英語サイトはこちら中国語サイトはこちら韓国語サイトはこちら
低身長専門西新宿整形外科クリニック
完全予約制お電話でのお問い合わせ
0120-962-992
ご来院の方でもご予約がない方に関しましては、診療をお断りさせて頂いております

ヒアルロン酸注射

高分子ヒアルロン酸の関節内注射治療とは?

人体の肩、膝、肘など、骨と骨が組み合わさっている関節と関節の間には関節液というものがあります。関節液は、潤滑油としての働きと、衝撃による吸収材としての働きがあります。
関節軟骨がすり減り、関節液内のヒアルロン酸も減ると、骨と軟骨とがこすれ合い、骨や軟骨の破片により炎症が起きて膝が痛みます。当治療は関節液内にヒアルロン酸を直接注射して補う治療です。
ヒアルロン酸注射は、関節内に入ると、膝の関節のヒアルロン酸に似た働きをするように作られています。
ヒアルロン酸注射を行うことにより、関節液の働きが回復し、膝の痛みが改善します。

こんな方におすすめ

高分子ヒアルロン酸の関節内注射治療の特徴

高分子ヒアルロン酸の関節内注射治療のメカニズム

ヒアルロン酸は、人体の関節内部を満たしている関節液の主成分です。変形性膝関節症になると、炎症により関節液量が増えて関節液のヒアルロン酸が分解されます。そのため、関節液のヒアルロン酸の濃度が減り、粘り気や弾力性が低下してしまいます。

膝に正常の関節液に近いヒアルロン酸を注射して補うと、関節液の粘り気や弾力性が回復して膝の痛みも改善されます。

ヒアルロン酸注射の効果は、長期間続きます。

 

高分子ヒアルロン酸の関節内注射治療の流れ

Step1 カウンセリング

まず、専門医師による簡単なカウンセリングと問診票の記入を行います。

Step2 消毒

感染を防ぐために患部を消毒します。

Step3 ヒアルロン酸の注入

関節内にヒアルロン酸注射をします。

注射は数秒で終わります。膝に水がたまっている場合は、水を抜いてからヒアルロン酸を注射します。
施術中に気分が悪くなったり、膝に違和感を感じたりする等、お困りの点があればすぐに医師や看護師へご相談ください。

関連する治療一覧

監修医師紹介

齋藤 まい 医師

西新宿整形外科クリニック院長
斎藤 まい 医師
Mai Saito


【所属学会】
日本整形外科学会、日本小児整形外科学会、
中部整形外科災害外科学会、日本再生医療学会


【経歴】

2006年 関西医科大学 医学部医学科 卒業
医療法人藤井会 石切生喜総合病院 臨床研修医
2008年 大阪市立総合医療センター 整形外科勤務
2010年 医療法人浩仁会 南堺病院  整形外科
2011年 医療法人宝持会 池田病院  整形外科
2016年 西新宿整形外科

西新宿整形外科クリニックホームページをご覧の皆様へ

西新宿整形外科クリニックでは、小児低身長と関節等の再生医療を中心に子供からご高齢の方まで、すべての方が健やかに毎日を過ごすための治療を取り扱っております。
カウンセリングでは、担当医師が患者様のお悩みやご要望をしっかりと伺い、的確な診断と有効な治療法の提案をさせていただきます。

私たちは、最適な医療を提供するためには患者様と優良なコミュニケーションをとることが大切だと考えておりますので、 何かご不明点や不安な点などがあれば、どんなことでも医師や看護師へお話しください。誠心誠意、お答えさせていただきます。

お電話での予約
お問い合わせ

お電話での予約
お問い合わせ

メール相談

カウンセリング
予約