腰椎分離症・分離すべり症

症状

腰痛(腰のベルトのあたりの痛み)、もしくはお尻や太腿の痛みを出す場合があります。
腰椎を後ろに反らせた時に痛みが強くなります。

10~15歳ごろから腰痛は生じますが、青少年から高齢者までと幅広い範囲に渡って腰痛・下肢痛・しびれなどが出ます。

原因と病態

腰椎分離症・分離すべり症

原因のほとんどは、中学生期など体が柔らかい時に、ジャンプや腰の回旋を行うことで腰椎の後方部分に亀裂が入り発症します。一回で引き起こすケガとは違い、スポーツなどの反復練習で腰椎をそらしたり回したりすることで起こります。割合は一般の人で5%程度の人が、スポーツ選手では30~40%の割合で分離症になります。
分離症は10代で起こりますが、それが原因となることで徐々に「分離すべり症」へと進行していく場合があります。

診断

分離症の診断は側面、もしくは斜めからのレントゲン像で行います。
分離すべり症ではMRIでははっきりしません。それは脊柱管(馬尾神経が入っている部分)は狭くならないからです。
分離している部分で神経根が圧迫されていることが多いため、神経根ブロックを用いて明らかにします。

予防と治療

発症しても強い痛みや日常生活への障害等はなく、普段通り生活できることがほとんどです。腹筋・背筋を強くして、腰痛予防を心がけます。

腰痛や神経根の圧迫により臀部や下肢の痛みで日常生活や仕事などに支障をきたしてしまった場合、神経の圧迫を除去する手術や固定術等が行われます。

監修医師紹介

監修医師紹介

西新宿整形外科クリニック 川原 昭久 院長 Akihisa Kawahara

  • 【所属学会】
    日本整形外科学会
  • 【資格】
    日本専門医機講認定 整形外科専門医
  • 【学会発表実績(筆頭演者として)】
    神奈川整形災害外科研究会