成長期に夜食を与えることは成長のために良くありません


成長ホルモンの分泌を促すためには、しっかり寝ることが大切です。また血糖値をある程度下げることも成長ホルモンを分泌するためには重要になります。

夜食を食べることで、血糖値が上がってしまい、十分に成長ホルモンを分泌することができません。夜食をどうしても必要な場合は、血糖値が上がりにくい食材を選ぶようにしましょう。

できれば夜食は控え、朝食をしっかり摂るようにしてください。

成長ホルモンを分泌するためには血糖値を下げましょう

正常な発育のためには、成長ホルモンが重要な役割をすると言われています。成長ホルモンは、骨に働き背を伸ばす作用や筋肉を生成するなどの作用があると考えられています。

そのため成長期の身体にはもっとも重要なホルモンの一つなのです。この成長ホルモンは寝ている時間に多く分泌されると考えられています。

成長ホルモンの分泌を多くするためにも、夜しっかり寝ることが大切になってきます。夜食を食べてしまうと、消化するために胃腸が活発に働きます。

結果として脳が覚醒してしまい眠りを妨げる恐れがあるのです。眠りを妨げないためにも、寝る2~3時間前までには食事を済ませるように心がけましょう。

また成長ホルモンは血糖値にも関わりがあるとされています。成長ホルモンを分泌させるためには、血糖値をある程度低下させる必要があると言われています。

夜食を食べることで、血糖値は上がりやすくなります。そのためその状態で寝てしまえば成長ホルモンは分泌されにくくなってしまうのです。

人間が空腹を感じる状態になることで、成長ホルモンは多く分泌されると言われています。それは飢餓状態と認識することで、身体を守るために成長ホルモンが働くからです。

成長を促すためには、寝る前に食事を摂らないように心がけるようにしましょう。

夜食はできる限り控えるようにしましょう


成長期の子供にとって、夜食は成長を妨げる恐れがあります。そのためできる限り控えるようにしましょう。

しかしどうしてもお腹がすいた場合には、血糖値をあまり上げない食材を選ぶようにしてください。

・ゆで卵
・チーズ
・豆類
・牛乳

上記のようにたんぱく質がメインの食材を選ぶのがおすすめです。糖分が含むような食材は、血糖値が上がりやすいため注意しましょう。

またたんぱく質がメインの食材でも量が増えてしまえば、成長ホルモンの分泌を妨げます。そのため少量食べ、空腹感を紛らわすようにしましょう。

さらに夜食は肥満に繋がる恐れがあります。夜は消費エネルギーも低く、代謝も抑制されている時間帯と言われています。

そのためカロリーを抑えた食材を選ぶようにしてください。たとえば以下のような食品が挙げられます。

・味噌汁
・プレーンヨーグルト

日々空腹感を覚える場合は、3食の食事量を見直すようにしましょう。夜の食事量が少ない場合には夕食の品数を増やし、夜食は控えるようにしてください。

成長期には規則正しい生活が大切になります

成長期の子供にとって、夜食が必要になるほど夜遅くまで起きていることは良くありません。十分に寝ていないと、発育だけでなく、メンタルにも影響を与える恐れがあります。

成長期は、栄養をしっかり摂る・よく眠る・軽めの運動を行うなど、規則正しい生活を心がけましょう。規則正しい生活を過ごすことによって、健康的な成長を促進する効果が期待できます。

夜食がやめられない状態が続く場合、空腹感だけの問題では収まらない可能性があります。ストレスを抱えていることによって、食事量が極端に増える恐れがあるのです。

なにか食事面などで不安がある際は、早めに信頼できる医師に相談するようにしてください。成長期の子供は、大人以上にストレスがかかりやすいと言われています。

そのためメンタルには注意するようにしてください。ストレスによって、生理が止まる、成長が止まるなどの症状に陥る可能性があります。

(まとめ)成長期に夜食を食べても問題ないの?

1.成長期に夜食を与えることは成長のために良くありません

成長ホルモンの分泌を促すためには、しっかり寝ること、血糖値を下げることが大切です。夜食を食べる場合には、血糖値が上がりにくい食材を選びましょう。

できれば夜食は控え、朝食をしっかり食べるようにしましょう。

2.成長ホルモンを分泌するためには血糖値を下げましょう

成長ホルモンには、背を伸ばす、筋肉を生成するなどの役割があります。成長ホルモンは寝ている時に多く分泌されます。

夜食で胃腸が活発に働くことで、眠りを妨げます。血糖値を下げる、空腹の状態にすることが成長ホルモンの分泌を増やすために大切です。

3.夜食はできる限り控えるようにしましょう

夜食は、できるだけ控える様にしましょう。空腹感を紛らわすためには、たんぱく質メインの食事、低カロリーの食材を選ぶようにしてください。

毎日夜食が必要な場合は、夕食を一品増やし夜食は控えるように心がけましょう。

4.成長期には規則正しい生活が大切になります

成長期の子供は、十分に寝ていないとメンタルにも影響を及ぼします。規則正しい生活を過ごすように心がけましょう。

メンタルの問題によっても夜食をやめることができない場合があります。過度なストレスが溜まっていないか注意するようにしましょう。

監修医情報

西新宿整形外科クリニック院長
田邊雄医師
たなべ ゆう/Yu Tanabe
経歴
富山県立富山中部高等学校卒業
金沢医科大学医学部医学科卒業
順天堂医院 初期研修医
順天堂医院 初期研修修了
順天堂医院 整形外科入局
順天堂大学大学院 整形外科学講座
下記順天堂医院関連施設にて勤務・研修
(順天堂本院、順天堂練馬、伊東市民病院、宮川病院、杏雲堂病院、浅草病院、東部地域病院、賛育会病院、王子病院 等)
日本整形外科学会認定 整形外科専門医取得
順天堂大学大学院 医学博士取得
SBCグループ・西新宿整形外科 入職
西新宿整形外科  医院長
ロコモアドバイスドクター 就任
(「ロコモ チャレンジ!推進協議会」公認)

運営者情報

運営クリニック 西新宿整形外科クリニック
住所 〒160-0023 東京都新宿区西新宿7-21-3 新宿大京ビル7階
お問い合わせ 0120-962-992
院長 田邊雄医師