アルギニンは骨端線を成長させる作用があるとされています


骨端線というのは、骨の成長時に出現する軟骨の成長線のことです。
骨端線の先端部の軟骨が増殖し、その後硬くなって骨となることで、骨ができて身長が伸びていきます。

アルギニンは、軟骨の増殖を促す成長ホルモンの分泌をサポートするアミノ酸です。ただ、アルギニンは子供の体内で合成されにくいため、不足しがちになります。
骨端線を成長させるには、アルギニンを食事などから上手に補う必要があります。

アルギニンの作用により、骨端線は成長が促されます

そもそも、骨端線というのはちょうど骨と骨のつなぎ目にある軟骨組織の集合体、軟骨の成長帯のことです。この軟骨組織は、脳の下垂体から分泌される成長ホルモンの刺激を受けて活性化します。

栄養素を取り込んで増殖を繰り返すことで骨の隙間を押し広げ、石灰化してやがて骨の一部と化します。背骨や大腿骨、脛骨の軟骨組織が増えて骨が伸びれば、すなわち身長の伸びにつながるのです。

また、開いた状態である骨端線は成長期をすぎると徐々に閉じて、大人になると見えなくなります。
骨端線が開いている状態で、成長ホルモン分泌を促すことで身長の伸びが期待できるというわけです。

そして成長ホルモンの分泌を活発化させるのに欠かせない栄養素こそが、アルギニンなのです。
アルギニンは、アミノ酸の一種であり、大人になれば体内で合成されます。

ただし、子供のうちは体が小さいためなかなか合成されません。
そのため、十分な量のアルギニンを確保するには食事から補給する必要があるのです。
アルギニンを含む食材は、豚ヒレ肉や鶏胸肉、しらす干しやきな粉など肉類や魚類、豆類が主とされています。

これらの食材をお子さんの食事にうまく取り入れていくことが大切と言えるでしょう。

アルギニンには骨端線を伸ばす以外にもさまざまな効果があります


アルギニンには、成長ホルモンの分泌を促して軟骨組織を増殖させ、骨端線を伸ばすので成長期のお子様には欠かせないアミノ酸だと考えられています。
また、筋肉や血液、骨を作るタンパク質はアルギニンを含む数種類のアミノ酸からできています。

そのためアルギニン自体も軟骨組織が増殖する際の栄養素としての役割を担っており、骨を作るエネルギーの元であるとも言えるでしょう。
また、アルギニンには血管を拡張させて血流を促す作用があります。

血流がスムーズになればそれだけ骨の代謝も早くなるので、身長の伸びが加速することにもつながります。そして血管に弾力性か加わることで、動脈硬化などの病気予防にも役立つのです。

さらに、アルギニンには体内に侵入したウイルスや細菌を除去する免疫細胞を活性化する作用もあります。免疫力が向上するため、病気にかかりにくくなったり、ケガをしても傷の治りが早くなったりといった効果も期待できます。

ほかにも、肌の保水力を高める尿素の生成を促す作用もあるため、肌の乾燥や肌荒れを防ぐのにも効果的なのです。

骨端線の成長には生活習慣の改善も必要です

骨端線を成長させてお子さんの身長の伸びを良くするには、これまで述べてきたようにアルギニンの摂取は必要不可欠とも言えます。
しかし、食事からのアプローチだけでは、なかなか思うような成果は得にくいとも言われています。
骨端線の成長を望むなら、成長ホルモンの分泌をより盛んにするための生活を送る必要があるでしょう。

まず、睡眠中は成長ホルモンの分泌が盛んになるのでしっかり睡眠時間を確保し、熟睡できる環境を整えることが大事です。
寝る前のテレビやスマホは控え、部屋を暗くして体を冷やさないようにしましょう。

また、ストレスは成長ホルモンの分泌を阻害するので、お子さんの話をよく聞いてあげることや、外出するなど気分転換をさせることも必要です。
休みの日は公園で一緒に走り回ったり、好きなスポーツをさせたりなど適度な運動も欠かせないでしょう。

しかし、もし成長ホルモンの分泌によい生活をしていても、なかなか身長に反映されない場合は、低身長が疑われる場合もあります。
一度専門のクリニックを受診し、詳しく検査を行ってみてもよいかもしれません。

(まとめ)骨端線の成長にアルギニンがよいって本当?

1.アルギニンは骨端線を成長させる作用があるとされています

軟骨組織が集まる骨端線は、軟骨が増えることで成長し身長が伸びていきます。軟骨の増殖は成長ホルモンにより活発化しますが、成長ホルモンはアルギニンによって分泌が促されるのです。

2.アルギニンの作用により、骨端線は成長が促されます

骨と骨の間に集まった軟骨組織を骨端線と呼びます。軟骨組織が増えて石灰化し、骨になるとどんどん積み重なり身長の伸びにもつながります。軟骨の増殖を促す成長ホルモンの分泌を盛んにするのが、アミノ酸の一種であるアルギニンです。

3.アルギニンには骨端線を伸ばす以外にもさまざまな効果があります

アルギニンには、成長ホルモン分泌を促すと同時に、骨となる軟骨組織が増殖する際の栄養素にもなります。さらに、血管を広げて血流を促す、免疫細胞を活性化させて、免疫力を高めるなどさまざまな作用があります。

4.骨端線の成長には生活習慣の改善も必要です

骨端線の成長には、生活習慣を見直して睡眠不足にならないように、また成長ホルモンの分泌量が増えるよう質のよい睡眠をとることが大事です。ほかにも適度な運動も骨の成長には効果的だとされています。

監修医情報

西新宿整形外科クリニック院長
齋藤まい医師
さいとう まい/Mai Saito

 

経歴
2006 年 関西医科大学 医学部医学科 卒業
療法人藤井会 石切生喜総合病院 臨床研修医
2008 年 大阪市立総合医療センター 整形外科勤務
2010 年 医療法人浩仁会 南堺病院  整形外科
2011 年 医療法人宝持会 池田病院  整形外科
2016 年 西新宿整形外科

運営者情報

運営クリニック 西新宿整形外科クリニック
住所 〒160-0023 京都新宿区西新宿7-21-3 新宿大京ビル7階
お問い合わせ 0120-962-992
院長 齋藤まい医師