成長ホルモンで扱う注射の種類は主に皮下注射です


低身長改善の目的で成長ホルモン剤の注射を行う場合、自宅で家族が子どもに注射してあげることになります。
このときに扱う注射の種類は皮下注射のため、血管や筋肉に打つような難しいものではなく、正しい方法を学んで行えば安心して子どもに注射してあげられます。

まずは低身長の専門医がいるクリニックを受診し、お子さんに成長ホルモン剤の投与が低身長改善に役立ちそうかどうか見極めてもらいましょう。
成長ホルモンの注射が心配だからと飲むタイプを希望しても、あらゆる条件がそろう必要があるため改善が叶いにくいこともあります。

サプリメントで成長ホルモン配合をうたったものがありますが、そういったものは消化器官で吸収されてしまいほぼ効果は見込めないと言われています。

低身長改善のための成長ホルモン注射は皮下注射で行います

注射というと、病院で医師や看護師の手で行うものというイメージをお持ちの方が多いことでしょう。
しかし、注射の種類によっては、やり方をきちんと覚えれば本人や家族が行えるようになるものもあります。

注射の種類が皮下注射で、成長ホルモンを低身長が気になっている子に投与する場合、その家族の手で継続して注射をしていくことになります。
注射の方法は、ペン型になった注射器をお子さんのお尻や太ももに刺すもので、1日2~3回行います。
針の長さも数mm程度なので病院で扱われているような長さはなく、注射を受ける側のお子さんもあまり痛みを感じずに成長ホルモン剤の注射を受けられます。

それから成長ホルモン剤の注射を継続して行う理由は、成長ホルモンは継続的に分泌されているもののため、自然の体の働きと同じように毎日定期的に投与した方が自然だからです。
一度にたくさん投与をせず、少しずつ定期的に注射していく方が副作用の心配も抑えられて安心です。

クリニックのセミナーで施術内容を先に知ることができます


お子さんの低身長が気になり、専門家に相談してみたいというときには、整形外科のなかでも低身長を扱う専門医が在籍するクリニックを選んで出かけましょう。
低身長改善に取り組んでいる整形外科では、どのような施術内容でお子さんの身長を伸ばそうとするかなどについて、セミナーを開いて説明しているところがあります。

診察を受ける前にあらかじめ聞いておけば、施術内容にも不安がなくスムーズに施術の選択もできることでしょう。
セミナーに行くことで子どもの身長はどうやって伸びるか、どのくらいの身長が低身長を疑われるかなどの知識も身につければ、漠然とした不安や悩みも具体的な改善方法に取り組もうという前向きな気持ちに変わっていくものです。

お子さんが低身長をコンプレックスに感じている場合は、できるだけ早いうちに専門医に相談し、必要であり効果が期待されるのであれば成長ホルモン剤の注射を行ってみてはいかがでしょうか。

成長ホルモンは口から摂取してもその働きを期待できません

成長ホルモンの注射は皮下注射で他の注射種類よりは難しくないと言っても、子どもに注射針を刺すことに抵抗を感じる方もいるのではないでしょうか。
そのようなときには経口タイプの成長ホルモン剤に頼りたくなりますが、実は市販されている飲むタイプの成長ホルモン剤とうたった製品ではその働きが期待できないと言われています。

なぜなら口から入ったものは消化器官で消化吸収されてしまうため、成長ホルモンの働きを十分発揮させることは難しくなるからです。
そのため、低身長の改善を目指した施術では成長ホルモンを注射で打つ方法が取られています。

これまで低身長改善を目的とした在宅注射に取り組んできた方々のなかにも、「自分にはできない」と思った方は少なくありません。
しかしやり方を医師や看護師からよく聞いて何度も挑戦していくうちにできるようになっていっています。

お子さんの身長を伸ばすチャンスを有効に活用するためにも、注射を打ってあげる勇気を持ちましょう。

(まとめ)成長ホルモンの注射の種類にはどんなものがあるの?

1.成長ホルモンで扱う注射の種類は主に皮下注射です

成長ホルモン剤の注射をする場合、子どもに家族が注射してあげることになりますが、注射種類は皮下注射なので筋肉注射などのように難しくはありません。注射を行うことになったら担当医の説明をよく聞き、正しいやり方を身につけましょう。

2.低身長改善のための成長ホルモン注射は皮下注射で行います

低身長改善の目的で成長ホルモン剤の注射を行う場合、皮下注射なので正しいやり方も家族が覚えれば自宅で注射が可能になります。注射の針は数mmの短さなので、お子さんもあまり痛みを感じることなく注射してもらえると期待できます。

3.クリニックのセミナーで施術内容を先に知ることができます

低身長を扱う専門医が在籍する整形外科で、お子さんの身長の悩みを相談することがおすすめです。セミナーを開いて施術方法や子どもの身長が伸びることについてなどを解説している病院もあり、施術開始前に知識をつけておくことができます。

4.成長ホルモンは口から摂取してもその働きを期待できません

成長ホルモンを口から飲んでも、消化器官で消化吸収されてしまうため、十分な効果を発揮することは難しくなります。そのため成長ホルモン剤の働きを有効にするには、皮下注射を継続して打っていくことがおすすめです。

監修医情報

西新宿整形外科クリニック院長
田邊雄医師
たなべ ゆう/Yu Tanabe
[su_button url=”https://www.ns-seikeigeka.com/dr.html#tanabe” target=”blank” style=”flat” background=”#edc726″]詳しくはこちら[/su_button]

 

経歴
富山県立富山中部高等学校卒業
金沢医科大学医学部医学科卒業
順天堂医院 初期研修医
順天堂医院 初期研修修了
順天堂医院 整形外科入局
順天堂大学大学院 整形外科学講座
下記順天堂医院関連施設にて勤務・研修
(順天堂本院、順天堂練馬、伊東市民病院、宮川病院、杏雲堂病院、浅草病院、東部地域病院、賛育会病院、王子病院 等)
日本整形外科学会認定 整形外科専門医取得
順天堂大学大学院 医学博士取得
SBCグループ・西新宿整形外科 入職
西新宿整形外科  医院長
ロコモアドバイスドクター 就任
(「ロコモ チャレンジ!推進協議会」公認)

運営者情報

運営クリニック 西新宿整形外科クリニック
住所 〒160-0023 東京都新宿区西新宿7-21-3 新宿大京ビル7階
お問い合わせ 0120-962-992
院長 田邊雄医師