊東市民病院、宮川病院、杏雲堂病院、浅草病院、東部地域病院、賛育会病院、王子病院 等)
日本整形外科学会認定 整形外科専門医取得
順天堂大学大学院 医学博士取得
SBCグループ・西新宿整形外科 入職
西新宿整形外科  医院長
ロコモアドバイスドクター 就任
(「ロコモ チャレンジ!推進協議会」公認)

運営者情報

運営クリニック 西新宿整形外科クリニック
住所 〒160-0023 東京都新宿区西新宿7-21-3 新宿大京ビル7階
お問い合わせ 0120-962-992
院長 田邊雄医師