英語サイトはこちら中国語サイトはこちら韓国語サイトはこちら
低身長専門西新宿整形外科クリニック
完全予約制お電話でのお問い合わせ
西新宿整形外科クリニックへのお電話はこちらから 0120-962-992
ご来院の方でもご予約がない方に関しましては、診療をお断りさせて頂いております

平均より低かったら問題

「うちの子は平均身長より低いから低身長かもしれない」と不安を感じる親御さんも少なくないかもしれません。しかし、平均身長より低いからといって、それがすぐに低身長に結びつくとは限りません。ここでは、平均身長の捉え方と、低身長を判断するうえで目安となる基準についてご紹介します。

平均身長ってなに?

子供の「平均身長」は、文部科学省が発表している「学校保健統計調査報告書」から知ることができます。学校保健統計調査報告書とは、満5歳~17歳までの児童を対象に、その年の平均身長や平均体重、肥満傾向児童の出現率、主な疾病・異常(虫歯、アトピー性皮膚炎、喘息など)の割合と、これらの推移を調査した統計資料のことです。子供の発育や健康状態を明らかにすることを目的として、毎年4月~6月の期間に、健康診断の結果に基づいて調査が実施されています。

平成26年度の調査によると、子供の平均身長は以下のとおりでした。

年齢 男の子 女の子
5歳 110.3cm 109.5cm
6歳 116.5 cm 115.5cm
7歳 122.4 cm 121.5cm
8歳 128.0 cm 127.4cm
9歳 133.6 cm 133.4cm
10歳 138.9 cm 140.1cm
11歳 145.1 cm 146.8cm
12歳 152.5 cm 151.8cm
13歳 159.7 cm 154.8cm
14歳 165.1 cm 156.4cm
15歳 168.3 cm 157.0cm
16歳 169.8 cm 157.6cm
17歳 170.7cm 157.9cm

小児低身長外来

平均より低いとダメ?

平均身長と子供の身長を比べてみると、「うちの子はかなり小さい」と不安を感じる方もいるでしょう。しかし、身長の伸びは個人差が大きいものですし、平均よりも背が低いからといって低身長とは限りません。平均身長は、あくまでも参考程度と捉えましょう。低身長かどうかは、身長の「SDスコア」を使って判断することができます。

SDスコアの「SD」とは、「標準偏差」と言い、平均値からのばらつきの幅のことです。身長でいうと、同じ年齢の子どもと比べてどれぐらい高いか低いかを、平均値からSDの何倍離れているかによって表しているのが、SDスコアです。

上にあるのは、同性・同年齢の子供をたくさん集めたときの身長のばらつきを表した図で、横軸がSDスコア、縦軸が子供の人数です。真ん中の山が高くなっているところは、1番人数が多い身長、つまり平均身長(0SD)ということです。そして、真ん中から、1SD、2SD(もしくは−1SD、−2SD)と離れていくほど、身長が平均から離れていることを表します。

低身長とは−2SD以下の身長のことで、図の左端の部分がこれに該当します。その数は全体の2.3%、つまり、同性・同年齢の子供が100人いたときに、身長が低い方から数えて2~3人目までが低身長になるということです。平均より身長が低くても、−2SD以上であれば低身長とは定義されません。

性別、生年月日、身長を入力するだけでSDスコアを計算してくれるWebサイトもあるので、そういったものを利用してみるといいでしょう。また、「背が伸びないのは病気のせい?身長が平均より低くなる原因」のページにも、SDスコアを自分で計算する方法を記載していますので、そちらも合わせてご覧ください。

平均身長は年々伸びている?

最近は、手足がスラっと伸びた子供が増えてきました。実際、過去に比べて日本人の平均身長は、男女ともに伸びています。特に、女子は8~11歳、男子は12歳以降に、過去と比較した差が大きく、60年ほど前と比べると、女子(11歳)は11.9cm、男子(12歳)は14.3cmも平均身長が伸びています。

これには、生活環境(特に栄養状況)や外部環境が大きく改善したことが関係していると考えられており、このことからも、食生活が身長を伸ばすうえでとても重要な役割を果たすということが伺えます。

平均身長と子供の身長を比べてみると、「うちの子はかなり小さい」と不安を感じる方もいるでしょう。しかし、身長の伸びは個人差が大きいものですし、平均よりも背が低いからといって低身長とは限りません。平均身長は、あくまでも参考程度と捉えましょう。低身長かどうかは、身長の「SDスコア」を使って判断することができます。

平均身長と子供の身長を比べてみると、「うちの子はかなり小さい」と不安を感じる方もいるでしょう。しかし、身長の伸びは個人差が大きいものですし、平均よりも背が低いからといって低身長とは限りません。平均身長は、あくまでも参考程度と捉えましょう。低身長かどうかは、身長の「SDスコア」を使って判断することができます。

ポイントを押さえ、すこやかな成長を後押ししましょう。

関連コラム

写真
日本の子供たちは、他の国の子供たちに比べて、睡眠時間が圧倒的に少ない傾向がありますが、睡眠不足は、身長にも悪影響を及ぼします。睡眠不足が、どのように影響するのかをご紹介していきましょう。
写真
ひと昔前に、身長を伸ばす健康器具として、「ぶら下がり健康器」がブームになった時代がありましたが、ぶら下がり運動をすることで、本当に身長が伸びるのでしょうか?
写真
お子さんの身長が、周りの子どもたちよりも低いと、何かの病気ではないかと不安になる親御さんも、少なくないかもしれません。そこで今回は、背が伸びない原因として考えられるものや、低身長かどうかを客観的に判断する方法をご紹介していきます。
写真
成長曲線は、低身長かどうかを判断する上で、非常に役立つツールの1つです。そこで今回は、そんな成長曲線のつけ方と読み方のポイント、つけるメリットなどについてご紹介していきます。
医療でこどもの背を伸ばす無料相談セミナー 医療でこどもの背を伸ばす無料相談セミナー

西新宿整形外科クリニックホームページをご覧の皆様へ

西新宿整形外科クリニックでは、小児低身長と関節等の再生医療を中心に子供からご高齢の方まで、すべての方が健やかに毎日を過ごすための治療を取り扱っております。
カウンセリングでは、担当医師が患者様のお悩みやご要望をしっかりと伺い、的確な診断と有効な治療法の提案をさせていただきます。

私たちは、最適な医療を提供するためには患者様と優良なコミュニケーションをとることが大切だと考えておりますので、 何かご不明点や不安な点などがあれば、どんなことでも医師や看護師へお話しください。誠心誠意、お答えさせていただきます。

お電話での予約
お問い合わせ

お電話での予約
お問い合わせ

こどもの低身長外来なら西新宿整形外科クリニックへご相談ください。カウンセリングはこちらからカウンセリング
予約