野球肘

症状

成長期にボールを投げすぎることにより生じる肘の障害を野球肘と言います。
投球時や投球後、肘に痛みが生じます。肘の伸びや曲がりが悪くなり、突然動かせなくなることもあります。

原因と病態

繰り返しボールを投げることにより、肘への負荷が過剰になることが原因です。
肘の外側で骨同士がぶつかり、骨・軟骨が剥がれたり痛んだりします。肘の内側では靱帯・腱・軟骨が痛みます。肘の後方でも骨・軟骨が痛みます。

診断

野球をしていて肘に痛みがあり、動きも悪いなどの症状があれば野球肘が疑われます。
レントゲン検査やMRI撮影で診断を行います。

予防と治療

投球を中止することが重要で、肘の安静が大切です。
痛みを我慢して投球を続けていると症状が悪化して、場合によっては手術が必要になります。
手術には、骨に穴をあける方法、骨を釘のようにして移植する方法、肋軟骨や膝の軟骨を移植する方法などがあります。
スポーツへの復帰時期は、主治医とよく相談してください。

監修医師紹介

監修医師紹介

西新宿整形外科クリニック 川原 昭久 院長 Akihisa Kawahara

  • 【所属学会】
    日本整形外科学会
  • 【資格】
    日本専門医機講認定 整形外科専門医
  • 【学会発表実績(筆頭演者として)】
    神奈川整形災害外科研究会