子どもの身長を伸ばすために、柔軟ストレッチなどの運動をして筋肉を柔らかくしておくことはとても大切です


子どもの身長が伸びるとき、それに合わせて筋肉も一緒に伸びるため、身体が硬くなる傾向があります。そのまま身体を動かすと痛みが出ます。

その状態が続くと、成長を抑制する可能性があるので、その前に柔軟をして筋肉を柔らかくしておくことが、子どもの身長を伸ばすために必要です。
身体が気持ち良いと感じる程度で、1日少しずつだけでも行うことが大切です。

柔軟ストレッチを行うと成長痛に効果があるたけでなく、リラックス効果も期待できます

身長が伸びるとき、まず骨だけが伸び、それに合わせて筋肉が引っ張られて伸びるため、筋肉は伸ばされた状態になります。
そのため、成長期に身長が急激に伸びるとき、身体の柔軟性が失われ硬くなってしまうという傾向があります。

身体が硬くなった状態で、身体を動かすと痛むのは、筋肉と骨をつないでいる部分がぶつかり合い、炎症が起きるために痛みが出ます。
それを成長痛と呼びます。身長が伸びているときに成長痛が起きることがありますが、そうなる前に柔軟ストレッチをして筋肉を柔らかくすることが大切です。

子どもの身長を伸ばすためには、身体が気持ちいいと感じる程度に柔軟ストレッチを行いましょう。
柔軟ストレッチは毎日行うと良いのですが、やりすぎてしまったりストレスを感じてしまったりすると、身体的かつ精神的な負荷がかかり、成長期の子どもに悪影響が出てしまいます。

例えば、毎日寝る前の5分でもいいので、少しずつ習慣にできると良いでしょう。
深呼吸しながら身体を伸ばしてあげるとリラックス効果も期待できるため、寝る前の習慣にすれば睡眠の質を高め、成長ホルモンの分泌の促進につながると言われています。

子どもの身長を伸ばすためには、適度な運動が必要です


適度な運動を行うと成長ホルモンの分泌が盛んになるため、子どもが成長する上で運動はとても重要です。運動は睡眠の次に成長ホルモンの分泌が多いと言われています。

子どもの成長には運動だけでなく、バランスの良い食事と、質の良い睡眠も必須です。
運動で疲れて帰ってきた子どもに、栄養バランスの良い食事を与え、しっかりと睡眠をさせましょう。
適度な運動を行うことで、カロリーが消費されるためお腹が減ります。
栄養を吸収しやすい状態ですので、三回の食事には栄養バランスの良い食べ物を取り入れましょう。

また、身体が疲れるので、ぐっすり眠ることができます。
睡眠の質の向上が期待できるため、夜は早めに寝かせて翌日のエネルギーを蓄えましょう。

子どもの身長を伸ばすためには、健康的な生活習慣がしっかりできていることが大前提となります。
もし子どもの身長の伸びがあまり良くないという場合、遺伝や病気などの可能性があったとしても、まずは生活習慣をしっかり作ってあげることが必須項目です。

子どもの身長が平均よりも低いとわかったら、病院へ相談に行くことをおすすめします

食事・睡眠・運動が少しくらい行われていなくても、子どもは成人まで普通に育っていきます。
子どもが少しくらい身長が低かったとしても、特に何の問題もありませんし、少しコンプレックスを感じる程度のことだと片付けられてしまいがちです。

しかし、子どもの身長が平均以下であれば、遺伝以外にも何か原因が隠れている場合があります。
子どもの子育ては、親の価値観によってほとんど決まってしまいます。
自分が育ってきた環境、習慣、経験などから価値観が形成され、それがそのまま子どもに反映されることが多いでしょう。

子育てが忙しいためか、他人の意見を聞く機会が少なく、新しい医学の常識が耳に入らない可能性があります。
現時点での子どもの成長を、客観的に判断してもらう機会も必要です。
子どもの低身長を専門に扱う病院であれば、医者の目線から生活についてのアドバイスもできますし、万が一病気であった場合、すぐに治療を開始することもできます。
病院では、成長ホルモンを投与して、子どもの成長を促進させることもできます。
まずは生活習慣についてだけでも、相談に行ってみることをおすすめします。

(まとめ)身長を伸ばすために、柔軟ストレッチもした方がいいでしょうか?

1.子どもの身長を伸ばすために、柔軟ストレッチなどの運動をして筋肉を柔らかくしておくことはとても大切です

身長が伸びると身体が硬くなり、痛みを伴うこともあるため、身体を柔らかくしておくことが大切です。身体が硬い状態のまま運動をしてしまうと、成長を抑制することもあると言われています。
1日少しでいいので、柔軟ストレッチを行う習慣をつけると良いでしょう。

2.柔軟ストレッチを行うと成長痛に効果があるたけでなく、リラックス効果も期待できます

子どもの成長痛を緩和させるために身体の柔軟性を高めておくことで、子どもの成長を促進することができると言われています。
柔軟ストレッチによって得られるリラックス効果により、ぐっすり眠ることができるため、夜行うと睡眠の質を高める効果が期待できます。

3.子どもの身長を伸ばすためには、適度な運動が必要です

子どもに適度な運動をさせることで、栄養を摂取するための食事、休息するための睡眠にもつながるため、健康的な生活習慣の体得が期待できます。
それが、子どもの身長を伸ばすための土台となります。

4.子どもの身長が平均よりも低いとわかったら、病院へ相談に行くことをおすすめします

子どもの身長が平均以下である場合、医者に相談することで解決策が見つかることがあります。
子育ては特に母親の価値観で決まりやすいので、医者の客観的な目線を取り入れることも必要になります。

監修医情報

西新宿整形外科クリニック院長
齋藤まい医師
さいとう まい/Mai Saito

 

経歴
2006 年 関西医科大学 医学部医学科 卒業
療法人藤井会 石切生喜総合病院 臨床研修医
2008 年 大阪市立総合医療センター 整形外科勤務
2010 年 医療法人浩仁会 南堺病院  整形外科
2011 年 医療法人宝持会 池田病院  整形外科
2016 年 西新宿整形外科

運営者情報

運営クリニック 西新宿整形外科クリニック
住所 〒160-0023 京都新宿区西新宿7-21-3 新宿大京ビル7階
お問い合わせ 0120-962-992
院長 齋藤まい医師