PRP-FD(PFC-FD)の3つの特徴

PRP-FDの3つの特徴

PRP-FDには7つの成長因子が含まれている

成長因子の濃度は、一般のPRPの2倍以上

自己血から精製するので、添加物フリー

PRP-FD(PFC-FD)とは?

PRP-FDとは?

PRP-FDとはPRP(多血小板血漿)を活性化と濃縮したものをフリーズドライ化したものです。
血小板は血管が損傷したとき損傷した場所に集まって止血をする働きがあります。そのさい、多量の成長因子を放出します。
この成長因子には組織修復のプロセスを開始する働きがあります。血小板の放出する成長因子を使って、治りにくい組織の修復を促したり、早く組織修復を促す方法がPFC-FD療法になります。
PRP-FDには組織修復を促す働きはありますが、どのような組織を作るかについて指示する働きはありません。

PRP-FD(PFC-FD)精製プロセス

  • 採血した自己血(40ml)を精製しPRPを作成します。
    採血した自己血(40ml)を精製しPRPを作成します。

    そのPRPを活性化させ、血小板由来の成長因子を抽出、無細胞化したうえで、濃縮し、血小板由来成長因子濃縮物を作成します。
    さらにフリーズドライ加工し、PRP-FDが出来上がります。

  • 通常のPRP2倍の成長因子を含むPRP-FD(PFC-FD)
    通常のPRP2倍の成長因子を含むPRP-FD(PFC-FD)

    PRP-FDは、製造工程で、血小板を高濃度に濃縮することによって、成長因子濃度も高くなり得られる成長因子総量(7種)も同量の血液から作るPRPと比べ約2倍となります。

  • 7つ成長因子
    7つ成長因子

    PDFG(血管新生・細胞増殖)
    TGF-β(線維芽細胞の増生)
    VEGE(血管新生)
    EGF(幹細胞の増殖・文化)
    FGF(筋細胞の増殖・血管新生)
    HGF(血管新生・線維化抑制)
    IGF-1(筋芽細胞・線維芽細胞の遊走、タンパク合成)

治療の流れ

治療の流れ
治療の流れ
0120-962-992 診療時間 | 9:15 〜 18:00 最終受付 | 17:00

再生医療PRP-FD(PFC-FD)治療の費用

 通常価格(税込)
再生医療
PRP-FD治療(PFC-FD)
1回¥285,180

最先端の再生医療「PRP-FD(PFC-FD)」なら
お悩みの解消が期待できます。

0120-962-992 診療時間 | 9:15 〜 18:00 最終受付 | 17:00

関連する治療一覧

監修医師紹介

西新宿整形外科クリニック 川原 昭久 院長 Akihisa Kawahara

  • 【所属学会】
    日本整形外科学会
  • 【資格】
    日本専門医機講認定 整形外科専門医
  • 【学会発表実績(筆頭演者として)】
    神奈川整形災害外科研究会

PRP-FD治療でのカウンセリングのご予約はこちらから

当院では患者様の疑問点、ご不明点を解消するために、医師によるカウンセリングを行っております。
あなたのお悩みやご要望に、専門の医師がお答えいたします。お気軽にご予約ください。

■ご予約お申込みには、個人情報の入力が必要となります。
■いただいた個人情報を使用して、営業の連絡等をすることは一切ありませんのでご安心下さい。

※ドメイン指定受信を設定されている方は、下記ドメインを受信できるよう設定を行って下さい。
@sbc.or.jp

以下の既往歴がある方、以下の薬剤使用中の方、高齢(70歳を越える)の方、
妊娠・授乳中である方は、処置や手術をお断りすることがあります。あらかじめ、ご了承ください。

◎既往歴
高血圧、糖尿病、喘息、てんかん、高度肥満(BMI30以上)、心臓病、アトピー、脳疾患、精神科疾患、膠原病、呼吸器疾患、腎機能障害、肝機能障害、血液疾患
◎薬剤使用中
ステロイド、免疫抑制剤、抗凝固剤・抗血小板剤など(血液をサラサラにする薬)

すべて必須となっております。必ずご記入下さい。
お名前
性別
年齢
※半角数字でご入力下さい。
電話番号
予約の確認をクリニックからさせていただきますので、
なるべく携帯電話の番号をご記入下さい。
携帯電話をお持ちでない方はご自宅の番号をご記入下さい。
連絡が取りやすい時間帯をご指定下さい。
プライバシーポリシーへの同意 同意する
プライバシーポリシーに関する情報はこちらからご確認頂けます。