納豆は身長を伸ばすために必要な栄養素が豊富に含まれている食材です


納豆には身長を伸ばすためのたんぱく質や、亜鉛、マグネシウムなどのミネラルなどが豊富に含まれています。
そのため、身長を伸ばすための食材として日頃の食生活に組み込むことが出来るでしょう。

また、さまざまな食材と組み合わせやすいという点も特徴的です。
しかし、納豆だけを食べ続けていては栄養が偏ってしまいますから、バランスの取れた食生活を心がけたうえで、身長を伸ばすために効果的な食材を取りいれるようにしましょう。

納豆はたんぱく質やミネラルが豊富で調理方法もさまざまです

身長を伸ばすための栄養素として、主に挙げられるものと言えばたんぱく質、ミネラル、ビタミン、脂質、炭水化物などです。
納豆はこの内のたんぱく質とミネラルを多く含む食材ですから、身長に良い栄養素が豊富に含まれていると言っても過言ではないでしょう。
そのため、日々の生活に納豆を加えることで、より効率的に身長を伸ばすための栄養を取り入れることができると言えます。

また、納豆の利点はこれだけではありません。
納豆はそれ単体でもおいしい食材ですが、その他の料理と組み合わせることが容易であるという特徴もあります。
たとえば、ミネラルをより摂りたいという時には、海藻などを加えた納豆サラダなどがおすすめです。
ひき肉と卵を合わせて、納豆オムレツというのも良いでしょう。
純粋にご飯の上にかけて食べるだけでも、炭水化物を一緒に摂取することができます。

このように、日々の生活の中に導入しやすいという部分も納豆の魅力と言えるでしょう。

納豆だけを食べるのではなくバランスよく栄養を取り入れましょう


納豆は身長を伸ばすための栄養を多く含んだ食材です。
しかし、納豆ばかりを食べることが高身長につながるというわけではありません。

食事から摂取できる栄養が偏ってしまえば、身長を伸ばすどころか、普段の生活にも偏りの影響が出てきてしまします。
そのため、バランスの取れた食生活を行う事が大切でしょう。

たとえば、納豆は低脂質高たんぱくな食材ですが、こればかり食べていては普段の活動のエネルギーとなる脂質が足りなくなってしまうこともあります。
ヘルシーだからと納豆ばかりを食べるのではなく、肉や魚などを使った料理からもたんぱく質を摂ることがおすすめです。

また、ビタミン、カルシウムなども、成長期に身体を作っていく上で大切な栄養素です。
そのため、意識的に取ることが非常に大切と言えるでしょう。

納豆中心の生活にするというわけではなく、バランスの取れた健康的な食生活の中に納豆を組み込むことで、高い効果が期待できます。

寝ることや運動することも忘れないようにしましょう

身長を伸ばすために食生活を気遣う事はもちろん大切です。
しかし、よく寝ることや運動することもおろそかにしてはいけません。
正しい睡眠は成長ホルモンの分泌を促進します。

深い眠りにつくことによって成長ホルモンの分泌がより促されるとも言われているため、子どものうちは一日9~10時間ほど睡眠をとるように心がけましょう。
寝付きやすくするために、身体を温める、眠りにつく1時間半には入浴を済ませておく、眠る前はゲームやスマートフォンなどをやらないよう注意することなども大切です。

また、適度な運動も身長を伸ばすためには効果的です。
子どもの骨の末端にある骨端線と呼ばれる部分に適度に刺激を与えることができれば、身長を伸ばすことにつながります。簡単なスクワットやなわとびなどはおすすめです。

ただがむしゃらに運動すればよいというわけではなく、身長を伸ばすためのエネルギーを残しつつ運動することを意識しましょう。
もし、これらの工夫をしても反映が望めなかったり、周囲と比べて身長が低いと感じたりする場合は低身長と呼ばれる状態であるかもしれません。
低身長専門のクリニックの受診も検討してみても良いでしょう。

(まとめ)納豆を食べることが身長を伸ばすことにつながる?

1.納豆は身長を伸ばすために必要な栄養素が豊富に含まれている食材です

納豆はたんぱく質ミネラルなど、身長を伸ばすために必要な栄養素が豊富に含まれているため、非常に有用な食材と言えます。
栄養バランスの偏らないようにしつつ、納豆などのような身長を伸ばすために効果的な食材を取りいれてみましょう。

2.納豆はたんぱく質やミネラルが豊富で調理方法もさまざまです

身長を伸ばすために効果的な栄養素は、たんぱく質やミネラル、ビタミン、脂質、炭水化物などですが、納豆はそのうちのたんぱく質とミネラルを摂取することができます。
また、食材としてもさまざまな食材と組み合わせやすいというメリットがあります。

3.納豆だけを食べるのではなくバランスよく栄養を取り入れましょう

納豆は身長を伸ばすために便利な食材ですが、そればかりを食べてしまえば栄養が偏ってしまいます。肉や魚などを使った料理からもたんぱく質を摂ったり、ビタミン、カルシウムを多く摂れる料理も食べたりすることで、バランスを取っていきましょう。

4.寝ることや運動することも忘れないようにしましょう

食生活を意識することも大切ですが、睡眠や運動にも目を向ける必要があるでしょう。
子どものうちは9~10時間の睡眠を心がけ、骨端線に刺激を与えるような適度な運動を意識して生活してみてください。

監修医情報

西新宿整形外科クリニック院長
齋藤まい医師
さいとう まい/Mai Saito

 

経歴
2006 年 関西医科大学 医学部医学科 卒業
療法人藤井会 石切生喜総合病院 臨床研修医
2008 年 大阪市立総合医療センター 整形外科勤務
2010 年 医療法人浩仁会 南堺病院  整形外科
2011 年 医療法人宝持会 池田病院  整形外科
2016 年 西新宿整形外科

運営者情報

運営クリニック 西新宿整形外科クリニック
住所 〒160-0023 京都新宿区西新宿7-21-3 新宿大京ビル7階
お問い合わせ 0120-962-992
院長 齋藤まい医師