側弯症

症状

背骨が左右に湾曲し、背骨自体のねじれを伴う状態を「側弯症(そくわんしょう)」といいます。通常は小児期に見受けられる脊柱変形のことをいいます。主な症状としては、左右の肩の高さが非対称、肩甲骨の突き出し、腰の高さの違い、胸郭の変形、肋骨や腰部の隆起、などが見受けられます。症状が進行すると腰背部の痛み、心肺機能の低下が起こります。

原因と病態

日本では女の子によく見られ、発生頻度は1〜2%程度と言われています。側弯症の中でも原因不明の側弯のことを特発性側弯症と呼び、全体の6〜7割を占めています。
その他先天的な側弯の異常を先天性側弯症、また、神経や筋の異常により発症する側弯を症候性側弯症といいます。

診断

診察方法は子供に前傾姿勢の状態をとらせて後ろから脊柱を観察する方法です。

症候性側弯症の判別を行うには神経学的検査やMRIを用いた検査が有効とされています。短い期間で症状が悪化する場合には年に数回の診察が必要です。レントゲンで撮った脊柱全体の写真から側弯の症状を角度で表しますが、同時に脊椎骨や肋骨に異常がないか確認します。

予防と治療

側弯症は、学校検診でも実施されています。弯曲が進む前に診断を行い、適切な治療を開始することが大切だからです。

治療は症状の原因や進行具合、年齢によって変わります。特発性のもので症状が軽い場合には、経過観察ですみますが、症状が進行してしまった場合には治療用装具を用いた治療を行います。特に、脊椎が成長する思春期に悪化しやすいため、症状の進行具合によっては矯正のための手術が必要になる場合があります。

それ以外にも先天性や症候性のもので、症状の悪化が懸念される場合にも手術での治療が必要と判断される場合もあります。

監修医師紹介

監修医師紹介

西新宿整形外科クリニック 川原 昭久 院長 Akihisa Kawahara

  • 【所属学会】
    日本整形外科学会
  • 【資格】
    日本専門医機講認定 整形外科専門医
  • 【学会発表実績(筆頭演者として)】
    神奈川整形災害外科研究会