肩腱板断裂

症状

40歳以上の男性が多く、男女比率は男62%、女38%となり、右肩に好発します。
発症年齢のピークは60代です。

肩の運動障害・運動痛・夜間痛が現れ、夜間痛で睡眠がとれないことが理由で受診されることが多いです。運動痛はありますが、多くの患者様は肩の挙上は可能です。

五十肩と異なるところは、拘縮、すなわち関節の動きが固くなることが少ないことです。他に、挙上するときに力が入らない、挙上するときに肩の前上面で軋轢音がするということもあります。

原因と病態

腱板断裂は、腱板が骨と骨に挟まれているという解剖学的関係と、腱板の老化があるので中年以降の病気といえます。
明らかな外傷によるものは半数を閉めていますが、残りは明確な原因がなく、日常生活動作の中で断裂が起こります。男性の右肩に多いことから、肩の使いすぎが原因となってことが推測されます。

断裂型は、完全断裂と不全断裂があります。若い年齢では、投球肩で不全断裂が起こることがあります。

診断

診察では、肩が挙上できるか、拘縮があるか、肩を挙上して肩峰の下で軋轢音があるか、棘下筋萎縮があるかを調べます。軋轢音や棘下筋萎縮があれば腱板断裂を疑います。
レントゲン検査では肩峰と骨頭の間が狭くなります。MRI検査の場合、骨頭の上方の腱板部に断裂の所見がみられます。

治療

■保存療法

急性外傷で始まった場合は三角巾で1~2週安静にします。
断裂部が治癒することはありませんが、70%は保存療法で軽快します。

保存療法では、注射療法と運動療法が行なわれます。
注射療法では、肩関節周囲炎を併発して夜間痛があると、水溶性副腎皮質ホルモンと局所麻酔剤を肩峰下滑液包内に注射しますが、夜間痛がなくなればヒアルロン酸の注射に切り替えます。腱板のすべてが断裂することは少ないため、残っている腱板の機能を賦活させる腱板機能訓練は有効です。

■手術療法

保存療法で肩関節痛と運動障害が治らない場合は手術を行ないます。手術には、関節鏡視下手術と通常手術があります。
関節鏡視下手術の方が低侵襲で、手術後の痛みが少ないため普及してきていますが、大きな断裂では縫合が困難なので直視下手術を選択したほうが無難です。

いずれの手術も、手術後は約4週間の固定と2~3ヶ月の機能訓練が必要です。

監修医師紹介

監修医師紹介

西新宿整形外科クリニック 川原 昭久 院長 Akihisa Kawahara

  • 【所属学会】
    日本整形外科学会
  • 【資格】
    日本専門医機講認定 整形外科専門医
  • 【学会発表実績(筆頭演者として)】
    神奈川整形災害外科研究会