再生医療・膝関節痛症関連コラム

初期症状は、動作を開始したときの痛み
立ち上がったとたんに膝が痛い、歩き始めると膝の痛みを覚える。こうした痛みを感じた場合、変形性膝関節症が疑われます。 初期では動作を開始したときに痛みを感じますが、休めば痛みがとれます。
整形外科でも始まっている再生医療
病気やケガ、あるいは老化のために損傷したり、変性したりした組織が、もとのように再生したら、どんなに素晴らしいでしょうか。 このような思いから進められているのが、再生医療による治療です。
脂肪のパワーを利用して、変形性膝関節症を治療
おなかに脂肪がたまって困っているという人は多いと思いますが、実はこの脂肪にはこれまであまり知られていなかったパワーがあり、最近、病気の治療にも応用され始めています。 おなかの脂肪を使った治療には、いくつかの方法がありますが、ADRCによる治療もその1つです。
血小板の治癒力を、変形性膝関節症に活かす
料理をしていてうっかり包丁で指を切ったり、転んで膝をすりむいたりした経験は、誰でもあると思います。 そうしたときの出血は、しばらくすると自然に治ってしまいます。人間は誰でも、傷を自然に治す力をもっています。
“膝が痛い”ときの検査と治療の基本
膝の痛みを訴えて医療機関を受診した際は、「いつから痛みが起こったのか」「どの部分が痛むのか」「どのような時に痛むのか(立ち上がったとき、歩きだしたときなど)」「これまでどのような病気をしたか」といったことを質問されます。
日本での研究も進められているES細胞
再生医療の話題で、iPS細胞と並んでよく登場するのがES細胞(Embryonic Stem Cell)です。日本語では胚性幹細胞と呼ばれ、体中のどんな細胞にも変化できる能力(多能性)と、無限に増殖できる能力を併せもっています。 1981年、イギリスの科学者マーティン・エヴァンス博士らが、マウスの受精卵(胚)を用いたES細胞の樹立に成功しました。
膝の痛みは飲み薬・貼り薬で治るの?運動療法は必要?
変形性膝関節症の特徴は、年齢を重ねるにつれて、膝の関節軟骨が弾力性を失い、すり減っていくことです。クッションの役割をしている関節軟骨がすり減ると、骨どうしが直接こすれ合うようになります。 すると、関節軟骨が削り取られ、そのかけらの刺激によって炎症が起こり、痛みを覚えるようになります。
話題のiPS細胞に期待できることは?
iPS細胞が一般の人にも知られるようになったのは、2012年、京都大学の山中伸弥教授が、ノーベル生理学・医学賞を受賞したことによるものです。 ただ、研究はもっと前から行われていて、山中教授らのグループが最初にiPS細胞に関する論文を発表したのは、2006年のことでした。
PRP療法は、どんなときに使われているの?
PRP(Platelet-Rich Plasma:多血小板血漿)療法は著名なスポーツ選手がケガの治療にとり入れたことで、多くの人に知られるようになりました。 PRP療法は、患者自身の血液をもとに、遠心分離装置などを用いてPRPを作製し、患部に注射するものです。PRPには新しい組織や細胞の成長を促す因子が豊富に含まれているため、炎症を鎮め、痛みの緩和に役立ちます。
膝に注射を打つ治療(ヒアルロン酸注射)
変形性膝関節症の治療は、初期の段階であれば運動療法や痛みを緩和する飲み薬・貼り薬などを使いながら様子をみることもできます。人によっては痛みが軽快し、日常生活を送ることに問題のない場合もあります。
金(GOLD)の特性と医療での使われ方
金(GOLD)といえば、宝飾品を思い浮かべる人が多いかもしれません。金が宝飾品に好んで使われるのは、化学的に安定していて腐食もしにくいため、長期間、美しい輝きを保ち続けるからです。
再生医療の安全性を確保するために
2007年に京都大学の山中伸弥教授がヒトiPS細胞の樹立に成功し、2012年にノーベル生理学・医学賞を受賞したことで、日本では再生医療に対する期待が高まりました。 一方、こうした技術の進歩や人々の関心の高まりに対して、この当時、まだ再生医療に対応するルールづくりが追いついていませんでした。
PRPに含まれる成長因子とは?
スポーツによる外傷・障害の治療や、変形性膝関節症の痛みの緩和に、血液の成分である血小板のもつ自然治癒力を活かしたPRP(Platelet-Rich Plasma:多血小板血漿)療法が用いられています。 PRPは特殊な技術で血液から血小板を多く含む部分を抽出したもので、これを患部に注射すると、傷んだ組織の修復や痛みの緩和が期待できます。
人工膝関節全置換術(TKA)で膝の痛みは治るのか?
変形性膝関節症による膝の痛みに対して、運動療法、薬物療法、再生医療などの治療が行われますが、それでも強い痛みで日常生活に支障をきたす場合は、手術が検討されます。 手術には大きく分けて、人工膝関節を使う方法と、人工膝関節を使わない方法があります。現在、最もよく行われているのが、人工膝関節を使う方法です。
人工膝関節単顆置換術(UKA)とその他の手術
人工膝関節を用いた手術には、膝関節をすべて人工関節に置き換える人工膝関節全置換術(TKA)と、膝関節の一部を人工関節に置き換える人工膝関節単顆(たんか)置換術(UKA)の2種類があります。どのような場合にUKAを選ぶのでしょうか。 変形性膝関節症では、膝関節の内側が大きく変形しているO脚(内反)タイプと、外側が大きく変形しているX脚(外反)タイプがあります。
間葉系幹細胞とは?
再生医療で使われている幹細胞には、大きく分けて、体のなかに存在している「体性幹細胞」、受精卵から培養してつくる「ES細胞」、人工的に作製する「iPS細胞」の3種類があります。このうち、医療への応用が最も進んでいるのが、体性幹細胞です。 体性幹細胞はいくつかの種類に分けられますが、そのなかの一つに「間葉(かんよう)系幹細胞」(Mesenchymal Stem Cells:MSC)があります。

こんな症状ありませんか?

写真
立ち上がった時や階段の上り下りの時、ふとした瞬間膝に痛みが走ることはありませんか?実はその痛み、膝関節が悲鳴を上げているサインかもしれません。 そこで今回は痛みの種類とその対処法についてご紹介します!
写真
膝は普段から重い体重を支えており、立ったり座ったりする日常の何気ない動作の中でも負担の多い場所です。 普段よく使う場所だけに痛みがあると気になりますね。今回は膝の内側がずきずきと痛む場合の原因と対処法についてご紹介します!
写真
加齢によって起こることの多い膝の痛み。何となく違和感を感じるけど年だから仕方がない。 と無理をしていませんか?ひざの痛みを放って置くと歩けなくなることも。早めの処置が肝心です。今回は女性に多い膝関節症についてご紹介します!
写真
膝に痛みがある場合、その症状から原因を探ることが出来ます。放って置くと悪化することが多いので、まずは原因をつきとめ、 早めに専門医を受診することが大切です。今回は膝の症状から見る膝関節痛の原因についてご紹介します。
写真
最初はなんとなく違和感を感じる程度だったのに、最近熱をもって腫れることがある。痛みが増してきた。 そんな症状ありませんか?膝に起こる痛みや腫れ、放って置くとどんどん悪化してしまいます。今回は膝に痛みや腫れがある場合の原因と対策についてご紹介します!
写真
走っている時や階段の下りで膝の外側に痛みを感じることはありませんか?痛みを感じる場合、ランナー膝かもしれません。 今回はスポーツをする人に多く見られる膝の外側の痛み腸脛靭帯炎、別名ランナー膝についてご紹介します!
写真
膝に痛みがある場合、その症状から原因を探ることが出来ます。放って置くと悪化することが多いので、まずは原因をつきとめ、 早めに専門医を受診することが大切です。今回は膝の症状から見る膝関節痛の原因についてご紹介します。
写真
特に運動したわけでも長時間歩いたわけでもないのに膝がイタイ。膝を使った覚えはないのになあ、なんて人はいませんか? 実はそれ、運動不足からくる膝の痛みかもしれません。今回は運動不足が原因で起こる膝の痛みと原因についてご紹介します!
写真
スポーツをした後何となく膝に違和感がある。しばらくしても痛みが取れない。そんな症状はありませんか? もしかしたら膝に炎症が起きているサインかもしれません。今回はスポーツをした後の膝の痛みとその原因と対策についてご紹介します!
写真
歩き始めに膝に違和感を感じる。立ち上がろうとしたら膝に痛みが!こんな経験はありませんか? 膝の痛みは主に膝の曲げ伸ばしの際に感じることが多いようです。今回はなぜ膝を曲げると痛むのか、痛みの原因と対処法についてご紹介します!
写真
幅広い年代で現れる膝の違和感。スポーツが原因だったり、体重増加が原因だったりと人によって原因は様々です。 膝の痛みは放って置くと歩けなくなるなど日常生活に大きな影響を与えることも。今回は膝に感じる違和感の症状から予測される原因をご紹介します。

膝の病気あれこれ

写真
膝の痛みは膝のけがや加齢により膝の軟骨や骨の変形が原因となって起こります。 そこに体重の増加やO脚など膝に負担がかかる条件が加わるとさらに悪化することに。 今回は膝の痛みを引き起こす原因と対策をご紹介します!
写真
膝に炎症が起こり痛みを起こす膝関節炎。膝に痛みがあると歩くのも苦痛ですよね。 炎症を引き起こす原因によっていくつか種類があり、症状も異なっています。今回は膝関節炎に伴う痛みの種類と原因、さらに治療法についてご紹介します!
写真
スポーツや交通事故の際、膝に激しい痛みを感じた場合は、膝関節が外れる膝関節脱臼が起こった可能性があります。 膝関節の外傷は時として緊急を要する重大な損傷が起こることもあります。今回は膝関節のけがにおいて、もっとも緊急性の高い膝関節脱臼についてご紹介します!
写真
膝の痛みを引き起こす可能性のある病気の一つに靭帯損傷があります。靭帯は骨と骨を繋ぐ大切な役割をしている組織で、靭帯が切れてしまうと膝の安定にも様々な障害が起こってしまいます。 今回は靭帯損傷の場合の膝の痛みや出方などについて詳しくご紹介します!
写真
歩き始めに膝に鈍い痛みを感じる、休み休みでないと歩くのがきつい、階段の昇り降りが辛くなってきた・・・そんな症状にお悩みの方はいませんか?実はそれ、変形性膝関節症の初期症状かもしれません。 今回は中高年に起こりやすい膝の異常、変形性膝関節症についてご紹介します!
写真
膝の痛みを引き起こす原因の一つに関節水腫があります。関節水腫が起こると膝がむくみ、だるい状態に。膝にたまる水の正体とは?どうしてこのような症状が起こるのか? 今回は関節水腫の原因と対策についてご紹介します!

膝の痛みに対する治療法とストレッチ

写真
膝関節の痛みは膝の動きの悪さも原因となります。膝関節の動きを良くして痛みを和らげるには、ストレッチが非常に効果的です。 病院でもリハビリの一環として取り入れているストレッチですが、今回は自宅でも気軽に出来るストレッチ方法をご紹介します!
写真
快適な歩行や動きに欠かせない膝や膝関節。自分の体のことなのに意外とどのような構造になっているか知っている人は少ないのではないでしょうか? 今回は膝や膝関節がどのような仕組みで体を支えているかその構造と仕組みをご紹介します!
写真
変形性膝関節炎にはリハビリや注射などの痛みを緩和する保存療法と手術療法があります。 ほとんどの場合保存療法が選択されますが、重度の場合手術が必要になることも。今回は変形性膝関節炎の手術方法と種類をご紹介します!
写真
膝に違和感や痛みを感じているけど我慢できないわけじゃないから、とそのままにしている人はいませんか? 膝の痛みは進行形のことが多く、放って置くとどんどん悪化してしまうことも。今回は病院で行う気になる治療方法をご紹介します!
写真
病院で行われる膝の痛みを和らげる保存療法の一つが、薬を使用した薬物治療です。 痛みの原因を根本的に改善することは出来ませんが、日常生活を困難にさせている痛みを軽減させるのに非常に有効です。今回は病院で処方される薬の種類と効果についてご紹介します!
写真
年を取ると膝がイタイ・・・とよく言われていますが、ではなぜ年を取ると膝が痛くなるのでしょうか?本当に年だけが原因でしょうか? 今回は加齢により起こる膝の痛みにスポットを当てて、痛みの起こる原因と解消法についてご紹介します!
写真
変形性膝関節症など、膝の炎症や痛みの治療によく使われる関節注射。実は関節注射には二種類あることをご存じでしょうか? 今回は関節注射の効果や使用される薬剤の種類、使用方法や注意点などについて詳しくご紹介します!