納豆はタンパク質を含む低脂肪の食品で、子供の身長を伸ばすにはおすすめです


納豆には5大栄養素と食物繊維が含まれており、中でもタンパク質は肉に匹敵するほど豊富です。
しかし大量に食べればよいわけではなく、適量を継続して食べることをおすすめします。

そして納豆だけでなくタンパク質を豊富に含む食品も合わせて取るようにしましょう。なぜなら子供の骨を伸ばすために必要な栄養素であり、不足すると成長のために使えなくなるからです。

納豆は5大栄養素をすべて含む優秀な食品です

手軽に購入して食べられる納豆には5大栄養素がすべて含まれており、子供の身長を伸ばしたい時にも継続して食べさせたい食品です。
5大栄養素とは、タンパク質・脂質・炭水化物・ミネラル・ビタミンで、さらに健康的に過ごすために必要といわれる食物繊維も含まれています。

畑の肉と呼ばれる納豆

納豆が「畑の肉」と呼ばれている理由は、大豆に含まれている大豆たんぱくが肉に匹敵するほど豊富に含まれているからです。
しかも納豆に含まれる脂質は多価不飽和脂肪酸が多く、この栄養素は体内でつくり出すことができない点でも継続して納豆を食べることのメリットと言えます。
健康的な体づくりを考えて納豆を継続して食べることにより、必要な栄養素を上手に補うことができれば子供の身長の伸びにも役立つでしょう。

適度に食べることが大切

子供の成長にうれしい栄養素が含まれている納豆ですが、1日のうちに大量に食べればよいわけではありません。
1日に何パックも食べてしまうと成分の取りすぎにより腹痛や下痢を起こすことがあるのです。
そのため1日あたり1~2パック程度を継続して食べることをおすすめします。

納豆に限らずタンパク質が豊富な食品を毎日バランスよく食べましょう


タンパク質は体をつくる元になる栄養素ですが、とくに子供の骨を伸ばすためにも欠かせません。
なぜなら子供の骨には軟骨細胞でできた骨端線と呼ばれる部分があり、この部分にある軟骨細胞をタンパク質の摂取によって増やすことで骨が伸び、その結果身長が伸びるからです。

タンパク質を多く含む食品には、肉・魚・卵・乳製品・大豆製品がありますが、脂肪分の多い食品に偏って取り運動をあまりしないと太りすぎになる心配があります。
そのため魚や大豆製品、肉も部位によって低脂肪の部分があるので低脂肪高タンパクの食品を中心に積極的に取りましょう。

あらゆる食品からタンパク質を取ることが大切です。
ただタンパク質が多い食品ばかりを取っていると、その他の栄養素の摂取に偏りが出てくることがあります。

またタンパク質を体内で合成し、軟骨細胞や筋肉などをつくるためにはタンパク質以外の栄養素も必要です。
そのためタンパク質の豊富な食品に限らず、その他の食品もバランスよく食べるようにしましょう。

タンパク質をしっかり取っても身長に不安があれば専門医にかかる方法もあります

納豆を食べる習慣がついてきたり、その他の食品でタンパク質を十分取るようになったりしても子供の身長があまり変化しないと感じる時は、専門医療機関を訪ねてみましょう。
この時低身長の専門医の診察を受けることがポイントで、するとカウンセリングや検査の結果からアドバイスや施術内容の提案が受けられます。

コンプレックス解消のきっかけにもなる

成長曲線を参考にして子供の身長の伸びをチェックした時、それほど心配はなかったとしても、子供自身が自分の身長は低いとコンプレックスを抱えている場合があります。
すると数値としては問題がなくても、子供にとってはストレスとなりなんらかの悪影響を及ぼすこともあるでしょう。

そのような場合にも専門医療機関で相談してみることがおすすめです。

成長ホルモンによる施術もあります

受診して検査を受けたあと、医師の判断で成長ホルモン療法を提案されることがあります。
これはすべての子供に提案されるわけではなく、効果の期待と必要性にもとづいて行われるためまったく効果が期待できないまま施術が始まることはありません。
成長ホルモン剤を継続して投与する方法で、副作用の心配も少ない安全性の高い方法です。

(まとめ)納豆を毎日食べると子供の身長は伸びる?

1.納豆はタンパク質を含む低脂肪の食品で、子供の身長を伸ばすにはおすすめです

5大栄養素と食物繊維を含む納豆を適度に継続して食べることは、子供の身長を伸ばしたい時におすすめです。その他のタンパク質を豊富に含む食品もバランスよく取るようにしましょう。

2.納豆は5大栄養素をすべて含む優秀な食品です

5大栄養素を含む納豆は適量を継続して食べることで子供の成長に役立つといわれています。なぜなら納豆には大豆たんぱくや、体内でつくることのできない多価不飽和脂肪酸も含まれているからです。

3.納豆に限らずタンパク質が豊富な食品を毎日バランスよく食べましょう

体をつくるために必要なタンパク質は、子供の骨を伸ばすためにも欠かせません。十分なタンパク質を取るにはあらゆる食品からの摂取が望ましく、偏ることなくさまざまな食品を取ると必要な栄養素をバランスよく補えます。

4.タンパク質をしっかり取っても身長に不安があれば専門医にかかる方法もあります
食事でタンパク質をしっかり取っていても子供の身長が伸びない場合は専門医療機関を受診しましょう。また自分の身長をコンプレックスに思っていると、その解消に役立つ成長ホルモン療法などの施術を受けられることがあります。

監修医情報

西新宿整形外科クリニック院長
齋藤まい医師
さいとう まい/Mai Saito

 

経歴
2006 年 関西医科大学 医学部医学科 卒業
療法人藤井会 石切生喜総合病院 臨床研修医
2008 年 大阪市立総合医療センター 整形外科勤務
2010 年 医療法人浩仁会 南堺病院  整形外科
2011 年 医療法人宝持会 池田病院  整形外科
2016 年 西新宿整形外科

運営者情報

運営クリニック 西新宿整形外科クリニック
住所 〒160-0023 京都新宿区西新宿7-21-3 新宿大京ビル7階
お問い合わせ 0120-962-992
院長 齋藤まい医師