子供の成長ホルモンの分泌促進はサプリよりも生活習慣の改善がおすすめです


成長ホルモンの分泌をスムーズにするためには、サプリだけに頼らず食事でしっかりと栄養素を摂ることです。ほかには、ストレスが少なく十分な睡眠時間と適度な運動を行うことができている生活がおすすめです。

子供向けサプリも多数販売されていますが、成分によってはアレルギーの心配もあるため、やはり栄養は食品で摂りましょう。
もし身長がよく伸びず成長ホルモンの分泌不足が気になる時は、サプリを多用するより専門医療機関へ出かけましょう。

成長ホルモンの分泌はデリケートな働きのため健康的な生活が必要です

成長ホルモンのスムーズな分泌は子供の身長を伸ばすために必要ですが、繊細な働きのため日頃の生活習慣を整えて健康的に過ごすこともポイントです。

ストレスも成長ホルモンに影響を与える

脳下垂体前葉から分泌される成長ホルモンは生活リズムの乱れなどの影響を受けやすいため、大きなストレスを抱えていると成長ホルモンがスムーズに分泌されにくくなります。
すると身長が伸びにくくなったり疲れが翌日まで残ってしまったりし、子供の成長に影響が出る可能性があります。

成長ホルモンのスムーズな分泌が必要

成長ホルモンが十分分泌されることで、子供の身長が伸びるだけでなく体のあらゆる代謝の働きもスムーズになるため、健康的な生活を送って分泌量が乱れないようにしましょう。
そのためには、成長に必要な栄養は食事で取ってサプリには頼りすぎず、睡眠時間を十分確保して成長ホルモンの分泌がさかんな時間を取ることです。

そして運動をして骨に刺激を与えることも身長を伸ばすためには必要で、子供が好きな運動を行うことはストレス発散にもなります。

子供向けのサプリの使用はあまり望ましくありません


成長に対してよい働きが期待できるとうたって販売されている、子供向けのサプリを見かけることがあるでしょう。
このようなサプリをサポートとして利用するのはよいかもしれませんが、頼りすぎることに対してはある程度注意が必要と言えます。

サプリの注意点

手軽に不足する栄養素を補うことが期待されているこのようなサプリですが、あくまで健康食品です。
そのため、医学的に効果が証明されているものではなく、過度に利用する事には疑問が残ると言えるでしょう。

また、成分によってはサプリで摂取し続けていることによって過剰摂取を起こし、本来体が持つ働きを衰えさせてしまうかもしれないものや、体に合わずアレルギー反応が起こる可能性もあります。
サプリの中には子供の成長にうれしい成分を含むものがあるかもしれません。

しかし、健康的に成長期の子供へ栄養摂取を促すのであれば、なるべく普段の食事で摂取できる食べ物によって行うことが望ましいでしょう。

成長ホルモンの分泌が心配な時は専門医療機関へ出かけましょう

子供の身長がスムーズに伸びていかないと、成長ホルモンの分泌量を疑うのではないでしょうか。
その時には、成長を促すようなサプリを利用するよりも、専門医療機関で専門医に相談した方が安心と言えるでしょう。

一般的な病院ではなく専門医療機関を受診することで、低身長の改善に絞った施術やアドバイスが受けられるため積極的な改善に取り組めるメリットがあります。

コンプレックス解消にも役立つ

専門医療機関ではもう少し身長を伸ばしたいと、背の高さにコンプレックスを持つ子供の診察にも対応しているため、必要性や効果の期待ができる時は医師から成長ホルモン治療を提案されることがあります。

その方法は毎日指示された回数と量の成長ホルモン製剤を注射でうつことになりますが、自宅で短い針の注射器により投与するため頻繁な通院の手間がかかりません。
定期的な通院をしながら1年ほど続けるともっとも身長が伸びやすいといわれていますが、続けると身長が伸びる期待は大きい方法です。

コンプレックスが解消されると、気持ちが前向きになりストレスからも解放されるでしょう。

(まとめ)子供がサプリを飲むと成長ホルモンの分泌が促進する?

1.子供の成長ホルモンの分泌促進はサプリよりも生活習慣の改善がおすすめです

子供の成長ホルモンの分泌を促進するには、アレルギーの心配もあることからサプリに頼りすぎず食品から栄養を取りましょう。
睡眠や運動も欠かさず、どうしても身長に心配があれば専門医療機関を受診することです。

2.成長ホルモンの分泌はデリケートな働きのため健康的な生活が必要です

成長ホルモンを分泌する働きは繊細で、大きなストレスや生活の乱れにより分泌が乱れることがあります。
そのため日頃から健康的な生活を送るために、栄養を食事できちんと取り、睡眠も十分確保して適度な運動をしましょう。

3.子供向けのサプリに使用はあまり望ましくありません

子供向けのサプリを成長のサポートとして利用することがあるかもしれません。
しかしこのようなサプリは効果や根拠がはっきりしたものではない場合もあり、注意が必要な面もあります。
栄養はなるべく食事から摂るようにしましょう。

4.成長ホルモンの分泌が心配な時は専門医療機関へ出かけましょう

子供の低身長は成長ホルモン不足ではないかと疑う時は専門医にかかりましょう。
背の高さをコンプレックスに感じる場合の施術にも対応しているクリニックで、成長ホルモン治療を続けると身長が伸びる期待は高いでしょう。

監修医情報

西新宿整形外科クリニック院長
田邊雄医師
たなべ ゆう/Yu Tanabe

 

経歴
2003 年 富山県立富山中部高等学校卒業
2011 年 金沢医科大学医学部医学科卒業
2011 年 順天堂医院 初期研修医
2013 年 順天堂医院 初期研修修了
2013 年 順天堂医院 整形外科入局
2014 年 順天堂大学大学院 整形外科学講座
2013-2018 年 下記順天堂医院関連施設にて勤務・研修
(順天堂本院、順天堂練馬、伊東市民病院、宮川病院、杏雲堂病院、浅草病院、東部地域病院、賛育会病院、王子病院 等)
2018 年 日本整形外科学会認定 整形外科専門医取得
2018 年 順天堂大学大学院 医学博士取得
2018 年 SBCグループ・西新宿整形外科 入職
2018 年 西新宿整形外科  医院長
2019 年 ロコモアドバイスドクター 就任
(「ロコモ チャレンジ!推進協議会」公認)

運営者情報

運営クリニック 西新宿整形外科クリニック
住所 〒160-0023 東京都新宿区西新宿7-21-3 新宿大京ビル7階
お問い合わせ 0120-962-992
院長 田邊雄医師