成長ホルモンの減少原因を知りたい時は低身長の専門医へ相談しましょう


お子さんの身長の伸びに心配がある時は、専門医に相談してみると減少原因を探ることができる場合もあります。受診するとカウンセリングや検査を行って減少理由を突き止めていき、必要に応じて低身長改善の施術を受けたり生活習慣改善のアドバイスをしてもらったりすることになります。

そして普段の生活の中で成長ホルモンの十分な分泌を促せるような習慣を継続していきましょう。
クリニックでは施術を受ける前でも内容を知ることのできる説明会を開いている所があるので出かけてみましょう。

成長ホルモン分泌を検査する方法があります

整形外科で低身長の専門医に相談するとまず問診票に記入し、それを元にお子さんの成長曲線を作成したり、日頃の生活習慣についての問診が行われたりします。
過去の病気や現在治療中の病気、また家族や親族が大きな病気をしていないかも確認しておくと問診がスムーズになります。

そして検査ではレントゲンによる骨の画像診断と採血により一般的な項目の他に成長ホルモンの分泌量をはかって判断していくのです。
初回の受診で必要な検査をすべて行うのではなく、まずは基本的な問診と検査を行い、次回以降の検診で検査結果を聞いて必要があればその他の詳しい検査を行います。

必要性がある時の検査とは、成長ホルモン分泌検査・頭部画像検査・染色体検査などで、必ずしもすべての人が受けるものではありません。
検査結果から成長ホルモンが不足していて、効果が期待できると医師に判断されると、成長ホルモンを投与して分泌量を増やす施術を受けることも可能になります。

ご自宅でも身長を伸ばしやすい生活習慣を心がけましょう


整形外科を受診するとお子さんの生活習慣改善のポイントを教えてもらえるのでぜひ取り組んでみましょう。
受診はまだでも日頃から生活習慣の見直しには取り組めるので、次のポイントを行ってみてください。

睡眠時間をしっかり取る

成長ホルモンの分泌は睡眠中に最も多く行われるので、十分に成長ホルモンを分泌させたい時には睡眠不足にならないよう気を付けてあげましょう。
現代の子供たちは睡眠不足の傾向にあるので、例えば小学生高学年で9時間半の睡眠は取れるようにすることと、深く質の良い眠りのために寝る直前までテレビやスマホなどを見て光の刺激を受け続けることは避けましょう。

タンパク質や亜鉛を摂取する

栄養バランスの良い食事を取ることが大切ですが、中でもタンパク質と亜鉛を欠かさず取るようにすることです。
タンパク質は子供の身長を伸ばしたい時に、骨の軟骨細胞を伸ばすために必要で、亜鉛は成長ホルモンの分泌に関わる成分です。

しかし現代の子供たちの亜鉛の摂取量は減少傾向にあるので、毎日のメニューには亜鉛を多く含む食材を積極的に取り入れましょう。
亜鉛を多く含む食品には、ピーナッツ・牡蠣・レバー・うなぎの蒲焼・納豆・ゴマなどがあり、納豆は食事に1品プラスしたい時にも便利で、ピーナッツはおやつにも使いやすい食品なので、毎日上手に利用してみてください。

施術を始める前に説明会へ出席しておくと安心です

整形外科を受診し低身長についてのカウンセリングや検査を受ければ、その子に合った施術の提案がされますが、より身長を伸ばすことについて深く知るためにはクリニックが開催する説明会へ参加しておくことがおすすめです。
気になるクリニックでどのような施術が行われているかを詳しく知ることができるだけでなく、気になっていることを個別で質問する機会まで設けられていることもあり、安心してクリニックへ出かけられるメリットがあります。
相談先のクリニックを選ぶポイントは、通いやすさもありますが施術内容や料金が分かりやすく明らかになっていることや、相談に乗ってもらえる機会が多いことなどがあげられます。

成長ホルモン療法を行う場合、費用は自己負担になることが多いので、より安心して通院できるクリニックを見つけるためにも、説明会への出席やホームページの閲覧などはおすすめです。

(まとめ)成長ホルモンの減少原因を知るには?

1.成長ホルモンの減少原因を知りたい時は低身長の専門医へ相談しましょう

お子さんの身長があまり伸びていないと不安に思う時は、整形外科で専門医に相談してみましょう。カウンセリングや検査結果から成長ホルモンの減少原因を考え、原因が分かるとそれに合わせた改善方法をアドバイスしてくれます。

2.成長ホルモン分泌を検査する方法があります

お子さんの身長の伸び方や低さが気になる時は整形外科の低身長専門医に相談することがおすすめです。そこでは問診やレントゲン・血液検査・ホルモン分泌量検査などが行われ、必要に応じて成長ホルモンを投与する施術が受けられます。

3.ご自宅でも身長を伸ばしやすい生活習慣を心がけましょう

成長ホルモンを増やしたい時の生活習慣改善のポイントはまず睡眠時間の十分な確保で、そして深くぐっすり眠らせてあげることも大切です。そして食事ではタンパク質と亜鉛を十分に取り、栄養バランスの取れたメニューを心がけてあげましょう。

4.施術を始める前に説明会へ出席しておくと安心です

低身長の専門医のカウンセリングや診察を受けるとその子に合った施術内容の提案が受けられますが、どのようなことを行うか知っておくには、クリニック開催の説明会へ出かけておくことがおすすめです。

監修医情報

西新宿整形外科クリニック院長
齋藤まい医師
さいとう まい/Mai Saito

 

経歴
2006 年 関西医科大学 医学部医学科 卒業
療法人藤井会 石切生喜総合病院 臨床研修医
2008 年 大阪市立総合医療センター 整形外科勤務
2010 年 医療法人浩仁会 南堺病院  整形外科
2011 年 医療法人宝持会 池田病院  整形外科
2016 年 西新宿整形外科

運営者情報

運営クリニック 西新宿整形外科クリニック
住所 〒160-0023 京都新宿区西新宿7-21-3 新宿大京ビル7階
お問い合わせ 0120-962-992
院長 齋藤まい医師