加圧トレーニングに限らず成長ホルモンの分泌には適度な運動が必要です


成長ホルモンの分泌を促したい時に適度な運動は欠かせません。すが、疲れすぎたりカロリー摂取が不足したりしないようすることも大切です。
子供に加圧トレーニングをさせる場合には、負荷の大きさに注意し、負担が大きすぎて体を壊さないよう気を付けましょう。

加圧トレーニングなどの運動を行う前にはカロリーを取って成長を妨げないようにしましょう。
また、十分な睡眠を取って成長ホルモンの分泌をさらに促すことも重要です。

子供の加圧トレーニングは負荷をかけすぎないことがポイントです

加圧トレーニングは、脳下垂体からの成長ホルモンの分泌を促進すると言われていますが、子供が行う時は正しい知識のある専門のトレーナーの元で実施するようにしましょう。
血流を制限した状態でトレーニングする方法が加圧トレーニングですが、子供にはさせるべきではないという説もあり、必ずしもおすすめとは言い切れません。

しかし、加圧トレーニングをすると骨格の成長に役立つという意見もあるため、良いと思える範囲で取り組んではいかがでしょうか。

過度な運動に注意

運動することが成長ホルモンの分泌には良いと言われています。
しかし、だからといって取り組みすぎると運動にカロリーが使われてしまって、成長のための栄養が不足してしまいます。

実際に低身長で悩んでいたお子さんで、運動のしすぎが原因だったというケースも少なくありません。
成長に必要なタンパク質などの栄養を十分補給した上で、運動を行うようにしましょう。

筋トレを行うと成長ホルモンの分泌を促すと言われていますが、有酸素運動と組み合わせて行う場合は、筋トレを先に行うことがポイントです。
有酸素運動を先に取り組んでしまうとエネルギーが消費されて、筋トレに使うエネルギーが足りなくなってしまうとされています。

身長を伸ばしたい時は必要な栄養素をしっかり取りましょう


成長ホルモンを分泌させて身長がスムーズに伸びていくためには、さまざまな栄養素を使って体づくりが行われていきます。
しかし、運動して体を動かす時にも栄養素は必要となります。

成長と運動のどちらにも必要な十分な栄養素が取れていなければ、先に運動に使われてしまって成長に使う栄養素が不足してしまうでしょう。

運動で栄養を使いすぎると成長にまで回らなくなる可能性があるため、食事で取る栄養バランスをよく考え、適度な運動内容にすると良いでしょう。
年齢によっては習い事などで忙しくなり、食事が不規則になることも出てきます。

その時は、習い事などの前に軽い食事を取らせてあげましょう。食事の準備が難しい場合は、お肉を使ったお好み焼きや鮭・ツナを具にしたおにぎりなどがおすすめです。

身長を伸ばすことを考える時は、タンパク質をしっかり取ることが重要です。
1日3食以外の食事でもタンパク質が含まれているかどうかチェックしましょう。

年齢に応じた睡眠時間をたっぷり取りましょう

加圧トレーニングなどの運動をしたあとにも成長ホルモンの分泌が促進されますが、睡眠中が最も多く成長ホルモンが分泌されるチャンスなのでしっかり睡眠を取ることも大切です。
寝初め2時間が最も分泌量は多いと言われているので、その時間帯に深い眠りにつくことができる工夫をしましょう。

適度な運動をすると心地よい疲労感が得られてぐっすり眠ることにつながるとされていますが、運動しすぎてしまうと、かえって疲労が大きくなり寝たくても寝られない状態になりかねません。
そのため、運動はその子に合った内容を行うようにしましょう。

睡眠時間の目安は、8時間以上や9時間以上といった意見があります。
しかし、身長が伸びる期間を長く増やすためには、22時以前に眠り、かつできるだけ長い睡眠時間を継続して取るようにすることがなにより大事でしょう。

「寝る子は育つ」ということわざは科学的にも根拠があると言えるため、夜更かしせず早く寝させてあげましょう。
それに睡眠は運動などの疲労回復にも欠かせないため、十分な睡眠時間が確保できる生活になるようサポートしてあげてください。

(まとめ)加圧トレーニングで成長ホルモンは増える?

1.加圧トレーニングに限らず成長ホルモンの分泌には適度な運動が必要です

加圧トレーニングを子供にさせる時は負荷が大きすぎないようにし、運動する時は疲れすぎやカロリー不足にならないことも心がけましょう。必要な栄養を日頃からきちんと取って、十分睡眠時間を取ることも成長ホルモンの分泌に欠かせません。

2.子供の加圧トレーニングは負荷をかけすぎないことがポイントです

子供が加圧トレーニングをする時は、知識のある専門家の元で行いましょう。運動は成長ホルモン分泌に良いと言われますが、運動のしすぎには注意が必要です。
成長するために必要な栄養素を取りながら運動することを心がけてください。

3.身長を伸ばしたい時は必要な栄養素をしっかり取りましょう

成長ホルモン分泌を促す運動にも、背を伸ばすことにも十分な栄養が必要です。そのため、運動で栄養が不足してしまわないよう栄養バランスの良い食事を心がけましょう。
不規則になりそうな時は習い事などの前に軽食を用意してあげることがおすすめです。

4.年齢に応じた睡眠時間をたっぷり取りましょう

運動後に成長ホルモンが分泌されますが、眠っている間に多く分泌されます。8~9時間以上は睡眠を取るようにし、特に眠り初めの2時間でぐっすり眠れるような工夫をしてあげましょう。

監修医情報

西新宿整形外科クリニック院長
田邊雄医師
たなべ ゆう/Yu Tanabe

 

経歴
2003 年 富山県立富山中部高等学校卒業
2011 年 金沢医科大学医学部医学科卒業
2011 年 順天堂医院 初期研修医
2013 年 順天堂医院 初期研修修了
2013 年 順天堂医院 整形外科入局
2014 年 順天堂大学大学院 整形外科学講座
2013-2018 年 下記順天堂医院関連施設にて勤務・研修
(順天堂本院、順天堂練馬、伊東市民病院、宮川病院、杏雲堂病院、浅草病院、東部地域病院、賛育会病院、王子病院 等)
2018 年 日本整形外科学会認定 整形外科専門医取得
2018 年 順天堂大学大学院 医学博士取得
2018 年 SBCグループ・西新宿整形外科 入職
2018 年 西新宿整形外科  医院長
2019 年 ロコモアドバイスドクター 就任
(「ロコモ チャレンジ!推進協議会」公認)

運営者情報

運営クリニック 西新宿整形外科クリニック
住所 〒160-0023 東京都新宿区西新宿7-21-3 新宿大京ビル7階
お問い合わせ 0120-962-992
院長 田邊雄医師