アルギニンを摂取すると成長ホルモンの分泌が促され身長の伸びに役立ちます


非必須アミノ酸のひとつであるアルギニンは、成長ホルモンの分泌促進に役立つことから子供の身長を伸ばすには不可欠な栄養素です。
アルギニンの摂取だけでなく、合わせて睡眠時間の改善や運動不足の解消に取り組むことでさらなる成長ホルモンの分泌促進につながります。

これらの対策を行っても子供の身長が伸びない時は専門医のもとで診察や施術を受けてみましょう。

アルギニンを十分取ると成長ホルモンの分泌が盛んになり身長が伸びます

アルギニンは大人子供問わず幅広い働きが期待されている栄養素で、タンパク質を分解してできるアミノ酸の一種です。
アミノ酸をさらに細かく分けると必須アミノ酸と非必須アミノ酸になり、アルギニンは後者に含まれますが、体内でつくり出される量は少なく食事で補う必要があります。

そのため準必須アミノ酸と呼ばれることもあり、子供の健やかな成長には積極的に取ることがおすすめです。

成長ホルモンの分泌を促進する

成長ホルモンは子供だけでなく実は大人にも欠かせないホルモンですが、子供の間だけ存在している働きがあります。
そしてその働きを十分引き出すためにもアルギニンを取りスムーズに分泌されせることが必要です。

子供の身長を伸ばす

アルギニンの適度な摂取で十分に分泌された成長ホルモンにより、骨端線で軟骨細胞が増やされて骨が長く伸び、身長が高くなります。
大人になると骨端線が硬くなり骨は伸びなくなるため、思春期が終わる前の子供の間が大切です。

疲労回復する

体の組織を修復する働きも成長ホルモンは持っており、スムーズに分泌されていると疲労がたまりにくくなるでしょう。

睡眠や運動にも気をつけて成長ホルモンを分泌させましょう


アルギニンを多く含む食品には、ゼラチン・湯葉・凍り豆腐・落花生・くるみ・しらす干しなどがあります。これらの食品を毎日の食事のメニューに取り入れて、1日の摂取量の目安である1~8gを達成できるようにしましょう。
そしてアルギニンに頼るだけではなく、次にのようなポイントにも取り組んで成長ホルモンの分泌を高めましょう。

睡眠時間をしっかり取る

寝る子は育つということわざは科学的にも正しいとされており、実際睡眠時間の平均が長い子供の方が将来的な身長は高くなっています。
日本の子供は世界の中で睡眠時間が短いといわれているため、早く眠ることができるように促してあげましょう。
たとえばゲームやスマホは寝る2時間前までには使うことをやめて、リラックスした時間を過ごすことがおすすめです。

運動不足にしない

習い事やゲームのために運動する時間を取ることが難しい子供も少なくありませんが、成長ホルモンの分泌により身長をうまく伸ばしたい時に運動は不可欠です。
運動により骨に刺激を与えるため、ジャンプの動きのあるジョギングやなわとび、バレーボールやバスケットボールなどを行ってみましょう。
全身を使う外遊びももちろんよく、年齢の低い子供の場合は外でたくさん遊ばせてあげることです。

アルギニンの摂取をしても成長ホルモンが十分でない場合もあります

アルギニンの摂取量が足りないわけでも栄養が偏っているわけでもなく、生活習慣にとくに問題がないけれども、子供の身長の伸び方に不安があることも時にはあります。
そのような場合は悩んでしまう前に専門医に相談してみると、その子に合った改善方法を教えてもらえるでしょう。

そして場合によっては必要性と効果への期待をもとに、成長ホルモン治療をすすめられることがあります。

不足した成長ホルモンを補う方法

なんらかの理由で成長ホルモンの分泌が不足しており、薬で補うことで効果が期待できそうだと専門医が判断した場合に、成長ホルモン治療が選択肢にあがります。
この方法では成長ホルモンの成分でできた薬剤を注射によって継続投与し、身長の伸びを促します。

もちろんアルギニンの摂取も成長ホルモンの分泌促進に役立ちますが、より直接的な方法といえるでしょう。
また注射器を使って家庭で投与しますが、その針が短くなっており慣れると家族や子供自身の手で打つこともできるため、頻繁な通院の手間をかけることも不要な方法です。

(まとめ)アルギニンは成長ホルモンの分泌を促進する?

1.アルギニンを摂取すると成長ホルモンの分泌が促され身長の伸びに役立ちます

アルギニンは成長ホルモンの分泌促進に役立ちますが、合わせて睡眠時間の確保と適度な運動に取り組むことで、より分泌を促進し子供の身長を伸ばしましょう。
それでも背が変わらない時は専門医への相談がおすすめです。

2.アルギニンを十分取ると成長ホルモンの分泌が盛んになり身長が伸びます

タンパク質を分解してできるアミノ酸の一種がアルギニンで、非必須アミノ酸ですがその量は少なく、食事で取ることを必要とされています。十分アルギニンを取ると成長ホルモンの分泌が促進され、子供の身長の伸びや疲労回復につながります。

3.睡眠や運動にも気をつけて成長ホルモンを分泌させましょう

アルギニンの豊富な食品を取るだけではなく、成長ホルモンが盛んに分泌されるよう睡眠時間を十分取ることも忘れないようにしましょう。運動不足も骨の成長によくないので、ジャンプする動作のある運動を行うことがおすすめです。

4.アルギニンの摂取をしても成長ホルモンが十分でない場合もあります

アルギニンの摂取など生活習慣に問題がなくても子供の身長が伸びなければ、専門医との相談がおすすめです。すると場合によって成長ホルモン治療が紹介されることもあり、この方法では不足した成長ホルモンを補うことで身長が伸びることを促します。

監修医情報

西新宿整形外科クリニック院長
齋藤まい医師
さいとう まい/Mai Saito

 

経歴
2006 年 関西医科大学 医学部医学科 卒業
療法人藤井会 石切生喜総合病院 臨床研修医
2008 年 大阪市立総合医療センター 整形外科勤務
2010 年 医療法人浩仁会 南堺病院  整形外科
2011 年 医療法人宝持会 池田病院  整形外科
2016 年 西新宿整形外科

運営者情報

運営クリニック 西新宿整形外科クリニック
住所 〒160-0023 京都新宿区西新宿7-21-3 新宿大京ビル7階
お問い合わせ 0120-962-992
院長 齋藤まい医師