たんぱく質は子供の成長する際、さまざまな組織を構成する源です


たんぱく質とは主にアミノ酸で構成されており、炭水化物や脂質とあわせて三大栄養素と呼ばれています。たんぱく質は、筋肉や血液、臓器、髪の毛などさまざまな組織を作る栄養素です。

さらに神経伝達物質の材料にもなります。
そのため思考をスムーズに行うことや記憶力にも影響していると言われています。

たんぱく質には動物性と植物性があり、含まれている必須アミノ酸が異なります。
そのためたんぱく質を十分に摂っているつもりでも必須アミノ酸が不足している場合があります。

さまざまな種類のたんぱく質を摂取するように心がけましょう。

たんぱく質は子供にとって欠かせない栄養素です

たんぱく質は炭水化物、脂質とあわせて三大栄養素と呼ばれています。
たんぱく質は身体を作る主成分であり、筋肉や血液、臓器、皮膚、骨、髪の毛などさまざまな臓器の主成分となるのです。

その主成分は男性では16~18%程度、女性では14~16%程度占めていると言われています。

さらに脳の神経伝達物質の材料にもたんぱく質はなっているのです。
神経伝達物質は、目や耳で取り入れた情報を脳に取り込む役割をしています。

そのため脳の働きが良くなり、思考がスムーズになりやすくなる効果が期待できるでしょう。
ほかにも、筋肉や臓器を働かせるホルモンや酵素の主成分、病気などから身体を守る免疫細胞も主にたんぱく質と言われています。

つまり、成長期の子供にとって健康な身体や脳を作るためには必要不可欠な栄養素と言えるのです。

1日に必要なたんぱく質の量は50g程度と言われています


たんぱく質には動物性たんぱく質と植物性たんぱく質があります。
まず。それぞれがどのような性質を持っているのか確認しましょう。

動物性たんぱく質

動物由来のたんぱく質で、肉や魚介類、卵、乳製品などに含まれています。
吸収率は90%以上と高めです。9種類程度の必須アミノ酸を含んでいると言われています。

植物性たんぱく質

植物由来のたんぱく質で、米や小麦、大豆、野菜、果物などに含まれています。
吸収率は80%程度とされています。
この2つのたんぱく質は含まれる必須アミノ酸が異なるため、さまざまな食べ物からたんぱく質を補うことが大切です。

たんぱく質の1日の推奨量は、10~11歳では男女ともに50g、12~14歳では男の子が60g、女の子が55gとされています。
一度の食事で多く摂取しても、体内で効果的に活用できないと言われているのです。

3食の食事やおやつでバランス良くたんぱく質を摂取することが大切になります。

たんぱく質の含有率が非常に高い食材

効率よくたんぱく質を摂取するためのおすすめの食材をご紹介します。

  • 鰹節
  • 高野豆腐
  • きな粉
  • イワシ
  • 焼き海苔

納豆や豆腐は含有率が低いと考えられています。
ただ調理を必要としない納豆や牛乳などは比較的お手軽に摂取できる食材です。

摂取量を底上げするためにも日々の食事に摂り入れてみてください。

たんぱく質の不足は運動能力の低下などを招きます

たんぱく質は健康な身体を作る上で必要な栄養素であるにもかかわらず、摂取量が減ってきているとの報告があります。

これは肉や魚嫌いなどの偏食や乳製品アレルギーなどさまざまな原因によるものと考えられています。
成長期の子供がたんぱく質不足になると身体や脳にさまざまな悪影響を及ぼすと言われています。

  • 身体や脳が十分に発達しない
  • 集中力低下
  • 筋力低下
  • 運動能力低下
  • 免疫力低下

反対に過剰に摂取することで肥満や腸内環境の悪化などの症状が現れると言われています。
そのためたんぱく質は適正量をしっかり摂取することが大切になります。

取り入れ方としては3食とおやつの中でたんぱく質を多く摂り入れるようにすると良いです。
さまざまな食材からたんぱく質を摂取することで、必須アミノ酸を身体に摂り入れることができます。

栄養バランスのいい食生活を心がけるようにしましょう。
また子供の成長など不安がある場合は、必ず専門の医療機関で相談するようにしましょう。

専門医に相談することで、正しい対処を行うことができます。

(まとめ)子供の成長にたんぱく質はどう影響するの?

1.たんぱく質は子供の成長する際、さまざまな組織を構成する源です

たんぱく質は主にアミノ酸で構成されており、三大栄養素の1つです。筋肉や血液、臓器などさまざまな組織を構成する栄養素で脳の神経伝達物質の材料にもなります。
動物性と植物性のたんぱく質は含まれる必須アミノ酸が異なります。

2.たんぱく質は子供にとって欠かせない栄養素です

たんぱく質は身体を作る主成分であり、あらゆる臓器やホルモン、酵素を作る役割があります。脳の神経伝達物質の材料でもあるため、脳の働きをよくするためにはたんぱく質が重要です。
たんぱく質は健康的な身体や脳を作るためには必要不可欠な栄養素です。

3.1日に必要なたんぱく質の量は50g程度と言われています
たんぱく質には動物性たんぱく質と植物性たんぱく質があります。この2つのたんぱく質は、含まれる必須アミノ酸の種類が異なり、吸収率も変わります。
1日に必要な摂取量は50g程度とされており、3食の食事で摂ることが大切です。
4.たんぱく質の不足は運動能力の低下などを招きます

たんぱく質が不足すると身体や脳が十分に発達しないだけでなく、集中力低下や運動能力の低下などの症状が現れると言われています。
反対に過剰摂取は、肥満や腸内環境の悪化などを招く可能性があります。適正量を意識し、バランス良い食生活を心がけましょう。

監修医情報

西新宿整形外科クリニック院長
齋藤まい医師
さいとう まい/Mai Saito

 

経歴
2006 年 関西医科大学 医学部医学科 卒業
療法人藤井会 石切生喜総合病院 臨床研修医
2008 年 大阪市立総合医療センター 整形外科勤務
2010 年 医療法人浩仁会 南堺病院  整形外科
2011 年 医療法人宝持会 池田病院  整形外科
2016 年 西新宿整形外科

運営者情報

運営クリニック 西新宿整形外科クリニック
住所 〒160-0023 京都新宿区西新宿7-21-3 新宿大京ビル7階
お問い合わせ 0120-962-992
院長 齋藤まい医師