大腿骨頚部骨折

症状

大腿骨頸部骨折では、脚の付け根の股関節部に痛みがあり、ほとんどの場合は立つことや歩くことができなくなります。

原因と病態

大腿骨は股関節からすぐのところにある大腿骨頸部で曲がっています。人間はその曲がった大腿骨で体を支えていますが、曲がったところは転倒や転落した場合に外力が集中しやすくなるので骨折しやすいです。

この骨折は骨粗鬆症で骨がもろくなった高齢者に多く、日本国内でも年間10数万人が受傷して、多くの方が骨折を機に寝たきりや閉じこもりになってしまうため社会問題となっています。

医学的には、病態が大きく異なりますので、関節の中で折れる場合の大腿骨頸部内側骨折と、それよりもう少し膝側の関節外で折れる場合の大腿骨頸部外側骨折の2つに分けて考えます。

頸部内側骨折は骨粗鬆症がある場合、少し脚を捻っただけでも発生します。よくあるのは高齢者が何日か前から足の付け根を痛がっていたが、ある日急に立てなくなったということも少なくありません。恐らく、立てなくなった時に骨折部でズレが生じたと考えられます。それに比べて外側骨折は、明らかな転倒・転落で発生します。

この二つの骨折で大きな違いは、内側骨折は血液循環が悪いため骨癒合が得られにくいが、その一方関節内のため周りにスペースがなく内出血も少ないことに比べて、外側骨折は骨癒合は得やすいが、受傷時の外力も大きく、内出血もするため全身状態に影響が出やすいということです。

診断

認知症などのためにはっきりとわからないこともありますが、もし高齢者が転んだりした後、立てなくなったら真っ先にこの骨折を考えて痛む場所を確認しレントゲン撮影で診断を行います。

亀裂骨折でレントゲン写真で判りにくい場合はMRI検査で診断することもあります。時々骨盤の亀裂骨折と間違えられることがありますが、骨盤の亀裂骨折では多くの場合歩行は何とか可能です。

予防と治療

予防としては、折れにくい骨を作るという意味で骨粗鬆症の治療を行うことと、転倒しにくい環境を整えるという2点が挙げられます。骨粗鬆症の治療は食物、薬物、運動ということになりますが、女性の場合は正常でも更年期以後年率で1%づつカルシウム量が減るといわれており、普段から検診等でチェックすることが大切になります。

もし、骨折が発生してしまった場合は、安静期間中に認知症や、廃用萎縮といって動けないうちに運動機能がおちて寝たきりになってしまうことがあるため、何らかの手術療法を考えることが増えています。

なお内側骨折の場合は骨頭壊死といって、血流障害で後ほど骨がつぶれてしまう合併症にも注意することが必要となります。

監修医師紹介

監修医師紹介

西新宿整形外科クリニック 川原 昭久 院長 Akihisa Kawahara

  • 【所属学会】
    日本整形外科学会
  • 【資格】
    日本専門医機講認定 整形外科専門医
  • 【学会発表実績(筆頭演者として)】
    神奈川整形災害外科研究会