成長期の子供はサプリだけに頼るのではなく日頃の食事でバランス良く栄養を摂ることです


あらゆる栄養が成長期の子供には必要ですが、サプリで補うよりも食べ物で十分補給しましょう。
サプリは成分により摂りすぎると中毒の恐れがあることからも、食べ物での栄養摂取はおすすめです。

ほかに、スムーズな子供の成長には睡眠時間が足りていることや適度な運動があり、食事で栄養を取ることとともに配慮しましょう。
もし成長期の子供の身長が心配であれば、専門医と相談しアドバイスを受けてみましょう。

必要な栄養素は食べ物から取る方がバランス良く摂取できます

子供向けサプリも多数登場していますが、そればかりに頼らず食べ物から栄養素を取ることがおすすめです。

食材には旬がある

肉や魚、野菜などの食材を食べることは、そこに含まれているさまざまな栄養素を一度に取ることができ、食材の種類が増えればその分幅広い栄養素の摂取につながります。
そして食材には旬があり、たとえばトマトの旬にあたる夏にとれたものとそれ以外の時期に収穫したものでは、βカロテンの量が大きく違うといわれています。
さらに旬のものはたくさん採れることから価格も下がりやすく、たっぷりとメニューに取り入れやすい点がメリットです。

サプリに頼りすぎるデメリット

子供の身長が低いと栄養が足りていないと感じることがあるかもしれませんが、サプリを多用すると成分によっては取りすぎによる中毒になる可能性もあるのです。
またサプリに含まれる成分で子供がアレルギー反応を起こすこともあるため、栄養は食事から取る方が安心でしょう。

食事だけでなく睡眠や運動も成長期の子供には欠かせません


成長期に必要なことは栄養素だけでなく、睡眠や運動も欠かせず、それにより成長ホルモンの分泌がスムーズになったり身長を伸ばす働きが促進されたりします。

睡眠中は成長ホルモンの分泌がさかん

成長ホルモンの分泌を十分に行うには、もっとも分泌がさかんになる夜の睡眠時間をしっかりと取ることが必要です。
そして熟睡できることもスムーズな成長ホルモンの分泌に関わるので、寝る前に興奮せずリラックスして過ごす時間をつくりましょう。

また疲れている時は長めに睡眠を取りよく休むことも、成長のためには欠かせません。
睡眠時間が不足せず十分取れていると骨にかかる圧力から解放される時間が長くなり、骨が伸びやすくなることも成長に有利になる点です。

刺激を受けると骨が丈夫になる

成長期には子供の骨がよく伸びますが、刺激を受けることで強くなりさらに伸びる役に立ちます。
そのため日頃から骨に縦向きの圧がかかる運動に取り組みますが、子供の興味がある内容にすることもストレスなく体を動かすためには必要です。

もし成長のためにと好きでもないスポーツなどに取り組ませてしまうと、子供はストレスを抱えてしまい成長には逆効果になることがあります。

成長期の子供の身長をよく伸ばすには専門医療機関にかかる方法もあります

成長期の子供が十分身長を伸ばすには、栄養が足りていること以外にも生活習慣が改善されていることが必要です。
しかしこれらに取り組んでも満足のいく身長の伸びがない場合、専門医療機関で子供の身長について相談してみましょう。

必ず専門医療機関を選ぶ

身長を伸ばすという専門的な分野にあたるため、低身長の専門医が在籍していることがポイントです。
受診先を正しく見つけることができれば、身長を伸ばすための施術やアドバイスを受け、それに取り組むことへつながっていきます。

一般的な病院では専門的な判断や施術が難しいため、専門の医療機関へ出かけるようにしましょう。

専門医を受診するメリット

低身長についての専門医に相談すると身長を伸ばすための診察や検査が行われ、具体的なアドバイスや施術を提案してもらうことができます。
さらに成長ホルモン製剤の注射を使った積極的に身長を伸ばすための施術を紹介してもらうことも可能ですが、成長ホルモン治療は必要性と効果が期待される時に選択肢にあがってくるものです。

(まとめ)成長期の子供はサプリで栄養を補うべき?

1.成長期の子供はサプリだけに頼るのではなく日頃の食事でバランス良く栄養を取ることです

成長期の子供に必要な栄養素は、サプリに頼るのではなく食品から取るようにすると安心です。
そして食事のほかに睡眠や運動にも配慮して、どうしても身長の伸び方に不安があれば専門医と相談しましょう。

2.必要な栄養素は食べ物から取る方がバランス良く摂取できます

成長期の子供はサプリよりも食べ物からバランス良く栄養を摂り、旬の食材はとくに栄養価が高くなるのでおすすめです。
サプリに頼ると成分によっては中毒になる可能性もあり、栄養は食べ物で摂るようにしましょう。

3.食事だけでなく睡眠や運動も成長期の子供には欠かせません

子供の成長期には栄養以外に十分な睡眠時間と運動も必要です。
夜寝ている間は成長ホルモンの分泌がさかんで、骨が圧からも解放されており身長が伸びやすくなります。

運動で骨に刺激を与えることも背を伸ばす役に立ちます。

4.成長期の子供の身長をよく伸ばすには専門医療機関にかかる方法もあります

十分な栄養が足りており生活習慣の改善ができていても、子供の低身長が気になれば専門医療機関で診てもらいましょう。
専門医に相談すると成長ホルモン治療を紹介されることがあり、すると直接的な身長の改善を目指せます。

監修医情報

西新宿整形外科クリニック院長
田邊雄医師
たなべ ゆう/Yu Tanabe
経歴
富山県立富山中部高等学校卒業
金沢医科大学医学部医学科卒業
順天堂医院 初期研修医
順天堂医院 初期研修修了
順天堂医院 整形外科入局
順天堂大学大学院 整形外科学講座
下記順天堂医院関連施設にて勤務・研修
(順天堂本院、順天堂練馬、伊東市民病院、宮川病院、杏雲堂病院、浅草病院、東部地域病院、賛育会病院、王子病院 等)
日本整形外科学会認定 整形外科専門医取得
順天堂大学大学院 医学博士取得
SBCグループ・西新宿整形外科 入職
西新宿整形外科  医院長
ロコモアドバイスドクター 就任
(「ロコモ チャレンジ!推進協議会」公認)

運営者情報

運営クリニック 西新宿整形外科クリニック
住所 〒160-0023 東京都新宿区西新宿7-21-3 新宿大京ビル7階
お問い合わせ 0120-962-992
院長 田邊雄医師