当院のリハビリテーション基本方針

  • 豊富な知識と高い技術で回復、維持、強化を目的とした効果的なリハビリテーションを提供します。
  • 常に患者様の立場に立ち、安心してリハビリテーションに取り組めるよう思いやりの心を大切にします。
  • より良いリハビリテーションを提供するため、常に自己研鑽に努め専門性を高めます。

このような症状でお困りでしたら、
当院リハビリテーションで対応可能です

  • 肩が痛い、上がらない
  • 手足がしびれる
  • 腰が痛い
  • 歩くと膝が痛む
  • 骨折や怪我で体がうまく動かない
  • 体を動かすと痛みが走る など

リハビリテーションとは

当クリニックのリハビリテーションは、様々な設備・器具と国家資格を持ったスタッフ(理学療法士の有資格者)により、病気やけが、加齢による運動機能の低下という障害が生じてしまっている患者様に対し、理学療法や作業療法などを通して回復・改善を図るために体操やストレッチ、マッサージなどの運動を行い日常生活や社会生活への早期復帰を目指します。
治療自体は運動機能の回復を目標にしていますが、当クリニックでは、日常生活動作の向上により患者様の生活がより豊かになるよう、患者様の思いに寄り添ったリハビリを心がけています。

室内1
室内2
室内3

理学療法について

理学療法とは、運動療法、マッサージ、物理療法、装具両方を組みあわせて痛みを和らげ、運動機能を改善させる治療法です。

患者様の痛み、動きの制限、日常生活動作の制限、スポーツ活動の制限、治療後のリハビリテーションなどに対し評価を行い、関節可動域訓練、筋力トレーニング、ストレッチなど一人ひとりの症状にあったリハビリテーションを行っております。
川原 昭久 院長
川原 昭久 院長


また症状を改善させるだけではなく、日常生活を過ごしやすくしていくためのセルフケアなどのアドバイスも積極的に行いQOL(quality of life=生活の質)を上げるお手伝いをさせていただきております。
川原 昭久 院長
川原 昭久 院長
理学療法とは

膝専門の理学療法士在籍

膝は中間関節のため、他の部位の影響を受けやすく、また加齢や肥満、遺伝的要因、力学的負担など様々な原因で疾患が発症します。

日常生活にも直接的に影響が出てしまう膝の疾患にお悩みの患者様をサポートするため、西新宿整形外科クリニックでは膝専門の理学療法士による、より専門的で効果的なリハビリテーションを行なっております。

設備紹介

超音波治療器 ソニックタイザー SZ-100
ソニックタイザー(SZ-100)は、超音波の危機的振動を生体に与え、その温熱作用とマイクロマッサージ作用による疼痛緩和や血流促進、組織の修復等を目的とした治療器です。
大きな筋肉の損傷や表層部の治療に適しています。
それ以外にもさまざまな疾患や症状、部位に合わせて最適な治療が行えます。

・適応症状
各種疼痛、リウマチ、腱鞘炎、関節周囲炎、筋スパズム、瘢痕組織、異所性骨化、など

ベッド型マッサージ機 アクアタイザー
水圧刺激により筋肉・腱・靭帯の凝りをほぐし、また、足部を圧迫して全身の血行の改善を促進します。
「さする」「こねる」「もむ」「おす」「たたく」「なでる」「のばす」の7種類のマッサージパターンがあります。マッサージの強さは6段階あり、リハビリの状態に応じて最適な強さが選べます。

・適応症状
肩こり、腰痛、ストレス解消、疲労回復、慢性疾患 等

低周波治療装置 ソリウス SOL-1
低周波電流を皮膚表面から電極を介して通電し、患部筋肉や神経に電 気刺激を与える低周波治療器です。電気刺激で長時間の治療が可能な疲労をきたしにくい特長があります。
外傷や手術後で十分な筋力トレーニングが不可能な際の筋力低下防止や、他不十分になってしまう部分の筋力アップなど、寝たままで筋力アップが期待できます。

・適応症状
格筋機能維持・トレーニング
術後の早期リハビリや運動訓練が困難な方

診療の流れ

レントゲン

レントゲン

レントゲンにより患部の状態、軟部組織の状態などを判断し、治療に必要な情報を確認します。

診断

診断

問診・レントゲン、患者様の状態から、どのようなリハビリテーションが必要か診断します。

リハビリテーション

リハビリ

患者様の目指す回復状態に近づける治療内容でリハビリテーションを行います。

リハビリテーション適応疾患
  • 変形性膝関節症
  • 半月板損傷
  • 五十肩・四十肩(肩関節周囲炎)
  • 頸椎・腰椎椎間板症
  • 頸椎・腰椎椎間板ヘルニア
  • 足関節捻挫
  • 変形性股関節症
  • 外反母趾
  • 骨折
  • 手術後リハビリ

等 お気軽にご相談下さいませ。

監修医師紹介

監修医師紹介

西新宿整形外科クリニック 川原 昭久 院長 Akihisa Kawahara

  • 【所属学会】
    日本整形外科学会
  • 【資格】
    日本専門医機講認定 整形外科専門医
  • 【学会発表実績(筆頭演者として)】
    神奈川整形災害外科研究会