足関節捻挫

症状

足首である足関節の捻挫のほとんどは、足関節を内側に捻って生じ、足関節外側の靭帯である前距腓靱帯が損傷します。
外くるぶし(外果)の前や下に痛みがあり腫れが現れます。また、外くるぶしの前や下を押さえると痛みます。

原因と病態

スポーツの他に歩行時でも段差などで生じる場合があります。
捻挫とは、関節にかかる外力によって非生理的運動が生じ、関節を支持している靭帯や関節包が損傷することです。足関節では前距腓靱帯が損傷されることが最も多い病態です。

靭帯の損傷程度により、捻挫の程度を三つに分類しています。
1度捻挫は靭帯が伸びる程度の損傷、2度捻挫は靭帯の一部が切れるもの、3度捻挫は靭帯が完全に切れるものと定義しています。

診断

足を捻ったという訴えがあり、外くるぶし(外果)の前や下に押すと痛みがあり、腫れがあれば診断がつきます。
レントゲン写真で骨折の有無を確認します。靱帯損傷が高度の場合はストレスをかけてレントゲン写真を撮影します。

予防と治療

1度捻挫と2度捻挫は応急処置の基本と同様にRICE処置を行います。
3度捻挫ではRICE処置を行い、さらに2~3週間の固定をすることがあります。稀に不安定性の強いものには、手術を行うこともあります。

監修医師紹介

監修医師紹介

西新宿整形外科クリニック 川原 昭久 院長 Akihisa Kawahara

  • 【所属学会】
    日本整形外科学会
  • 【資格】
    日本専門医機講認定 整形外科専門医
  • 【学会発表実績(筆頭演者として)】
    神奈川整形災害外科研究会