子供が成長する時期は3食しっかり食事を摂るように心がけましょう


子供の成長にとって食事は最も大切です。

幼児期には1日1200~1400Kcal程度のエネルギーが必要とされています。
炭水化物やタンパク質、ビタミンなどの栄養素をバランス良く摂取するためにも、3食をしっかり摂ることが重要であると言われています。

活動量も多いため1日3回の食事で補うことができないときには、おやつとして果物などでエネルギーをしっかり摂取するようにしましょう。

「食育」を意識すると良いです

「食育」とはさまざまな経験を通じて食に関する知識やバランスのいい食を選択する力を身につけ、健全な食生活を実践できる力を身につけることです。
特に幼児期の食育は大切と言われており、身体の成長だけでなく心の成長にも関わっているとされています。

食事の正しい知識やバランスのいい食事を行うことで、子供の成長にとって大切と考えられています。
政府でも厚生労働省と農林水産省が共同で、「食事バランスガイド」を作成しているのです。

何をどれだけバランス良く食べているかが重要であり、まんべんなく食べることを推奨しています。

「主食」「副菜」「主菜」「牛乳・乳製品」「果物」の5つのグループをしっかり食べることで、栄養バランスが整いやすくなるのです。

日々の食事の際に、意識することが大切になってきます。
幼児期には1日1200~1400Kcal程度のエネルギーが必要と言われており、多くの食材を摂るように心がけるようにしましょう。

子供の場合、活動量も多く1食で必要なエネルギーを摂取することが難しいため、おやつなどで不足分を補うようにしてください。

「楽しさ」を教えることが大切です


食事は一生続くことなので、子供のときには食事の基礎を作る重要な時期とも言われています。
バランスのいい食事だけでなく、食事の楽しさを教えることも子供のときには大切なことです。

例えばどのようなことが挙げられるのか、探っていきましょう。

食事のリズムを整える

食事のリズムを整えることで、自然に子供は「お腹がすいた」と感覚を持つことができます。
また遊びと食事を切り替えることができるようになり、自ら食卓に向かうようになっていくでしょう。

一緒に食べる

できる限り子供と一緒に食卓を囲むようにしましょう。
家族が美味しそうに食べることで、無意識に嫌いなものでも食べられるようになっていきます。
また楽しく会話が弾むことで、子供は食事の時間が楽しいと思えるようにもなっていくでしょう。

食事の関心を高めるために工夫する

子供が食に興味を持てるように工夫することも大切です。

  • 一緒に買い物に行く
  • 家庭菜園をする
  • 食事やおやつを一緒に作る
  • 盛り付けを楽しむ

このように一緒にできることを子供と楽しみながら行っていきましょう。

子供の食事を見守る

子供の食事はムラや好き嫌いなどで、イライラすることがあるでしょう。
食事を急がせて、無理して完食させようとすると子供は食事に苦痛を感じることがあります。

できるだけ子供の食事はゆとりを持って、見守るようにしましょう。

栄養バランスが崩れることで成長に影響を及ぼします

子供の食事のバランスが崩れることで、身体面だけでなく精神面にも影響を及ぼすと言われています。

身体面の影響

低栄養や肥満、生活習慣病などさまざまな病気になる可能性があります。
また免疫力の低下にもつながると言われており、風邪をひきやすいなどの症状が出る場合もあるため注意が必要です。

精神面の影響

集中力の低下やキレやすくなる、イライラするなど情緒の不安定さも起こりやすいと言われています。

心配があれば、早めに専門の医療機関で相談しましょう

子供の成長にとって食事は重要です。
好き嫌いなど極端な偏食や成長が遅れなど、何か心配なことがあれば、早めに専門の医療機関で相談するようにしましょう。
早めに医療機関を受診することで、病気などがあれば早期に治療することができます。

また専門の知識を持った人に相談することで、悩みを解決しやすくなるでしょう。

(まとめ)子供が成長する時期に食事で気をつけたいこととは?

1.子供が成長する時期は3食しっかり食事を摂るように心がけましょう

幼児期には1日1200~1400Kcal程度のエネルギーが必要です・栄養バランスを考え、3食しっかり摂取するようにしましょう。
おやつは果物などで足りないエネルギーを補うようにしてください。

2.「食育」を意識すると良いです

「食育」とは健全な食生活を送るための教育のことです。何をどれだけ食べるかを意識して食事を摂ることが重要と言われています。
「主食」「副菜」「主菜」「牛乳・乳製品」「果物」の5つのグループをしっかり食べることで、栄養バランスが整いやすくなります。

3.「楽しさ」を教えることが大切です

子供の食事は、基礎を作る重要な時期と言われています。バランスのいい食事だけでなく、楽しさも教えるようにしましょう。
リズムを整えたり、食卓を楽しく囲んだりなど工夫するようにしてください。

4.栄養バランスが崩れることで成長に影響を及ぼします

子供の食事は身体面や精神面にも影響を及ぼすと言われています。例えば、肥満や生活習慣病、集中力の低下やイライラなどにつながると考えられています。
もし栄養面に問題ないにもかからわず身長に心配がある場合は、専門医療機関へ相談しましょう。

監修医情報

西新宿整形外科クリニック院長
齋藤まい医師
さいとう まい/Mai Saito

 

経歴
2006 年 関西医科大学 医学部医学科 卒業
療法人藤井会 石切生喜総合病院 臨床研修医
2008 年 大阪市立総合医療センター 整形外科勤務
2010 年 医療法人浩仁会 南堺病院  整形外科
2011 年 医療法人宝持会 池田病院  整形外科
2016 年 西新宿整形外科

運営者情報

運営クリニック 西新宿整形外科クリニック
住所 〒160-0023 京都新宿区西新宿7-21-3 新宿大京ビル7階
お問い合わせ 0120-962-992
院長 齋藤まい医師