足関節果部骨折(脱臼骨折)

足関節は解剖学的に、脛骨・腓骨・距骨の3つの骨で構成されており、足関節の内果と後果は脛骨の遠位部にあたり、足関節外果は腓骨遠位部にあたります。

症状

骨折の状態や転位の程度によって異なりますが、足関節部に痛み、腫れ、皮下出血、外反変形、内反変形などがみられ、足をついて歩行することが困難になります。

原因と病態

高所からの転落・転倒や跳躍により足関節に強い外力が働くと、足関節周囲の靱帯損傷や骨折が生じます。
足部が回外または回内位をとるような肢位で、距骨が外旋または内転、外転するような強い外力が働くことによって生じます。その結果、様々な骨折や靱帯損傷の組み合わせた病態になります。

これらをまとめた代表的なものにLauge-Hansenの分類があります。
Laugeは「足部の肢位」、Hansenは「下腿に対する距骨の動き」を示します。

1.Supination-external rotation(回外―外旋)

高頻度に見られ、前脛腓靱帯損傷に次いで外果のらせん骨折が起こります。
重症の際は後果骨折、内果骨折も伴う場合があります。

2.Pronation-external rotation(回内―外旋)

内果の横骨折が生じる。重症になれば前脛腓靱帯損傷に次いで、外果より高位の腓骨らせん骨折が生じて、後果骨折も生じる場合があります。

3.Supination-adduction(回外―内転)

外果の横骨折が生じ、次いで内果の垂直方向に骨折線が入る骨折を生じます。

4.Pronation-abduction(回内―外転)

内果の横骨折が生じ、次いで外果の短い斜骨折が生じます。

診断

受傷した原因を聞き、足関節の腫れ・圧痛・変形・皮下出血を確認してレントゲン検査で確定します。粉砕の強い場合は、CT撮影が必要になることもあります。

予防と治療

骨折の転位が少ない場合や、徒手整復で整復位が得られれば外固定で保存的に治療可能です。
整復位が得られても保持が難しい不安定性が強い場合や、十分な整復位が得られない場合は関節内骨折なので少しでも転位があれば手術が必要となります。

監修医師紹介

監修医師紹介

西新宿整形外科クリニック 川原 昭久 院長 Akihisa Kawahara

  • 【所属学会】
    日本整形外科学会
  • 【資格】
    日本専門医機講認定 整形外科専門医
  • 【学会発表実績(筆頭演者として)】
    神奈川整形災害外科研究会