子どもの身長を伸ばすために、ランニングはとても効果的な運動です


ランニングは全身を使うことができ、身体全体にバランス良く刺激を与えることができるため、成長期の子どもに理想的な運動であると言われています。
運動をすることで成長ホルモンが分泌されるだけでなく、食事や睡眠をとることにもつながるため、運動は成長に欠かすことができません。

しかし、精神的な負担をかけると逆効果になってしまうので、楽しみながら行う工夫が必要になります。

ランニングは全身を動かすことができるだけでなく、成長に欠かせない食事や睡眠にもつながります

ランニングは全身を使う運動なので、身体全体にバランス良く刺激を与えることができるため、成長期の子どもに理想的な運動です。
適度な運動量であれば、子どもの身長を伸ばすことにつながりますが、過度になってしまうと子どもは精神的ストレスを感じるため、身長を伸ばすために逆効果になります。

1日少しずつ親子で楽しみながらできると、子どもの精神的な負担をかけることなく続けられるかもしれません。運動中は成長ホルモンが分泌されます。

1日で特に多く分泌されるのは睡眠中であると言われていますが、運動などで身体を使い疲れを感じたときにも多く分泌されます。
成長ホルモンが分泌されることで、運動などで身体を動かしたことにより傷ついた筋肉や細胞を再生し、修復しています。

ランニングをすると全身に程良い疲労感を与えることができるため、運動中に成長ホルモンが分泌されます。それに加え、エネルギーが消費されることでお腹が空くので、栄養をたくさん吸収することができます。また、疲労感で夜ぐっすり眠ることができるため、睡眠中もより多くの成長ホルモンが分泌されます。

ランニングのような適度な運動は子どもの身長を伸ばすのに役立ちます


成長ホルモンの分泌を盛んにするためには、適度な運動が必要です。
そのため、ランニングなどの運動は子どもの成長を助けるのに有効だといえます。

運動をして身体を動かすことで、たんぱく質やカロリーが消費されるため、これらを補給する必要が出てきます。
あくまで、三回の食事で足りない分を補助する目的で使う必要がありますが、プロテインを摂取することが身体の成長につながると言えます。
子どもの成長には運動だけでなく、バランスの良い食事と、質の良い睡眠も必須です。

適度な運動はカロリーが消費されるため、普段よりもお腹が空きます。
また、身体が疲れるので、ぐっすり眠ることができます。

運動をして疲れて帰ってきたお子さんには、栄養バランスの良い食事を作り、しっかりと睡眠をさせてあげてください。
健康的な生活習慣ができていることは、子どもの身長を伸ばすうえで重要です。
子どもの低身長でお悩みであれば、まずは生活習慣をしっかり作ってあげましょう。

子どもの低身長の原因を調べるのは、専門の病院へ相談しましょう

子どもの成長期が止まってしまうと、そこから身長を伸ばすのは難しくなります。
食事・睡眠・運動が少しくらい行われていなくても、子どもは成人まで問題なく成長していくため、特に気にしない親もいると思いますが、平均より低い身長であると、病気と捉える場合があります。

子どもの身長が平均以下であれば、生活習慣以外の面で何か原因があるのかもしれません。
子どもの子育ては、親の価値観によって決まりやすいです。

自分が育ってきた環境や、自分が身に付けた習慣、自分の今までの経験などから価値観が形成され、必死に子育てに向き合うあまり、他人の意見を聞く機会が少なく、新しい医学の常識が耳に入ることも滅多にないかもしれません。
生活習慣が整っているか、客観的に判断してもらう機会も必要です。

子どもの低身長を専門に扱う病院であれば、医者の目線から生活についてのアドバイスもできますし、万が一病気であった場合の治療もできます。
病院では、成長ホルモンを投与して、子どもの成長を促進させることもできます。
まずは生活習慣についてだけでも、相談に行ってみることをおすすめします。

(まとめ)ランニングをすると身長を伸ばすことができますか?

1.子どもの身長を伸ばすために、ランニングはとても効果的な運動です

子どもの身長を伸ばすために運動が欠かせないため、全身を動かすことのできるランニングを取り入れるのはとても望ましいことです。
適度にランニングを行い、精神的な負担にならないようにしましょう。

2.ランニングは全身を動かすことができるだけでなく、成長に欠かせない食事や睡眠にもつながります

ランニングの良いところは、身体全体をバランス良く使えるところであるため、成長期の子どもにとって理想的な運動です。
また、運動をすることで夜は疲れてぐっすり眠ることができるため、成長ホルモンがより多く分泌されることが期待できます。

3.ランニングのような適度な運動は子どもの身長を伸ばすのに役立ちます

子どもの成長にはランニングのような適度な運動が欠かせません。
そして、栄養を摂取するための食事、休息をするための睡眠もしっかりと行い、健康的な生活習慣を身に付けさせましょう。

4.子どもの低身長の原因を調べるのは、専門の病院へ相談しましょう

子どもが低身長である場合は、医者による診断で原因や解決策を調べてもらいましょう。
専門の医者による正しい診断に基づき、生活習慣の改善や治療を行うことで、子どもの身長を伸ばすことが期待できます。

監修医情報

西新宿整形外科クリニック院長
齋藤まい医師
さいとう まい/Mai Saito

 

経歴
2006 年 関西医科大学 医学部医学科 卒業
療法人藤井会 石切生喜総合病院 臨床研修医
2008 年 大阪市立総合医療センター 整形外科勤務
2010 年 医療法人浩仁会 南堺病院  整形外科
2011 年 医療法人宝持会 池田病院  整形外科
2016 年 西新宿整形外科

運営者情報

運営クリニック 西新宿整形外科クリニック
住所 〒160-0023 京都新宿区西新宿7-21-3 新宿大京ビル7階
お問い合わせ 0120-962-992
院長 齋藤まい医師