上腕骨顆上骨折

症状

転倒や転落などで肘に激しい痛みと腫れがあり、痛くて肘が動かせない場合に上腕骨顆上骨折を疑います。骨折片で神経や血管が損傷すると、手や指がしびれたり動かせなくなることがあります。

原因と病態

ほとんどの場合、転んで手をついたり、遊具(鉄棒やうんていなど)から転落して肘が反ることで骨折するため、子供によくみられる骨折です。

診断

レントゲン検査で診断を行います。

治療

変形の程度が軽い場合、ギプスやキャストによる固定を行います。
変形が大きくて不安定な場合は、手術治療を行います。
腫れがひどい場合、牽引治療を行うこともあります。

■合併症

神経や血管が損傷されることがあります。血管損傷の場合は早急に手術が必要です。
骨折した部分では骨が曲がって癒合することで、内反肘などの変性が残ることがあります。

監修医師紹介

監修医師紹介

西新宿整形外科クリニック 川原 昭久 院長 Akihisa Kawahara

  • 【所属学会】
    日本整形外科学会
  • 【資格】
    日本専門医機講認定 整形外科専門医
  • 【学会発表実績(筆頭演者として)】
    神奈川整形災害外科研究会