子供向けのサプリによる過剰摂取で副作用が起こることがあります


子供向けのサプリを飲むことによって、副作用が起こる可能性はあると考えられます。
サプリそのものが有害であるとする説もありますが、サプリによる副作用の多くは過剰摂取によって引き起こされるとされています。
サプリは薬ではなく健康食品にあたるため、薬事法の規制を受けません。

そのためコンビニやスーパーなどで手軽に買うことができますが、その手軽さゆえに過剰摂取になるリスクは高いと言えます。
サプリはあくまで健康食品なので、飲むだけで子供の身長が伸びることはありません。

子供の身長を伸ばすにはサプリに依存せず、低身長の治療を取り扱う専門のクリニックに相談してみましょう。

サプリの過剰摂取による副作用が懸念されています

サプリはどこでも手軽に買える商品として身近な存在になっていますが、一方で過剰摂取による副作用の危険性が指摘されています。
海外で行われた追跡調査では特定の栄養素を数年間過剰摂取した結果、人体に深刻な影響を及ぼしたというデータが発表されています。

サプリは飲むだけで子供の身長が伸びたり、健康になったりする特効薬ではなく、あくまで補助的な役割を担うものです。
どんな栄養素も摂りすぎると思わぬ健康被害に遭う可能性があり、たくさん飲んでも効果が出ないことを認識しましょう。

とくに海外のサプリは日本の安全基準に沿って作られておらず、身体が大人になっていない成長期の子供には影響が強すぎることがあります。
日本ではクリニックで使用される薬剤や、ドラッグストアなどで売られている医薬品に対して、法律で安全性を保証しています。

しかしサプリに関してはそこまで厳しく基準が定められておらず、すべてのサプリが安全であるとは言い切れません。
また必要な成分だけが含まれているとも限らず、製造過程において着色料などの添加物などが加えられることもあります。

現在服用している薬がある場合、薬との飲み合わせが悪い可能性もあるため、サプリを使用する際には慎重性が求められます。

成長期の子供には食事から栄養素を摂らせてあげましょう


子供の身長を伸ばしてあげたいと考えるのであれば、サプリ中心の栄養摂取ではなく、普段の食事から栄養素が摂れるようにしましょう。
身長を伸ばすためには、多くの栄養素をバランス良く摂取できるようにしてあげることが必要です。

カルシウムは身長を伸ばす栄養素として認識されており、昔から牛乳をたくさん飲めば身長が伸びると言われてきました。
しかしカルシウムの働きは身長を伸ばすことではなく、丈夫な骨を作ることにあります。
誤った解釈で栄養素のバランスを崩さないためにも、食生活についての相談は低身長治療を行う専門医にするとよいでしょう。

身長の伸びに関わる栄養素の筆頭は肉や魚、大豆などに含まれるタンパク質になります。
子供の身長を伸ばすには成長ホルモンが分泌されなければなりませんが、タンパク質には成長ホルモンの分泌を促進する作用があります。

タンパク質のほかにもビタミンやミネラルの働きが子供の成長に欠かせません。
野菜や海藻なども献立に取り入れ、子供の成長をサポートしていきましょう。

子供の身長を伸ばすために生活習慣を見直しましょう

生活習慣の見直しは子供の身長を伸ばしていくために取り組むべきことです。
スマートフォンやパソコン、テレビゲームなどが生活に浸透したことによって、子供の生活リズムは簡単に乱れやすくなっています。

室内での遊びがすべて悪いわけではありませんが、外で思い切り身体を動かして遊ぶように促してあげましょう。
適度な運動は成長ホルモンの分泌を促進し、子供の身長が伸びやすくなる土台となります。

また運動をすることで眠りに陥りやすくなるので、睡眠の改善も期待できます。
成長ホルモンは就寝中の深い眠りの時にもっとも分泌が増えるので、よく眠ると成長ホルモンの分泌を活性化して身長が伸びることにつながるでしょう。

早寝早起きさせることを心がけることも、子供の身長を伸ばすための秘訣です。

(まとめ)子供向けのサプリに副作用はある?

1.子供向けのサプリによる過剰摂取で副作用が起こることがあります

子供がサプリを飲むことで、副作用を起こすリスクはあると考えられます。
サプリは手軽に入手できるため過剰摂取になりやすく、それによって副作用が起こることがあります。

子供の低身長を改善したいと考えるのであれば、専門のクリニックに相談しましょう。

2.サプリの過剰摂取による副作用が懸念されています

サプリによる副作用は、過剰摂取によって引き起こされると考えられています。医薬品のように法律で安全性が保証されていないため、使用する際には注意が必要です。

サプリを飲むだけで子供の身長が伸びることはなく、サプリに頼っても低身長は改善されません。

3.成長期の子供には食事から栄養素を摂らせてあげましょう

子供の身長を伸ばしていくためには、サプリではなく食事から栄養素を摂る習慣を身につけることが大切です。
特にタンパク質を意識しながら、ビタミンやミネラルの摂取も意識して野菜や海藻などを食べさせてあげましょう。

4.子供の身長を伸ばすために生活習慣を見直しましょう

生活習慣を見直すと身長が伸びやすい身体作りができます。
室内遊びばかりに偏らず、外で身体を動かす習慣を身につけることで睡眠の質が改善される効果も期待できます。

成長ホルモンは就寝中に分泌されるので、運動と睡眠の必要性について考えていきましょう。

監修医情報

西新宿整形外科クリニック院長
田邊雄医師
たなべ ゆう/Yu Tanabe

[su_button url=”https://www.ns-seikeigeka.com/dr.html#tanabe” target=”blank” style=”flat” background=”#edc726″]詳しくはこちら[/su_button]

経歴
富山県立富山中部高等学校卒業
金沢医科大学医学部医学科卒業
順天堂医院 初期研修医
順天堂医院 初期研修修了
順天堂医院 整形外科入局
順天堂大学大学院 整形外科学講座
下記順天堂医院関連施設にて勤務・研修
(順天堂本院、順天堂練馬、伊東市民病院、宮川病院、杏雲堂病院、浅草病院、東部地域病院、賛育会病院、王子病院 等)
日本整形外科学会認定 整形外科専門医取得
順天堂大学大学院 医学博士取得
SBCグループ・西新宿整形外科 入職
西新宿整形外科  医院長
ロコモアドバイスドクター 就任
(「ロコモ チャレンジ!推進協議会」公認)

運営者情報

運営クリニック 西新宿整形外科クリニック
住所 〒160-0023 東京都新宿区西新宿7-21-3 新宿大京ビル7階
お問い合わせ 0120-962-992
院長 田邊雄医師