変形性関節症

関節症では機械的刺激などにより軟骨の変性・磨耗を生じ、また関節周囲を取り囲む滑膜の炎症が併発して変性が加速します。
同時に関節周囲の骨軟骨形成などの増殖性変化を伴うこともあります。
それらの変化により血管増生や神経線維の増生をともなう関節包の線維化が起こり痛みが感じやすくなります。

当院では再生医療関節専門外来を行っております。
変形性関節症は整形外科への受診が予防や治療の出発点となります。

変形性関節症について医師が解説

全身的要因としては、加齢や肥満、性別、遺伝的素因などが挙げられ、局所的要因として関節の不安定性、関節外傷、関節への力学的ストレスなどがあります。
当院では症状・部位に合わせて、ヒアルロン酸注射やリハビリ、投薬などを組み合わせて治療を行っており、また再生医療の種類も豊富に取り揃えております。
川原 昭久 院長
川原 昭久 院長

監修医師紹介

監修医師紹介

西新宿整形外科クリニック 川原 昭久 院長 Akihisa Kawahara

  • 【所属学会】
    日本整形外科学会
  • 【資格】
    日本専門医機講認定 整形外科専門医
  • 【学会発表実績(筆頭演者として)】
    神奈川整形災害外科研究会