子供の成長の遅れは遺伝や病気、生活環境などが原因と考えられます


子供の成長には個人差があり、遅れの原因も人によってさまざまです。
成長が遅れる25%程度は親からの遺伝と考えられています。

それ以外にもホルモン異常などの病気やネグレクト、生活環境などの要因も挙げられるでしょう。
病気が原因の場合は、きちんと治療を行う必要があります。
生活環境などの場合は、睡眠、運動、栄養などを見直すようにしましょう。

成長には個人差があるため成長曲線で確認することが大切です

子供の成長には個人差があるため、成長が遅れているかどうかの目安として成長曲線が多く用いられています。成長曲線とは性別によって多くの子供の身長や体重の年齢別平均値や標準偏差をグラフで表したものです。

-2.0SDから+2.0SDの間に約95%の子供が含まれているため、-2.0SD以下の子供は100人のうち2~3人程度と言われています。
-2.0SD以下になった場合、成長の遅れが考えられるため注意が必要になってきます。

成長が遅れる原因

成長が遅れる原因は複数考えられるため、1つずつ見ていきましょう。

遺伝

原因の25%程度が遺伝と言われています。
身長が低めの家庭だと、子供も身長が低くなりやすいと考えられています。

ただ成長の遅れの原因が全て遺伝ではないため、遅れが気になる場合は一度検査することが大切です。

ホルモンの異常

成長ホルモンや甲状腺ホルモンの病気が原因の可能性もあります。
この場合、不足しているホルモンなどを治療で補うことで改善することが期待できるのです。

染色体の異常

ターナー症候群やプラダー・ウィリー症候群などによって成長が遅れることがあります。
合併症もあるため、早期の治療が大切になるのです。

その他の病気

他にも子宮内発育不全や骨や軟骨の病気など、さまざまな病気によっても引き起こされる可能性があります。

生活習慣

栄養や睡眠などの状態によっても成長が遅れると言われています。
また子供のストレスなどの心理状態も関係しているため、生活習慣を見直すことが大切です。

子供の成長には「食事・睡眠・運動」が大切になります


子供の成長のためには食事・睡眠・運動が大切と言われています。
この3つがどのように成長に関わってくるのかご紹介します。

食事

3食バランスの良い食事が子供の成長のためには重要です。
炭水化物・脂質・タンパク質・ビタミン類・ミネラルの5大栄養素をしっかり意識して行うようにしましょう。
また子供は好き嫌いなどによって栄養が偏りやすくなります。

好き嫌いを減らすためにも、食事の時間が楽しくなるように工夫するように心がけましょう。

睡眠

睡眠は身体を休めるだけではなく、子供の成長にとって大切な役割があります。
子供の成長のためには、成長ホルモンと呼ばれる物質が影響すると考えられています。
この成長ホルモンは深い睡眠によって分泌が促進されるため、質のいい睡眠は成長にとって必要不可欠です。

生活リズムを整えるなど睡眠の質を上げるように意識してください。

運動

適度な運動も成長のためには欠かせない要素と言われています。
運動によって、成長ホルモンの分泌も促すと考えられているのです。
また運動することで食欲が増進され、質のいい睡眠にもつながります。

ただし、負荷の強い運動は成長期の子供にとって怪我などを起こす可能性もあるため注意しましょう。

一度専門機関に相談することが大切になります

子供の成長の遅れは生活習慣を見直すだけでは改善されないこともあります。
成長ホルモンの分泌異常などの病気がある場合は、医療による治療が必要です。

成長の遅れが気になった場合は、早めに専門の医療機関に相談することが大切になります。
早めに検査を受けることで原因を突き止め、正しい治療を受けることができるのです。

とくに成長ホルモンの治療などはできるだけ早めに開始した方がいいと言われています。
成長の遅れを確認するためにも成長曲線などを用いて記録するようにしましょう。

その記録を病院受診時に持って行くことで、成長の経過をチェックすることができます。

(まとめ)子供の成長が遅れてしまう原因とは?

1.子供の成長の遅れは遺伝や病気、生活環境などが原因と考えられます

子供の成長には個人差があり、成長の遅れは人によって原因は異なります。成長が遅れは、遺伝や病気、生活環境などが原因と考えられています。
原因にあった治療や生活習慣の見直しを行うことが大切です。

2.成長には個人差があるため成長曲線で確認することが大切です

子供の成長を確認するために成長曲線が多く用いられています。
-2.0SD以下になった場合成長の遅れが考えられるため注意が必要です。
成長が遅れる原因は遺伝だけではなく、病気などの原因もあるため、早めに専門の医療機関で検査を行うようにしましょう。

3.子供の成長には「食事・睡眠・運動」が大切になります

子供の成長にとって食事・睡眠・運動が大切と言われています。5大栄養素をバランス良く摂取し、さらに生活リズムを整えるなど質のいい睡眠を心がけてください。
適度な運動を行うことで食欲増進効果や質のいい睡眠につながると言われています。

4.一度専門機関に相談することが大切になります

子供の成長の遅れは病気が原因の場合もあるため、きちんとした治療は必要になってきます。成長の遅れが気になる場合は、早めに専門の医療機関に相談するようにしましょう。
成長曲線によって成長経過で記録しておくと、成長の流れを確認できます。

監修医情報

西新宿整形外科クリニック院長
齋藤まい医師
さいとう まい/Mai Saito

 

経歴
2006 年 関西医科大学 医学部医学科 卒業
療法人藤井会 石切生喜総合病院 臨床研修医
2008 年 大阪市立総合医療センター 整形外科勤務
2010 年 医療法人浩仁会 南堺病院  整形外科
2011 年 医療法人宝持会 池田病院  整形外科
2016 年 西新宿整形外科

運営者情報

運営クリニック 西新宿整形外科クリニック
住所 〒160-0023 京都新宿区西新宿7-21-3 新宿大京ビル7階
お問い合わせ 0120-962-992
院長 齋藤まい医師