肘内障

症状

子供が手を引っ張られた後などに痛がり、腕を下げたままで動かさなくなります。

原因と病態

肘の靱帯から肘の外側の骨である橈骨頭が外れかかることにより起こります。多くの場合は5歳以下の子供にみられます。

肘内障

診断

受傷時の状況と、肘をやや曲げた状態で下げたままになり、痛がって動かせそうにないと肘内障が疑われます。
骨折や脱臼と判別するためにレントゲン検査を行い、骨や関節に異常がないかを確認します。

治療

徒手整復を行います。整復の後はいつもと同じように腕を使用しても問題ありません。ただ、手を引っ張られることにより繰り返すこともあるので注意してください。

監修医師紹介

監修医師紹介

西新宿整形外科クリニック 川原 昭久 院長 Akihisa Kawahara

  • 【所属学会】
    日本整形外科学会
  • 【資格】
    日本専門医機講認定 整形外科専門医
  • 【学会発表実績(筆頭演者として)】
    神奈川整形災害外科研究会