ご予約~治療の流れ|西新宿整形外科クリニック

小児低身長治療や成長ホルモンの事なら西新宿整形外科クリニック

低身長専門西新宿整形外科クリニック低身長専門西新宿整形外科クリニック
英語サイトはこちら 中国語サイトはこちら
0120-962-992
資料請求メール相談無料カウンセリング予約
1/21(土)14:00~ 子供の背を伸ばすための相談セミナー 参加予約制

成人診療
関節症治療
ゴールディック
成長ホルモン療法
肩こりボトックス治療
小児治療
小児低身長外来小児低身長チェック
スポーツ選手と慎重の関係
お悩み・ご相談はこちら
クリニック案内


〒160-0023
東京都新宿区西新宿 7-21-3
西新宿大京ビル7階
TOP > ご予約から治療までの流れ

ご予約から治療までの流れ

小児治療 治療の流れ

STEP1 ご予約

お電話や、お問合せフォームからご来院のご予約をお願いします。
基本的には、事前にカウンセリングの予約をとっていただきます。ご遠方の方や日本国外にお住まいの方でお急ぎの方は、事前メールでやり取りをさせていただきます。



STEP2 ご来院

初診時にはカルテの作成や問診表の記入が必要になります。 通常の診療より時間を要しますのでご了承願います。

小児低身長治療の相談の場合、お子様とご両親でご来院いただきお話をさせていただくことがよいと考えますが、お母様とお子様でご来院いただきましても結構です。その際はお父様の身長・体重やご病気などがありましたら、あらかじめ確認していただき来院していただきますよう宜しくお願い致します。


【来院時に必要なもの】
・ 母子手帳及び幼稚園・保育園、小・中学校、高等学校の健康手帳
・ 保健証、医療証
・ 紹介状もしくは他院での治療歴がある方はその概要をまとめたもの
・ 問診票 
※問診票はホームページからプリントし記載して持参してください。
※プリントできない場合は当院に来院後記載していただきます。


問診票をダウンロードする
※問診票を表示するためには、最新のPDFビューアが必要です。こちらから最新版をダウンロード下さい。


ご来院後の流れは以下の通りです。

流れ


STEP3 カウンセリング

問診票と資料を基にカルテとグロースチャート(成長曲線)を作製します。
その後カウンセリングを行い、生活環境(睡眠時間・食生活・家庭(学校)環境など)や現在の病気・過去の病気をお聞きします。




STEP4 採血などの検査

【レントゲン画像検査】
お子さんの骨の発育程度(骨年齢)を同性・同年齢の子どもと比較するために、骨の発育程度(骨年齢)を画像から調べます。基本的には両手のレントゲンから判断します。


【採血検査】
一般的な項目と骨の成長に必要なホルモン(甲状腺刺激ホルモン・甲状腺ホルモン・性腺刺激ホルモン・IGF-1)を検査します。



STEP5 検査結果説明

1~2週間後に再来院していただき、検査の結果を説明致します。
結果から、必要な方に対してホルモン治療を開始します。




STEP6 精密検査

スクリーニング検査の結果から必要と判断したときに行います
・ 成長ホルモン分泌刺激試験
・ 頭部画像検査(CT, MRI):下垂体の形や脳腫瘍の有無などを調べます
・ 染色体検査:女児のターナー症候群などを疑った場合に行います


成長ホルモン分泌刺激試験とは?

1)インスリン
血糖値を下げて成長ホルモンの分泌を刺激します。インスリン投与前と静注投与後30分ごとに採血し、120分間行います。

2)アルギニン
アミノ酸の一種で、30分間点滴で投与します。アルギニン投与前と点滴開始後30分ごとに採血し、120分間行います。

3)L-DOPA
パーキンソン病の治療薬ですが、脳の中に入るとドーパミンという物質に変わり成長ホルモンの分泌を刺激します。経口で投与しL-DOPA投与前と投与後30分ごとに採血し、120分間行います。服用により時に吐き気・めまいが起こることがありますが自然に改善します。

4)クロニジン
高血圧の治療薬で脳を刺激して成長ホルモンの分泌を刺激します。経口で投与し、投与前と投与後30分ごとに採血し、120分間行います。時に血圧の低下眠気が起こる場合があります。

5)グルカゴン
血糖を上げることでインスリンの分泌を促進し、その結果血糖が通常のレベルまで低下します。脳に体が低血糖の状態と判断させ、成長ホルモンの分泌を促進させます。皮下注射にて投与し、投与前と投与後30分ごとに採血し、180分間行います。

これらの薬剤のうち、2種類以上行うことが必要です。保険適応になるためには2種類共に6 ng/mL以下になる必要があります。
これらの検査を、外来で行います。検査費用は保険適用で行えます。



STEP7 治療

スクリーニング検査の図のように、低身長の原因となるホルモンは甲状腺ホルモン・性ホルモン・成長ホルモンとソマトメジンC ( IGF-1 )が挙げられます。

検査の結果から、甲状腺や性ホルモン不足に対してはその補充療法を検討します。成長ホルモン(GH)の分泌不全に対してはGHの補充療法を行い、IGF-1の分泌不足(GHレセプター異常・IGF-1遺伝子異常など)に対してはIGF-1の補充療法を行います。

治療は全て注射で行います。保護者あるいはお子さん本人が家庭で行っていただきます。成長ホルモンはたんぱく質の一種なので、口から飲んでも胃や腸で消化されてしまうので、注射で体内に補う必要があります。

サプリメントなどの有用性は医学的(科学的)に認められておりませんのでご注意ください。また治療は長期間に及ぶため、定期的に通院していただき採血などの検査を行います。

小児治療