子供の偏食はサプリよりもメニューなどの工夫でバランス良く栄養補給することがおすすめです


子供が偏食すると栄養が足りているか心配になりサプリで補おうとすることもあるでしょう。

しかし食べ物から栄養を補給した方がメリットも多いため、サプリだけに頼らないようにすることです。そしてサプリはあくまで健康食品のため、効果に対して医学的な根拠はありません。
含まれている成分によっては、過剰摂取によってアレルギー反応を起こす成分が含まれる場合もあるため多用は避けましょう。

もし偏食だけでなく身長の低さも気がかりな時は、専門医療機関で早めに相談しましょう。

十分身長を伸ばすには食品によるバランスのよい栄養補給が必要です

成長期の子供の栄養補給には、あらゆる食品を使ったメニューが最適で、食べ物を通して栄養を摂ることにはさまざまなメリットもあります。
そのため子供が偏食するからといってサプリで安易に補おうとするよりも、メニューなどを工夫し少しでも食べられるように勧めましょう。

食べ物から栄養補給するメリット

食べ物はたとえば野菜ひとつをとってもその中に豊富な栄養素が含まれており、さらに旬になると栄養素が増えます。

味覚が育つ

素材それぞれには味があり、それを口にすれば甘味・苦味・辛味などの味覚を刺激することになります。子供のうちは幅広い味をまだ知らないため、はじめて口にした味に対する恐怖心から偏食してしまうことがあるのです。
そのため毎日の食事の中でいろいろな味と出会い、口にしていくことで味覚が育ち、さらに食事を楽しむことができるようになっていきます。

食欲がわく

野菜やフルーツはとくに色合いが鮮やかなので、積極的に食卓へ並べることで食欲がわきやすくなります。明るい食卓にすることにも役立つので、家族で楽しく食事をする役に立ち、すると偏食の子供も食べ物への興味を持つようになるでしょう。

背を伸ばすといわれるサプリに頼りすぎないようにしましょう


子供向けのサプリがドラッグストアなどに並んでいますが、あくまで健康食品であり薬のように飲めば一定の効果があるわけではありません。
そのため製造についても薬ほど厳しい基準はなく、一定の成分を含んでいればサプリとして販売することができます。
したがって同じ成長期の子供向けをうたった商品の間でも、成分に大きな差が出ることもあり、またサプリそのものが背を伸ばす役に立つとは言われていないことから積極的な使用は控えた方が安心でしょう。

サプリを使う注意点

たとえ子供の偏食がひどいとしても食事で栄養を摂ることを大切にし、どうしてもサプリを加える時には多用しないことです。

しかしサプリの成分によっては子供にアレルギー反応が現れることもあるため、様子を見ながら使いましょう。
また、成分によってはサプリで摂ると摂りすぎが心配されるものもあるため、どのような成分が含まれるかをよくチェックすることです。

身長がよく伸びず心配になった時は専門医療機関へ相談してみましょう

子供が偏食していると栄養が十分取れていないのでは、と気になりがちですが、専門医の判断のないままサプリに頼る方法は避けた方が安心です。
もし子供の身長が伸びない時に栄養不足などを疑う場合は、その内容を専門医療機関で相談してみましょう。

必ず専門医にかかる

低身長改善は専門的な分野のため、一般的な診療科では対応が難しい場合があります。
早めの受診と施術が改善につながりやすいことからも、専門医にかかることが子供の身長についての心配を拭い去るポイントです。

早期の施術の方が薬の量も少ない

専門医療機関では成長ホルモン製剤を使った成長ホルモン治療が行われることもあり、その場合は体重によって使う薬の量が変化するので、身長を伸ばしたい時は早めの受診をおすすめします。
使う薬剤の成分は成長ホルモンと似ているため大きな副作用の心配はありませんが、量が増えるとその分費用はかさみます。

また効果の期待も年齢の低い時の方が高いため、早めの受診と施術の開始がよいでしょう。

(まとめ)偏食の子供はサプリで栄養を補うべき?

1.子供の偏食はサプリよりもメニューなどの工夫でバランス良く栄養補給することがおすすめです

偏食により栄養補給が足りないと感じてもサプリをたくさん飲ませることは避けて、食べ物を工夫して栄養を取らせましょう。
サプリの中には過剰摂取によって悪影響が出る恐れのあるものもあります。

身長の低さも心配であれば早めに専門医の診察を受けることです。

2.十分身長を伸ばすには食品によるバランスのよい栄養補給が必要です

成長期の子供に必要な栄養素は食べ物から取るようにし、偏食が多くてもサプリに頼りすぎないようにしましょう。
食べ物で栄養補給するメリットとして、味覚が鍛えられることやきれいな色合いにより食欲がわきやすいことがあります。

3.背を伸ばすといわれるサプリに頼りすぎないようにしましょう

成長期の子供に向けたサプリはあくまで健康食品であり、成分によってアレルギー反応が出る恐れもあります。
そのため子供が偏食をしてもできるだけ食事などを工夫することがおすすめで、どうしてもサプリを使いたい時は成分をよくチェックしておきましょう。

4.身長がよく伸びず心配になった時は専門医療機関へ相談してみましょう

偏食で十分な栄養が取れているか不安になる時、身長も伸びていないとさらに心配になりがちですが、その場合は専門医の受診がおすすめです。
そして年齢の低い方が改善が早くなりやすいため早期に受診しましょう。

監修医情報

西新宿整形外科クリニック院長
齋藤まい医師
さいとう まい/Mai Saito

 

経歴
2006 年 関西医科大学 医学部医学科 卒業
療法人藤井会 石切生喜総合病院 臨床研修医
2008 年 大阪市立総合医療センター 整形外科勤務
2010 年 医療法人浩仁会 南堺病院  整形外科
2011 年 医療法人宝持会 池田病院  整形外科
2016 年 西新宿整形外科

運営者情報

運営クリニック 西新宿整形外科クリニック
住所 〒160-0023 京都新宿区西新宿7-21-3 新宿大京ビル7階
お問い合わせ 0120-962-992
院長 齋藤まい医師