腰椎変性すべり症

症状

腰椎変性すべり症では腰部脊柱管狭窄症と似たような症状が出ます。
短い距離であれば歩くことができるのですが、立ったり、歩いていたりするとお尻や太ももの部分に痛みが生じ、歩けなくなってしまいます。その場合は少ししゃがんで休めば楽になり、また歩くことができるようになります。

歩行距離は患者さんや日によって変わってきます。腰痛(腰のベルトが当たるあたり)は少なく、場合によっては腰痛が全くない、という患者さんもいます。

原因と病態

腰椎には馬尾神経が入った硬膜管が通っている穴がありますが、これを脊柱管といいます。
すべり症では腰椎がずれてしまい、脊柱管が狭くなり、馬尾神経や神経根が圧迫されて症状が出ます。

診断

腰椎の「ずれ」はレントゲンによって診断します。
腰椎を前後に曲げた状態で撮影することによって正確な診断がつきます。

また、神経の圧迫程度などはMRI検査によって判明します。

予防と治療

腰痛に対しては、日常的に意識して腹筋を使うこと、腰痛がでた場合には腰を動かしてストレッチすることが予防になりますが、すべり症に関しては効果のあるはっきりとした予防はありません。

薬や腰椎の牽引・温熱、硬膜外注射を行っても症状が改善されず、歩行や直立状態の保持が制限されてしまうなど、日常生活に支障が出てきてしまった場合手術的治療を検討します。
手術は「ずれ」や「動き」の状態によって神経の圧迫をとる場合と固定術を行う場合があります。

監修医師紹介

監修医師紹介

西新宿整形外科クリニック 川原 昭久 院長 Akihisa Kawahara

  • 【所属学会】
    日本整形外科学会
  • 【資格】
    日本専門医機講認定 整形外科専門医
  • 【学会発表実績(筆頭演者として)】
    神奈川整形災害外科研究会