距骨骨軟骨損傷

症状

足関節を捻挫した時に発生することが多く捻挫後も長期に渡り痛みが続きます。
通常、スポーツ後に足関節に痛みや腫れが現れます。

原因と病態

捻挫などの強い力が加わった時に距骨が脛骨や腓骨の関節面と衝突し骨軟骨損傷が生じると考えられています。しかし、明らかな怪我がなくても毎日繰り返される運動で徐々に発生する場合もあります。

診断

レントゲン検査で診断しますが撮影の方向によっては、はっきりしないこともあり、CT検査やMRI検査で確認します。

予防と治療

外傷後、早い時期ならギブス固定などの局所の安静で治ることもありますが、陳旧例の場合は手術が必要になることが多いです。
再発予防として、足関節捻挫の予防と同様に足関節周囲の筋肉を鍛えてバランスをとる訓練が重要です。

監修医師紹介

監修医師紹介

西新宿整形外科クリニック 川原 昭久 院長 Akihisa Kawahara

  • 【所属学会】
    日本整形外科学会
  • 【資格】
    日本専門医機講認定 整形外科専門医
  • 【学会発表実績(筆頭演者として)】
    神奈川整形災害外科研究会