当院は第二種再生医療等提供計画取得済みの医療機関です。

当院は第二種再生医療等
提供計画取得済みの医療機関です。

西新宿整形外科クリニックは第二種再生医療等計画を厚生労働省に提出し受理されました。(再生医療提供計画番号 PB3160030)
再生医療は、これまで有効な治療法のなかった疾患の治療ができるようになるなど、国民の期待が高い一方、新しい医療であることから、安全性を確保しつつ迅速に提供する必要があります。
このため、平成26年11月に厚生労働省は再生医療等を提供しようとする者が講ずべき措置を明らかにするとともに、特定細胞加工物の製造の許可等の制度等を定めました。各医療機関は治療の内容(リスク)に応じて第一種~第三種の厚生労働省の許可を得なければ再生医療を患者様に提供することはできません。当院では第二種再生医療等計画が受理されたため、幹細胞を用いた最先端の再生医療を提供することができるようになりました。最新のクリーンベンチ(無菌状態で作業を行う装置)も導入し、より安全でクリーンな環境で再生医療を提供できる体制が整っています。

第二種再生医療ADRCとは?田邊医師が動画で解説

国内外の最先端の優れた関節治療を導入

日本では新治療が開発されても保険認可がおりるまでに10年以上の時間がかかる為、保険診療のみを扱っているクリニックでは最新の治療法は提供されていません。
当院では自由診療の治療をメインで扱っているため、世界中の治療の中から最も優れていると判断した最先端の治療を導入し、関節痛に悩んでいる方達の治療の選択肢を増やします。

入院不要の日帰り治療

当院では患者様の身体への負担をできるだけ減らす努力をしており、全身麻酔や半身麻酔が必要なく、入院も不要な日帰り治療を提供しています。
手術ではない方法で治療を考えている方に選ばれています。

変形性膝関節症をはじめ膝の痛みでお悩みの方に

変形性膝関節症をはじめ膝の痛みでお悩みの方に

変形性膝関節症と言っても症状はかなり人によって違います。
また、疼痛の原因も人によって大きく異なります。あなたの膝のお痛みにあった再生医療を整形外科専門医がご提案いたします。

膝OAの重症度分類(Kellgren-Lawrence:KL分類)

監修医師紹介

西新宿整形外科クリニック医師紹介

西新宿整形外科クリニック 院長 田邊 雄 医師 Yu Tanabe

  • 【所属学会】
    日本整形外科学会、日本再生医療学会、日本抗加齢医学会
  • 【資格】
    医師、医学博士、整形外科専門医
  • 【専門】
    膝の再生医療、小児低身長
  • 【経歴】
    • 富山県立富山中部高等学校卒業
    • 金沢医科大学医学部医学科卒業
    • 順天堂医院 初期研修医
    • 順天堂医院 初期研修修了
    • 順天堂医院 整形外科入局
    • 順天堂大学大学院 整形外科学講座
    • 下記順天堂医院関連施設にて勤務・研修
      (順天堂本院、順天堂練馬、伊東市民病院、宮川病院、
      杏雲堂病院、浅草病院、東部地域病院、賛育会病院、王子病院 等)
    • 日本整形外科学会認定 整形外科専門医取得
    • 順天堂大学大学院 医学博士取得
    • SBCグループ・西新宿整形外科 入職
    • 西新宿整形外科  医院長
    • ロコモアドバイスドクター 就任
      (「ロコモ チャレンジ!推進協議会」公認)
  • 【学会発表実績(筆頭演者として)】
    • 国内学会
    • 日本整形外科学会学術総会
    • 日本整形外科学会骨・軟部腫瘍学術集会日本整形外科学会基礎学術集会
    • 日本抗加齢医学会総会
    • 日本癌学会学術総会
    • 日本電気泳動学会総会
    • 日本義肢装具学会学術大会 等
  • 【国際学会(筆頭演者として)】
    • ORS (Annual Meeting of the Orthopaedic Research Society)
    • CTOS (Connective Tissue Oncology Society)
    • ISLOS (International Society of Limb Salvage General Meeting )
    • The International Academy of Sportology 等
  • 【学会発表実績(筆頭演者として)】
    • IRE1α-XBP1 inhibitors exerted anti-tumor activities in Ewing's sarcoma Oncotarget. 2018 Mar 6; 9(18): 14428–14443.
      Yu Tanabe,1 Yoshiyuki Suehara,1 Shinji Kohsaka,2 Takuo Hayashi,3 Keisuke Akaike,1 Kenta Mukaihara,1 Taisei Kurihara,1 Youngji Kim,1 Taketo Okubo,1 Midori Ishii,1 Saiko Kazuno,4 Kazuo Kaneko,1 and Tsuyoshi Saito3
    • The Development of the Short-form of “25-Question Geriatric Locomotive Function Scale” Journal of Advances in Medicine and Medical Research, ISSN: 2456-8899, ISSN: 2231-0614 (Past),Vol.: 25, Issue.: 10
      Yu Tanabe1#, Yoshiyuki Suehara1*#, Yongji Kim1#, Shuko Nojiri2, Taketo Okubo1, Midori Ishii1, Takayuki Kawasaki1, Kiyoshi Matsuoka2, Keisuke Akaike1, Kenta Mukaihara1, Naoko Okubo3, Tsuyoshi Saito4 and Kazuo Kaneko1
    • An Outpatient-based Survey on the Recognition of Locomotive Syndrome in Japan: The Results of three Years of Surveys
      British Journal of Medicine and Medical Research, ISSN: 2231-0614,Vol.: 15, Issue.: 9
      Yu Tanabe1, Yoshiyuki Suehara1*, Taketo Okubo1, Yongji Kim1, Midori Ishii1, Takayuki Kawasaki1, Kiyoshi Matsuoka2, Keisuke Akaike1, Kenta Mukaihara1, Daisuke Kubota1, Naoko Okubo3, Yuichiro Maruyama1, Tsuyoshi Saito4 and Kazuo Kaneko1 等