子供にサプリでビタミンを取らせるより毎日の食事での十分な摂取が身長の伸びに役立ちます


ビタミンは食品から取るようにし、子供にサプリメントを飲ませることは控えましょう。
そうすることであらゆる栄養素を取ることができるため、バランスも取りやすくなります。

サプリを利用すると、ビタミンの中には摂取過剰になる恐れのあるものがあり、それはビタミンA、ビタミンD、ビタミンEにあたります。
またビタミンを取る以外に、不足していない睡眠や適度な運動も身長を伸ばしたい時は行いましょう。

食品からあらゆるビタミンを取った方が必要な栄養を取りやすくなります

子供の成長に必要な栄養素を取るには毎日の食事を栄養バランスの取れたメニューにすることがおすすめです。

食品にはあらゆる栄養素が含まれている

たとえばビタミンAを多く含む食品には、鶏肉・卵・乳製品・うなぎ・ニンジンなどがあり、鶏肉・卵・乳製品・うなぎにはビタミンA以外にも子供の身長を伸ばしたい時に必要なタンパク質を取ることができます。
そのためサプリでビタミンAだけを取り続けるよりも、さまざまな食品を使ってメニューつくりをした方があらゆる栄養素の摂取につながります。

食事以外のビタミンの取り方

ビタミンDは体内でもつくることがあり、そのきっかけは日光に当たることのため、子供は積極的に外で遊ばせて適度な日光浴をさせましょう。
このビタミンDは伸びた骨をカルシウムで石灰化し定着させる時に必要なため、身長を伸ばしたい時には行いたいことです。

サプリの取りすぎは体に影響を及ぼす場合もあります


子供向けのあらゆるサプリが登場していますが、栄養バランスをサプリで補おうとすることは望ましくありません。
食事で8割以上ビタミンなどの摂取をし、どうしても足りないと思われる時にサプリを利用することを考える位でよいでしょう。

ビタミンの過剰摂取になることがある

ビタミンにはさまざまな種類がありますが、中には食事での適度な摂取量がちょうどよく、取りすぎると体に影響を及ぼす物もあるのです。
その取りすぎが心配されるビタミンは、A、D、Eの脂溶性ビタミンと呼ばれる種類で、過剰摂取すると次のような症状が現れることがあります。

  • ビタミンA
    頭痛が特徴的で、急性の場合は脳脊髄液の急な圧上昇、慢性的に過剰摂取になっている場合は皮膚の剥げ落ちや口角炎になることがあります。
  • ビタミンD
    高カルシウム血症によって血管の壁にカルシウムが沈着し、そのため腎臓機能障害・食欲不振・おう吐などが現れることもあるでしょう。
  • ビタミンE
    血液が固まりにくくなるといわれており、骨量を減らす恐れがあるともいわれるようになってきました。

身長を伸ばしたい時はビタミン摂取以外に睡眠や運動も心がけましょう

子供の身長を伸ばすには体の働きを整えるためにビタミンの摂取が欠かせませんが、その他にも十分な睡眠や適度な運動を続けることも必要です。

睡眠中に成長ホルモンが分泌される

夜寝ている間には成長ホルモンの分泌がもっとも盛んになるため、ビタミンをバランスよく取ることと合わせて、睡眠時間を十分確保しましょう。
日本の子供たちは睡眠不足傾向にあるため、今よりも早い時間に眠ることができるように促し、疲労がたまっているような時はさらに長めの睡眠を取らせます。

適度な運動を継続する

骨に縦方向の圧をかけると身長を伸ばす役に立つため、ジャンプの動きをする運動がおすすめです。
ビタミンDをはじめ十分な栄養摂取とともに、疲れすぎない程度の運動を行いましょう。

積極的に改善したい時は専門医療機関へ

子供の身長が年齢の割に小さかったり、子供自身が身長に対してコンプレックスを持っていたりする場合は、早めに専門医療機関を受診しましょう。
診察や検査結果から子供に合った生活改善のアドバイスが受けられたり、必要に応じて成長ホルモン治療が提案されたりします。

この施術は成長ホルモン剤を投与することで身長の伸びを促す、直接身長の高さの改善を目指しやすい方法です。

(まとめ)子供にサプリでビタミンを取らせてもいいの?

1.子供にサプリでビタミンを取らせるより毎日の食事での十分な摂取が身長の伸びに役立ちます

ビタミンはサプリで取るよりも食品から取った方が、あらゆる栄養素も取りやすくなります。
ビタミンの中には取りすぎになるものもあるため、やはり食事で取りましょう。

また子供の成長には十分な睡眠や適度な運動も行ったほうがよいでしょう。

2.食品からあらゆるビタミンを取った方が必要な栄養を取りやすくなります

ビタミンは毎日の食事から取ることが望ましく、あらゆるビタミンをバランスよく含んだメニューを用意しましょう。
食品から取ることで、その他の栄養素の摂取もできるためたくさんの栄養素を取ることにつながります。

3.サプリの取りすぎは体に影響を及ぼす場合もあります

ビタミンは食事の中で取ることが望ましく、どうしても不足する時にサプリを利用することを考えますが、中にはサプリで取ると過剰摂取になる物があります。
そのビタミンとはA、D、Eの脂溶性ビタミンで、食品から取ることを心がけましょう。

4.身長を伸ばしたい時はビタミン摂取以外に睡眠や運動も心がけましょう

ビタミンを食事で適度に取るだけでなく、十分な睡眠や運動も子供の身長を伸ばすには必要です。
睡眠中には成長ホルモンが分泌されるためで、また運動により骨に刺激を与えると丈夫になるといわれています。

監修医情報

西新宿整形外科クリニック院長
田邊雄医師
たなべ ゆう/Yu Tanabe
経歴
富山県立富山中部高等学校卒業
金沢医科大学医学部医学科卒業
順天堂医院 初期研修医
順天堂医院 初期研修修了
順天堂医院 整形外科入局
順天堂大学大学院 整形外科学講座
下記順天堂医院関連施設にて勤務・研修
(順天堂本院、順天堂練馬、伊東市民病院、宮川病院、杏雲堂病院、浅草病院、東部地域病院、賛育会病院、王子病院 等)
日本整形外科学会認定 整形外科専門医取得
順天堂大学大学院 医学博士取得
SBCグループ・西新宿整形外科 入職
西新宿整形外科  医院長
ロコモアドバイスドクター 就任
(「ロコモ チャレンジ!推進協議会」公認)

運営者情報

運営クリニック 西新宿整形外科クリニック
住所 〒160-0023 東京都新宿区西新宿7-21-3 新宿大京ビル7階
お問い合わせ 0120-962-992
院長 田邊雄医師