鶏肉はタンパク質を含み、成長ホルモンの分泌促進に役立つ食品です


成長ホルモンをつくることや身長を伸ばすために軟骨細胞を増やすにはタンパク質が必要ですが、鶏肉は高タンパクが特徴の食材なのでおすすめです。
他にも鶏肉には、低脂肪、ビタミンやミネラルが豊富、リノール酸が含まれているなどのメリットがあります。

そして鶏肉などで十分な栄養を取ったら睡眠時間もしっかり取るようにしましょう。
なぜなら睡眠中は最も成長ホルモンの分泌が多くなるからです。
もし栄養面や睡眠時間の改善をしてもなかなか身長が伸びない時は専門医に相談する方法もあります。

鶏肉は低脂肪で高タンパクなどメリットの多い食品です

鶏肉の特徴は低脂肪で高タンパクということの他にも、消化吸収が良いことや動脈硬化を防ぐと期待されるリノール酸が含まれていること、豊富なビタミン・ミネラル類を含んでいるなど、さまざまなメリットがあります。
詳しい栄養素は鶏肉の部位によって違ってきますが、どの部位を食べてもお子さんの成長にうれしい働きが期待できる食材です。

そして成長ホルモンはタンパク質でできていることから、十分なタンパク質があることで十分に分泌されやすくなると言えます。

子供の身長を伸ばすには軟骨を増やすことが必要

身長が伸びることは骨が伸びることですが、そのためには骨端線という軟骨組織が増える必要があります。骨をつくるというとカルシウムをイメージする方も少なくありませんが、お子さんの骨を伸ばす時軟骨細胞を増やすにはタンパク質が必要なのです。

実はカルシウムは軟骨を増やして骨が伸びたあとで強く硬くし、丈夫にしていくために必要な栄養素になっています。
そのため、成長ホルモンの分泌を促進して鶏肉などから十分にタンパク質を取り、牛乳などでしっかりとカルシウムを取っていくことが、丈夫な体で身長を伸ばすことに役立つと言えます。

成長ホルモンの分泌促進にはたっぷり睡眠を取りましょう


タンパク質などの栄養素を、鶏肉などからしっかりと取るようにしたら、合わせて睡眠時間も十分取れているかチェックしてみましょう。
なぜなら成長ホルモンの分泌は眠っている間に最も多くなるので、睡眠不足になると成長ホルモンの分泌量が減る可能性があります。

ではお子さんにとってどのくらいの睡眠時間が取れていれば良いかと言うと、年齢によって違ってきます。例えば小学校低学年では10~10時間半、高学年でも9時間半は睡眠を取ることがおすすめです。
しかし実際では平均睡眠時間はこれよりも1時間ほど短くなっていることから、睡眠不足になっている子が多いという状態にあります。

睡眠時間を削っている要因を考える

現代の日本の子供たちは、習い事で忙しかったりスマホでSNSやゲームを楽しんだりして睡眠時間をつい削ってしまいがちになっています。
慢性的に睡眠不足の状態が続けば、いくら十分栄養が取れていたとしてもしっかりと身長の伸びに反映されない可能性があるのです。

お子さんも身長にコンプレックスをお持ちであれば、睡眠不足にさせている原因を一緒になって振り返りなくしていくようにしましょう。

食事や睡眠を改善しても身長が気になる時は専門家に相談しましょう

生活習慣の改善をしてもお子さんの身長が伸びない時には、整形外科で低身長の専門医に相談してみてはいかがでしょうか。
病院でカウンセリングや検査を受けることで、よりはっきりとした原因が分かることもあり、必要がある時には成長ホルモン剤を投与して直接的に低身長改善に向かう方法もあります。
成長ホルモン剤は体の中でも分泌されている成長ホルモンの成分を使うので、体に大きな負担がかからず安心して施術が受けられます。

また、医師がその子に必要なホルモン剤の量を適切に見極めるので、無理なく低身長改善に取り組める特徴があります。
もちろん一度の診察ですぐにホルモン剤の使用を始めるというわけではなく、カウンセリングや説明などを受けて了承してから施術スタートになるので、その点も安心です。

まずは気になるクリニックにカウンセリング予約をしてみてはいかがでしょうか。

(まとめ)鶏肉を食べると成長ホルモンが増えるって本当?

1.鶏肉はタンパク質を含み、成長ホルモンの分泌促進に役立つ食品です

身長を伸ばすには十分なタンパク質が必要ですが、鶏肉は低脂肪で高タンパクなのでおすすめの食材のひとつです。また鶏肉などで栄養を十分取ったら、睡眠時間もしっかりと取るようにして成長ホルモンの分泌を促進させましょう。

2.鶏肉は低脂肪で高タンパクなどメリットの多い食品です

鶏肉は低脂肪で高タンパク、さらにビタミンやミネラルが豊富で健康にうれしいリノール酸も含んでいるなど、あらゆるメリットを持った食材です。鶏肉は、身長を伸ばすために増やしたい軟骨細胞の元になるタンパク質を効率良く取ることのできる食材と言えます。

3.成長ホルモンの分泌促進にはたっぷり睡眠を取りましょう

眠っている間に成長ホルモンの分泌は最も多くなるので、十分な睡眠時間は欠かせません。しかし実際は理想的な睡眠時間よりも短くなっているお子さんが多いので、眠る時間を増やすよう生活習慣の改善を行いましょう。

4.食事や睡眠を改善しても身長が気になる時は専門家に相談しましょう

食生活や睡眠を改善しても身長の伸びがあまり見られない時には、低身長の専門医に相談してみましょう。成長ホルモン剤の投与による施術は、お子さんの身長を伸ばしたい時に直接役立つと言え、医師がその子に必要な量を検査などから判断するので安心です。

監修医情報

西新宿整形外科クリニック院長
田邊雄医師
たなべ ゆう/Yu Tanabe

[su_button url=”https://www.ns-seikeigeka.com/dr.html#tanabe” target=”blank” style=”flat” background=”#edc726″]詳しくはこちら[/su_button]

経歴
富山県立富山中部高等学校卒業
金沢医科大学医学部医学科卒業
順天堂医院 初期研修医
順天堂医院 初期研修修了
順天堂医院 整形外科入局
順天堂大学大学院 整形外科学講座
下記順天堂医院関連施設にて勤務・研修
(順天堂本院、順天堂練馬、伊東市民病院、宮川病院、杏雲堂病院、浅草病院、東部地域病院、賛育会病院、王子病院 等)
日本整形外科学会認定 整形外科専門医取得
順天堂大学大学院 医学博士取得
SBCグループ・西新宿整形外科 入職
西新宿整形外科  医院長
ロコモアドバイスドクター 就任
(「ロコモ チャレンジ!推進協議会」公認)

運営者情報

運営クリニック 西新宿整形外科クリニック
住所 〒160-0023 東京都新宿区西新宿7-21-3 新宿大京ビル7階
お問い合わせ 0120-962-992
院長 田邊雄医師