貴方の膝の痛みの原因は?膝に抱える違和感の正体とは?

膝の違和感の症状

膝の痛みというと多くの人が高齢者を想像するかもしれません。 しかし実際には子供から大人まで膝に痛みを感じたことのある人は少なくないはずです。というのも膝関節は体重を支え、下半身の動作の要となる重要な関節であり、体の関節で最も太く、負担が大きい場所です。 日常の動きや何気ない動作でも膝には大きな負荷がかかっています。そこにけがによるダメージや軟骨の擦り切れが起こると途端に炎症を起こし、活動が制限されてしまいます。 若いからと言って痛みや違和感を放って置くと、後々歩けなくなるなど重大な障害の原因となる可能性もあります。 膝の痛みを感じたらすぐに膝を安静にし、無理な運動を控え、軽症のうちに正しい処置をすることが大切です。

膝の違和感の原因

膝の痛みや違和感の原因は様々ですが長期間ふくらはぎや太ももの筋肉を酷使する仕事やスポーツを行っていた人、 あまりケアをせずに膝を酷使してきた人は疲労の積み重なりにより膝の動きや膝関節の安定性に関わる人体や半月板、軟骨などの構造に大きな問題が生じる場合があります。
また、普段何気なくしている姿勢も膝に大きな負担を与えている場合があります。 どちらか片方の足だけに重心を掛けて立つ人や赤ちゃんを抱っこする際に腰に乗せる体勢など、膝関節の左右片方だけに負担を掛ける様な姿勢の癖は知らない間に膝に負担を与えています。
長期間負担が続くと軟骨の擦り切れや摩耗が起きて痛みの原因となるので日頃の姿勢や膝の使い方にも十分に注意を払いましょう。

違和感は膝の問題のサイン

膝に感じる違和感の原因としては
①変形性膝関節症
②スポーツや重労働による膝の酷使
③急激な運動による炎症
④O脚やX脚の影響
⑤ハイヒールや足に合わない靴
⑥肥満による体重増加
⑦運動不足や加齢による筋肉の衰え
⑧過去の怪我
などが挙げられます。加齢とともに起こるのが変形性膝関節症で、50歳以降の中高年、特に女性に多く見られます。 逆に若い人でもハイヒールや足に合わない靴を履くことで膝に負担がかかり慢性的な痛みを引き起こすことや肥満により日常的に膝に負担を与えることで膝に炎症を引き起こすこともあります。
自分にあてはまる膝の痛みの原因がわかったら、まずは原因を取り除く努力をしましょう。そのうえで悪化させないように治療に専念するのが大切です。