成長ホルモンが必要以上に分泌されると高血糖になる可能性があります


適度な量の成長ホルモンが分泌されていると、子供の身長を伸ばすことを促すだけではなく、余ったエネルギーが脂肪となって体に蓄積されることを防ぐ働きもします。
成長ホルモンが分泌されると血糖値は上がりやすいですが、その分エネルギーが常にある状態となり、いつでも体を動かせる準備ができていることになります。

しかし成長ホルモンの分泌量が過剰になると体に悪影響を及ぼす可能性があり、子供の場合は背が伸びすぎることもあります。

適度な成長ホルモンの分泌を維持しましょう

成長ホルモンは血糖を上げる働きを持つことから、過剰に分泌されると高血糖になる恐れがあります。
そして高血糖の状態が続くと糖尿病のリスクが出てくるだけでなく、成長ホルモンの分泌過剰が起きてしまい、子供の場合は背が伸びすぎることがあるのです。

そこでなぜ成長ホルモンの分泌が過剰なのかは病院でみてもらい、診察や検査などで原因を見つけることをおすすめします。
生活習慣が原因で成長ホルモンの分泌に異常が起きている時は、日頃の過ごし方の見直しを続けることで改善も期待できますが、成長ホルモン不足ではなく過剰分泌の場合はホルモン分泌も病気と関係する場合もあるので、早めに医師にみてもらいましょう。

そして原因がはっきりすれば成長ホルモンの適度な分泌の維持や、分泌異常が原因の場合は、改善方法が医師より指示されるのでその子に合った方法を行ってみましょう。

高血糖にならない生活習慣を心がけましょう


成長ホルモンの分泌量の影響だけでなく、生活習慣によって高血糖になることもあるので、高血糖に配慮した生活を心がけましょう。
高血糖になると糖尿病になりやすくなるだけでなく、高血圧や空腹・満腹が分かりにくくなって食べ過ぎて肥満になる可能性などがあります。
肥満は成長ホルモンの分泌を妨げる要因になるので、高血糖を避けて太りすぎないことも子供の頃に身長を十分に伸ばすためには必要です。

甘い物を食べすぎない

高血糖が続くと血糖値が下がった時に急に甘い物を食べたくなりますが、ジュースやお菓子をたくさん取らないようにしましょう。
一瞬の満足感は得られても体に良い影響はなく、それに子供の身長の伸びにも全くつながりはありません。
それよりも栄養バランスの取れた野菜やタンパク質をたっぷりと取ることのできるメニューを用意してあげましょう。

運動でエネルギーを消費する

血糖は運動によって消費されるので、高血糖を防ぐには定期的に適度な運動をすることがおすすめです。
それに運動は子供の身長を伸ばしたい時にも欠かせない刺激なので、ぜひ積極的に体を動かせてあげましょう。

成長ホルモンの分泌量が気になる時は専門医へ相談しましょう

成長ホルモンの分泌に異常があると思われる時には、専門医に相談してみてはいかがでしょうか。
受診すればすぐに治療を始めるというわけではなく、まずはカウンセリングや検査から進められるので、お子さんの今の状態をきちんと把握した上で適した施術が受けられます。

医師は問診や検査結果を元にしてお子さんに適した施術内容を提案してくれます。
その際に、不安や疑問があれば遠慮なく尋ねてみましょう。

もし既にどこかで診察を受けていて、より専門的な知識のある医師の元へ移りたい場合などは、紹介状やそれまでの施術内容をまとめたものを持って行くとスムーズです。

また、成長ホルモンの分泌について医師に相談したい時は予約が必要かどうかを確認してから出かけましょう。
例えば完全予約制を取っているクリニックであれば、他の人の待ち時間を気にすることなく聞きたいことを尋ねられるメリットもあるのでおすすめです。

それから成長ホルモンを投与する施術の場合、年齢などによって費用も変わってくるため、できるだけ早めに相談しておきましょう。
成長ホルモンは、子供の頃は身長を伸ばす働きを促すためにも欠かせないため、十分背を伸ばしてあげるためにも適度な成長ホルモンの分泌が保てるよう、改善をしましょう。

(まとめ)成長ホルモンが多いと高血糖になるの?

1.成長ホルモンが必要以上に分泌されると高血糖になる可能性があります

成長ホルモンの分泌量が適度であれば、子供の身長の伸びを促したり活動のエネルギーを維持したりという働きを行います。しかし成長ホルモンの分泌が過剰になると高血糖になり、子供では背が伸びすぎることもあるので血糖値にも注意しましょう。

2.適度な成長ホルモンの分泌を維持しましょう

成長ホルモンの分泌が過剰になると高血糖の恐れがあり、さらに高血糖は糖尿病のリスクや子供では背が異常に高くなることがあります。そのため成長ホルモンの分泌異常が疑われる時は早めに病院でみてもらい、その子にあった施術方法に取り組みましょう。

3.高血糖にならない生活習慣を心がけましょう

高血糖は、成長ホルモンの分泌異常だけでなく生活習慣の乱れも影響することがあるので、生活習慣改善もおすすめです。普段の食事では栄養バランスの取れた内容で甘い物は控えめにし、運動を適度に継続して行いましょう。

4.成長ホルモンの分泌量が気になる時は専門医へ相談しましょう

お子さんの成長ホルモンの分泌異常が心配される時は、専門医に相談してみてはいかがでしょうか。病院ではカウンセリングや検査を行って、成長ホルモン分泌の異常の原因を探っていきます。

監修医情報

西新宿整形外科クリニック院長
田邊雄医師
たなべ ゆう/Yu Tanabe
経歴
富山県立富山中部高等学校卒業
金沢医科大学医学部医学科卒業
順天堂医院 初期研修医
順天堂医院 初期研修修了
順天堂医院 整形外科入局
順天堂大学大学院 整形外科学講座
下記順天堂医院関連施設にて勤務・研修
(順天堂本院、順天堂練馬、伊東市民病院、宮川病院、杏雲堂病院、浅草病院、東部地域病院、賛育会病院、王子病院 等)
日本整形外科学会認定 整形外科専門医取得
順天堂大学大学院 医学博士取得
SBCグループ・西新宿整形外科 入職
西新宿整形外科  医院長
ロコモアドバイスドクター 就任
(「ロコモ チャレンジ!推進協議会」公認)

運営者情報

運営クリニック 西新宿整形外科クリニック
住所 〒160-0023 東京都新宿区西新宿7-21-3 新宿大京ビル7階
お問い合わせ 0120-962-992
院長 田邊雄医師