ドーパミンは成長ホルモンの分泌を促す働きをします


ドーパミンは脳で作られる神経伝達物質のことで、成長ホルモンの分泌量をコントロールする働きをしています。
成長ホルモンはドーパミンの作用を受けて脳下垂体から分泌されると細胞の分裂を促進させるため、成長期の子どもの場合には骨を伸ばして背が高くなるように、大人の場合には骨や筋肉、皮膚を丈夫にするような働きをします。

ドーパミンなどの要因で成長ホルモン分泌の促進が期待できます

ドーパミンはアミノ酸を含む食べ物を食べた後に、そのアミノ酸をもとに脳で生成される神経伝達物質です。
主に脳の中で、身体を動かす運動器官の制御に関連した働きをしており、ドーパミンが増加すると勉強やスポーツなどで目的を達成するためにやる気をだしたり集中力を上げたりすることにつながります。

またドーパミンには成長ホルモンの分泌を促す作用もあるといわれています。
子どもの身長がなかなか伸びないときに、医療機関で受けることができる低身長症の検査には、ドーパミンの生成により成長ホルモンが分泌されているかを確認するL-DOPAという検査もあります。
L-DOPAはアミノ酸からドーパミンを生成させることで成長ホルモンの分泌が促進されるかを確認するための検査になります。

成長ホルモンの分泌についてのほかの主な検査方法には、インスリン、アルギニン、グルカゴンを用いたものがあります。
インスリンを用いたものは血糖値を下げて成長ホルモンの分泌を促す検査で、アルギニンは成長ホルモンの分泌を促す作用を利用して成長ホルモンの増加を確認する検査を行います。
グルカゴンを用いた検査では、血糖値を上げてインスリンの分泌を促し、インスリンが分泌されたあとに成長ホルモンが分泌されているかを確認します。

成長ホルモンの分泌が促されることで成長期の子どもの身長が伸びることなどが期待できます


ドーパミンによって分泌の促進が可能な成長ホルモンにはさまざまな働きがあります。成長ホルモンは脳下垂体で生成される、タンパク質でできているホルモンです。

特に、小児期の子どもの身長を伸ばすための重要な役割があるホルモンとして、ご存知の方も多いかと思います。
成長ホルモンは脳下垂体で作られてから血液とともに身体中の各器官に届き、IGF-1という成長因子を生成し小児期の子どもの骨を伸ばして成長を促す働きや、骨や筋肉、皮膚の生成を促して丈夫な身体を作るように、主に細胞の生成を助けるための働きをしています。

成長ホルモンが足りないと新しい細胞が生成されるために時間がかかるようになり、成長期に子どもの身長が充分に伸びることができないほか、大人でも骨や筋肉、皮膚などのターンオーバーの期間が長くなることで肌が荒れるなどの問題が生じることがあります。
身体作りに欠かせない成長ホルモンの分泌を促進させたいときには、ドーパミンを生成するように気をつけることも身長が伸びるような改善が期待できる方法の一つといえます。

病気や成長ホルモンが足りないなどの原因で低身長になる場合があります

子どものときに成長ホルモンの分泌が足りなくなると、成長期に骨が伸びる機会を逃してしまって背が伸びない低身長になることがあります。
睡眠をとることや食事や運動に気をつけることで、ドーパミンなどの神経伝達物質が生成され成長ホルモンの分泌が促されるため、身長を伸ばすためには健康的な日常生活を送ることが大切です。

ところが、低身長には成長ホルモンの分泌だけが原因ではなく、甲状腺の異常や出産時に発育不全で小さく生まれてしまったこと、染色体に異常が見られること、内臓に疾患があることなどが原因となっている場合があります。

さまざまな原因から低身長になる可能性があるため、原因をしっかりと検査してから、それぞれに適した施術を受ける必要があります。
病院での検査にはX線検査や血液検査、尿検査などの一般検査があり、まずは一般検査で内臓などに病気がないかを確認します。

その後、成長ホルモンの分泌量を確認するためのインスリンやIGF-1などの精密検査を行うことになります。
検査後に成長ホルモンの分泌に問題が見つかった場合には、成長ホルモンの投与を行うなどの施術で、停滞していた身長の伸びの改善が期待できるようになります。

(まとめ)ドーパミンは成長ホルモンの分泌を促進する?

1.ドーパミンは成長ホルモンの分泌を促す働きをします

ドーパミンは脳で作られる神経伝達物質で、脳下垂体から分泌される成長ホルモンの分泌量をコントロールする働きをしています。ドーパミンにより分泌が促進されることがある成長ホルモンには細胞の分裂を促進させ子どもの身長を伸ばすなどの働きがあります。

2.ドーパミンなどの要因で成長ホルモン分泌の促進が期待できます

ドーパミンは食べ物のアミノ酸から生成される神経伝達物質で、成長ホルモンの分泌を促す働きもあるといわれています。成長ホルモンの分泌を確認するために、成長ホルモンの分泌量を上げるインスリンやアルギニン、ドーパミンなどで検査する方法もあります。

3.成長ホルモンの分泌が促されることで成長期の子どもの身長が伸びることなどが期待できます

ドーパミンによって分泌が促進される成長ホルモンには、小児期の子どもの身長を伸ばす働きがあり、大人になってからも骨、筋肉、皮膚などの細胞を生成する、細胞のターンオーバーの期間を早めるような働きもしています。

4.病気や成長ホルモンが足りないなどの原因で低身長になる場合があります

子どもの身長をのばすためには、成長ホルモンの分泌を促すドーパミンなどを生成できる健康的な日常生活を送ることが大切です。しかし、病気などが原因となって身長が伸びない場合もあります。
気になる場合は専門のクリニックに相談してみましょう。

監修医情報

西新宿整形外科クリニック院長
田邊雄医師
たなべ ゆう/Yu Tanabe

 

経歴
2003 年 富山県立富山中部高等学校卒業
2011 年 金沢医科大学医学部医学科卒業
2011 年 順天堂医院 初期研修医
2013 年 順天堂医院 初期研修修了
2013 年 順天堂医院 整形外科入局
2014 年 順天堂大学大学院 整形外科学講座
2013-2018 年 下記順天堂医院関連施設にて勤務・研修
(順天堂本院、順天堂練馬、伊東市民病院、宮川病院、杏雲堂病院、浅草病院、東部地域病院、賛育会病院、王子病院 等)
2018 年 日本整形外科学会認定 整形外科専門医取得
2018 年 順天堂大学大学院 医学博士取得
2018 年 SBCグループ・西新宿整形外科 入職
2018 年 西新宿整形外科  医院長
2019 年 ロコモアドバイスドクター 就任
(「ロコモ チャレンジ!推進協議会」公認)

運営者情報

運営クリニック 西新宿整形外科クリニック
住所 〒160-0023 東京都新宿区西新宿7-21-3 新宿大京ビル7階
お問い合わせ 0120-962-992
院長 田邊雄医師