アルギニンは子供の頃は体内で合成されにくいと言われています


アミノ酸の一種であるアルギニンは、体内合成される非必須アミノ酸に属します。
しかし、体の機能が未発達な子供はアルギニンを合成する機能がうまく働きません。

そのため、子供の頃にアルギニンは準必須アミノ酸に分類されます。
アルギニンは成長をホルモンの分泌を促し、骨を作るなどお子さんの体の成長に欠かせない栄養素の一つです。子供の頃は不足しがちなので、食事から上手に摂取することが大事です。

アルギニンは体の機能が未熟な子供の頃は、体内で合成されにくいと言われています

アルギニンは人体の筋肉や骨、血液の源となるタンパク質を生成するアミノ酸の一種です。
アミノ酸は体内で合成される必須アミノ酸と、合成されない非必須アミノ酸に分けられます。

アルギニンは基本的には、必須アミノ酸に分類されます。
具体的には、エネルギーを作りだすにに欠かせない回路である、クエン酸回路のケトグルタル酸という物質から合成が始まります。
ただアルギニンの合成には問題点があって、実は年齢によって合成能力が違ってくるのです。

とくに幼少期の子供にあっては、体が未発達でアルギニンの合成能力が弱いため、体内でほとんど作ることはできないとされています。
そのため、子供の時期はアルギニンは準必須アミノ酸と呼ばれ、非必須アミノ酸には含まれません。

体が成長して大人になれば、体内である程度の量合成されるので非必須アミノ酸となります。
さらに大人であっても、体に酷いケガを負ったり敗血症になったりすると強いストレスがかかるので、アルギニンの合成量が減少してしまうこともあるのです。

とくに子供の時期は、アルギニンを積極的に摂取しましょう


子供の頃は、成長ホルモンの分泌を促し身長の伸びにも関係するアルギニンが不足しがちになります。
アルギニンを体内に取り込むためには、アルギニンを含んだ食材を食事から取り入れることが大事です。アルギニンは、豚のヒレ肉や鶏の胸肉、サバやしらす干し、かつお節やきな粉、ゴマや高野豆腐といった肉類や魚類、豆類に多く含まれます。

毎日の食事の中で、栄養バランスを考えながらこういった食材を上手に取り入れ、お子さんの体内のアルギニンが補えるように工夫してあげてください。
また、アルギニンの作用を高め、成長ホルモンの分泌をより促進するためには、ビタミンB6やC、Eなどの栄養素を一緒に摂取するのも効果的です。

ビタミンCは主にイチゴや柑橘系の果物に、ビタミンEはゴマやアーモンドなどのナッツ類、植物油などに多く含まれます。さらに、ビタミンB6はタンパク質の代謝を促す栄養素で、主にマグロの赤身やニンニクに含有しています。

食事に一品付け足すことで、アルギニンとの相乗効果が生まれやすくなるでしょう。

お子さんの身長の伸びが心配な場合は、専門クリニックに相談してみましょう

とくにお子さんに不足しやすいアルギニンを食事で補い、質のよい睡眠をたっぷりとって、適度な運動を生活に取り入れることは成長ホルモンの分泌量を増やすのに効果的です。
しかし、骨の成長によいとされる生活を送っていても、お子さんが同年齢の子と比べて低身長だと気になる親御さんもいるでしょう。

この場合、成長ホルモンの分泌に異常が生じている可能性も考えられます。
いくらアルギニンを摂取しても、成長ホルモンそのものの分泌機能がうまく働かなければ、骨の成長は望めません。

そのため、できれば小児低身長治療専門のクリニックへの受診を検討してください。
専門クリニックでは、お子さんのこれまでの成長曲線を作成し、問診やレントゲン撮影、血液検査や尿検査など詳しい検査を行います。
検査により、成長ホルモンの分泌機能に異常が分かれば、成長ホルモン療法が行われるのです。

成長ホルモンは経口摂取すると、胃腸で消化されてしまうのでほとんどの場合注射で直接体内に注入する方法がとられます。
治療に行うことで、身長の伸びも十分期待できます。

(まとめ)アルギニンは子供の体内で合成できないって本当?

1.アルギニンは子供の頃は体内で合成されにくいと言われています

アルギニンは体内合成できるアミノ酸ですが、子供の体では体内合成されにくく、不足しがちな栄養素の一つです。骨の成長にも関係する成長ホルモンの分泌を促す作用があるため不足しないように、食事などで補っていかなければなりません。

2.アルギニンは体の機能が未熟な子供の頃は、体内で合成されにくいと言われています

アルギニンはアミノ酸の一種であり、基本的には体内合成される準必須アミノ酸に分類されます。ただ、子供は体が未熟で合成する力が弱いため、体内では作られにくいので食事などで不足を補うことが大事です。

3.とくに子供の時期は、アルギニンを積極的に摂取しましょう

アルギニンは、豚肉や鶏肉、サバやきな粉などの食材に多く含まれています。不足しがちなお子さんの食事には、アルギニンを含む食材がバランスよく取り入れられるように親御さんは献立を工夫してあげて下さい。

4.お子さんの身長の伸びが心配な場合は、専門クリニックに相談してみましょう

アルギニンの摂取や睡眠、運動など成長ホルモンの分泌を促す生活を送っても、お子さんの低身長が改善されない場合もあります。その場合は、成長ホルモンの分泌機能が正常に働かない可能性もあるので、早めに専門のクリニックに相談することをおすすめします。

監修医情報

西新宿整形外科クリニック院長
齋藤まい医師
さいとう まい/Mai Saito

 

経歴
2006 年 関西医科大学 医学部医学科 卒業
療法人藤井会 石切生喜総合病院 臨床研修医
2008 年 大阪市立総合医療センター 整形外科勤務
2010 年 医療法人浩仁会 南堺病院  整形外科
2011 年 医療法人宝持会 池田病院  整形外科
2016 年 西新宿整形外科

運営者情報

運営クリニック 西新宿整形外科クリニック
住所 〒160-0023 京都新宿区西新宿7-21-3 新宿大京ビル7階
お問い合わせ 0120-962-992
院長 齋藤まい医師