変形性膝関節症

症状

男女比率は1:4で女性に多くみられ、高齢になるほど罹患率は高くなります。主な症状は膝の痛みと水が溜まることです。
初期では立ち上がり、歩きはじめなど動作の開始時にのみに痛み、休めば痛みがとれるのが特徴ですが、中期では正座や階段の昇降が困難となり、末期になると安静時にも痛みが取れずに変形が目立ち、膝がピンと伸びず歩行が困難になります。

原因と病態

変形性膝関節症

原因は関節軟骨の老化によることが多く、肥満や遺伝子も関与しています。また、骨折、靱帯、半月板損傷などの外傷、化膿性関節炎などの感染の後遺症として発症することがあります。
加齢によるものでは、関節軟骨が年齢とともに弾力性を失って遣い過ぎによりすり減って関節が変形します。

診断

問診や診察、時には触診で膝内側の圧痛の有無、関節の動きの範囲、腫れやO脚変形などの有無を調べてレントゲン検査で診断します。必要によりMRI検査などを行います。

予防と治療

■予防

太ももの前の筋肉である大腿四頭筋を鍛える
正座を避ける
肥満の場合は減量(ダイエット)する
膝を冷やさずに温めて血行を良くする
洋式トイレを使用する

■治療

症状が軽い場合、痛み止めの内服薬や外用薬を使ったり、膝関節内にヒアルロン酸の注射などを行います。また、大腿四頭筋強化訓練、関節可動域改善訓練などの運動器リハビリテーションを行ったり、膝を温めたりする物理療法を行います。足底板や膝装具を作成することもあります。

このような治療でも治らない場合、手術治療を検討します。これには関節鏡手術、骨を切って変形を矯正する高位脛骨骨切り術、人工膝関節置換術などがあります。

監修医師紹介

監修医師紹介

西新宿整形外科クリニック 川原 昭久 院長 Akihisa Kawahara

  • 【所属学会】
    日本整形外科学会
  • 【資格】
    日本専門医機講認定 整形外科専門医
  • 【学会発表実績(筆頭演者として)】
    神奈川整形災害外科研究会